映画『ウルヴァリン:SAMURAI』クチコミ

『ウルヴァリン:SAMURAI』概要

映画「ウルヴァリン:SAMURAI」予告編

あらすじ

カナダで人目を避けるように暮らすウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)は、以前命を救ったことのある日本人実業家・矢志田からの願いで、彼の部下ユキオ(福島リラ)と共に日本へと向かう。不敵なまなざしを向ける矢志田の息子シンゲン(真田広之)に迎えられ、病身の矢志田と再会したローガンは彼から謎めいた言葉を告げられる。ほどなくして亡くなった矢志田の葬儀が執り行われるが、そこをギャングたちが襲撃。ローガンは矢志田の孫娘・マリコ(TAO)を連れ、その混乱から逃げ出すが……。

シネマトゥデイ
タイトルウルヴァリン:SAMURAI
原題The Wolverine
上映開始日2013年9月13日
原作マーベル・コミック
監督ジェームズ・マンゴールド
キャストヒュー・ジャックマン
TAO
福島リラ 他
吹き替え山路和弘 他
公式サイトhttp://www.foxmovies.jp
/wolverine-samurai/

© Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

『ウルヴァリン:SAMURAI』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

「いい意味でヒドい!」 
わたしはこれを最高の褒め言葉として、『ウルヴァリンSAMURAI』に送りたいと思います。
手に汗握るシーンあり、胸を打つシーンあり、んなアホな!というシーンあり、色々な表情を楽しむことの出来る素敵な作品でした!
ヒュー・ジャックマンさん、おもしろい映画をありがとう!

すきなものだけでいいです 『ウルヴァリン: SAMURAI』

本作は間違いなく日本人が一番楽しめる内容になっています。
描かれるのは「ある意味正しいんだけど、どこかちょっと間違えている日本」です。
その内容は詳しく書くとネタバレになってしまうので↓に書きますが、これはもう苦笑&失笑するしかない感じです。

カゲヒナタのレビュー ウルヴァリンは二度死ぬ?「ウルヴァリン:SAMURAI」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

印象を一言で表すと「ヘンな映画だなあ」としか言いようがないんですが(笑)、ヤクザ・忍者・パチンコ・ラブホテルなど、「外国人が思い描く日本の文化や風景」を忠実に映像化していて、これはこれで面白いと言えなくもありません。

ひたすら映画を観まくるブログ ヒュー・ジャックマン主演『ウルヴァリン:SAMURAI』ネタバレ感想

完璧に正しいリアルな日本描写でやってもつまんないでしょ?この楽しみ方は日本人だからこそできるんでしょうが、その微妙な違いがちょっとしたファンタジー性としていいスパイスですね。

キネマ・アイランド 暴れん坊ミュータント、日本へ行くの巻。『ウルヴァリン:SAMURAI』感想。

海外でのみ公開して、どうしても観たいというマーベルファンが海外からDVDなり取り寄せて視聴した後に「これは日本で公開すべきだったwww」みたいな感想を残し、そのまま有耶無耶になって消えていっても良かったのではないでしょうか。

NANOKAMO 映画『ウルヴァリン: SAMURAI』の感想! ウルヴァリンのトンデモ日本珍道中

リアルに日本となんちゃって日本が混合してるのと同様、マーベル世界というか「作られた舞台設定」と、現実世界がテキトーに混ざってる感じで、とにかく全体的に、ご都合主義が目につきました。

わにの日々-中西部編 ウルヴァリン SAMURAI ねたばれしなきゃ感想書けない!

タイトルとURLをコピーしました