映画『ヴェノム』クチコミ

『ヴェノム』概要

映画『ヴェノム』予告 (11月2日公開)

あらすじ

敏腕記者エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、人体実験で死者をだしているという<ライフ財団>の真相を追う中、ある“最悪な”ものを発見し、接触してしまう。それは<シンビオート>と呼ばれる地球外生命体だった。
この意思を持った生命体との接触により、エディの体は寄生され、その声が聞こえるようになる。「一つになれば、俺たちはなんだってできる」とシンビオートはエディの体を蝕み、一体化し、ヴェノムとして名乗りを上げる。ヴェノムはそのグロテスクな体で容赦なく人を襲い、そして喰らう。相手を恐怖に陥れ、目玉、肺、そしてすい臓…体のどの部位も喰い尽くす。
エディは自分自身をコントロールできなくなる危機感を覚える一方、少しずつその力に魅了されていく――。

映画『ヴェノム』 | オフィシャルサイト
タイトルヴェノム
原題Venom
上映開始日2018年11月2日
原作マーベル・コミック
監督ルーベン・フライシャー
キャストトム・ハーディー
ミシェル・ウィリアムズ
リズ・アーメット 他
吹き替え諏訪部順一、中村獅童、中川翔子 他
公式サイトhttp://www.venom-movie.jp/

© MARVEL
© 2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

『ヴェノム』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

とても良いバランスの映画になったと思います。ダークヒーローという題材の割にマーベルシネマティックユニバースの軽いノリで観れます。
~中略~
「雰囲気かっこいい」とアメコミのノリが良いバランスだったなと思います。ダークでかっこいい雰囲気があるんだけど小さい子供も楽しめるエンタメ作品に仕上がっています。

DYOBLOG ネタバレなし感想【ヴェノム】原作無視でスパイダーマンの面影ねぇ

トム・ハーディが演じるエディやヴェノムを好きになれるかどうかで、今作の評価は大きく変わってくると思う。
「負け犬」のエディの人間性や価値観に魅力を感じ、エディとヴェノムのユーモア溢れる掛け合いを楽しめる観客は、今作に「やみつき」になるに違いない。
一方で、カッコいい主人公が人々の頭を次々と喰っていくグロい映画を期待していたのであれば、物足りなさを感じただろう。

FIREALLENGINE 感想 『ヴェノム』はどのような人を「病みつき」にさせるか

かなりの期待で鑑賞に臨んだ本作。
肝心のアクション部分は文句が無かったので満足!と言いたいところですが、シナリオ面で納得がいかない点もあり、手放しな称賛は送れませんでした。
ただ、何度も言いますが映像とアクションは素晴らしいので頭を空っぽにして見れば十分に楽しめる作品になっていると思います。

asumi log 賛否在り!?【ヴェノム】鑑賞後の感想・あらすじ

酷評されるほどひどくはなくて、まあまあ面白いんだけど、前半がかなり退屈でもっとアクションが充実してたらなあ。というのが正直な感想です。
ベタなために冗長に感じる前振りがなければ、普通にめちゃくちゃおもしろい作品に仕上がるのではないかと思います。
要は、この映画の続編が作られたとき、うまくいけば普通にめちゃくちゃおもしろい傑作になると思います。

Movie Traveler 「ヴェノム」映画感想・レビュー ひどくはないけど長くて短い

前半は全然ヴェノムに変身しないし、だらだら説明するようなシーンが目立ちます。1作目だから仕方ないのかなあ…
~中略~
全体的に脚本がとびとびな感じはありました。
ストーリーとしては少し無理やりなところがあるけど、楽しいシーンも多く、続編が楽しみになることは間違いないです。

生きてる間は暇つぶし 映画「ヴェノム」感想|”最悪”とはなんだった?かわいいダークヒーロー

ピーターパーカーがスパイダーマンになる過程、トニースタークがアイアンマンになる過程。パワーを手に入れて段々と変化していく様がヒーロー映画の醍醐味。
悪のヒーローであるヴェノムも、その過程を楽しみにしていたのに、それがいつまでも果たされないのが最大のガッカリポイントでした。

トンログ 映画「ヴェノム」感想。楽しめなかったポイントをネタバレを交えて

タイトルとURLをコピーしました