映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』クチコミ

『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』概要

「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」 本予告

あらすじ

特殊な能力を持つ、ウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)。かつてカナダの森で目覚めたとき、ローガンという名の兵士だったというほかに、彼は過去を記憶していなかった。そして、そこには“ウルヴァリン”と刻まれた軍の認識票が残っていたが……。

シネマトゥデイ
タイトルウルヴァリン:X-MEN ZERO
原題X-Men Origins: Wolverine
上映開始日2009年9月11日
原作マーベル・コミック
監督ギャビン・フッド
キャストヒュー・ジャックマン
リーヴ・シュレイバー
ダニー・ヒューストン 他
吹き替え山路和弘、石塚運昇、野島昭生 他
公式サイトhttp://www.foxmovies.jp
/wolverine-samurai/xmen-zero/

© MARVEL
© Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

拳から出てくる爪とどんなにダメージを喰らっても再生するという分かりやすい能力のおかげでアクションパートがとにかくカッコイイ!
ヘリを落とした後に、こちらにローガンが歩いくる背後でヘリが爆発してドッカーーンとか、ヒーローものの王道の構図なんですがやっぱりカッコいい!!
そしてウルヴァリン以外のミュータントも沢山出てきて、そいつらの能力もアクション映えするのが多くてカッコいいんですよね。

白キジの日常 ウルヴァリンの歴史が詰まってる!『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』感想【映画】

全体的に、「カッコいい主人公・いい女なヒロイン・巨大な悪の組織・気のいい黒人のおじさんの相棒(中盤で退場)」とTHE ハリウッドな映画でした。
「ハリウッド映画観てえなぁ〜」という時におすすめです。

観たものレビュー ウルヴァリン:X-MEN ZERO 感想「きれいなウルヴァリン」

感想は、普通に面白かったです。
X-menシリーズを見ていなくても、ある程度分かるようになっています。
というよりはこの作品を見てからX-menシリーズを見るとより深くわかると思います。
私はゲームである程度X-menのキャラクターを知っていたので、より一層面白かったです。

おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー 映画ウルヴァリン:X-MEN ZEROのあらすじと感想をレビュー

起承転結がしっかりしていてなかなか面白かったです。
アクションパートとストーリーパートの配分も上手く、見ていて飽きない構成になっていたのも好印象です。
尺も2時間弱で、程よかったですしね。
ただ「無印」に物語を繋げる為に、ちと無理矢理じゃない?っていう展開もありましたが、概ね上手くまとまっていたとように思います。

一路向北 「ウルヴァリン~X-MEN ZERO」感想 [映画]

ヒュー・ジャックマンがいい肉体すぎw 特典映像かなんかでプロテインドリンク飲みまくり、バーベルあげまくってたと言ってた。役者の根性ってすさまじいよなと思わざるをえないよなぁ。
これといって何かを考えさせられるとかはないんだけど、娯楽としてよく出来てる。X-MENが好きなら見てもいいんじゃないでしょうか。

AXELWORKS 「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」ネタバレ感想&レビュー

何がダメって、短い。
短い時間に詰め込むから、キャラが薄い。
さほど感情移入できない
あと、若干CGが甘い気がする
戦闘シーンが見せ場のはずなのにやっぱ短い。

ネガティ部運営委員会 【映画感想】ウルヴァリン/X-MEN ZERO

タイトルとURLをコピーしました