映画『スパイダーマン3』クチコミ

『スパイダーマン3』クチコミ

Spider-man 3 (2007) – Trailer

あらすじ

ブラック・スパイダーマンとなったピーターは、その黒いスーツがもたらす新たなパワーに酔いしれ、怒りを制御することができない。彼に何が起こったのか—?慕っていた叔父を殺した犯人への復讐。スパイーダーマンを父の仇と信じ込む親友ハリーとの決闘。未来を誓い合った恋人メリー・ジェーンとの心のすれ違い。そこに現れるグウェンとの微妙な恋愛関係。悲しき運命の連鎖が、彼を究極の戦いへと導く。さらに新たな脅威ヴェノムがスパイダーマンに襲いかかる!戦いは、ニュー・ゴブリン、サンドマンを巻き込み、熾烈さを増していく・・・・。

映画「スパイダーマン3」公式サイト
タイトルスパイダーマン3
原題Spider-Man 3
上映開始日2007年5月1日
原作マーベル・コミック
監督サム・ライミ
キャストトビー・マグワイア
キルスティン・ダンスト
ジェームズ・フランコ 他
吹き替え猪野学、岡寛恵、鉄野正豊 他
公式サイトhttps://www.sonypictures.jp/he/775794

© MARVEL
© Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

『スパイダーマン3』概要

Twitterの声

ブロガーの声

“私怨に駆られてはいけない”とか“憎しみは憎しみを生むだけだ”という、道徳の教科書みたいなテーマだった映画「スパイダーマン3」
VSハリーやVSエディでのスパイダーマンのアクションシーンについては過去二作「スパイダーマン」「スパイダーマン2」と比べても最高。

ゆる~く映画つっこみ感想 映画「スパイダーマン3(2007)」の感想など(ネタバレあり)

「失われたものは戻らない」ということをイヤになるくらい思い知らせてくれるこの作品というのはいろんな意味で(バカさ具合も含めて)、まさにとことんまでやり切った最終作にふさわしい出来なのだろうと思う。

FWP fukushima branch 意外とヘビーな余韻を残す映画『スパイダーマン3』感想

話の流れは1、2が好きだけど、3もよくぞまとめた!という感じはする。
最後がしっとり終わるのも、これはこれでスパイダーマンシリーズらしいかと

あやかしのしろ 映画スパイダーマン3感想

自分との戦いってな感じで銘うっている今回の作品。
まずは、内容は置いてレビューを・・・
今回の『スパイダーマン3』
よく言えば、万人受けするアクションムービー悪く言えば、ふっつう~で心をガツンと掴むようなシーンはなし。
点数は・・・70点!

こんなことあんなこと 映画『スパイダーマン3』感想

失敗の理由が山ほどある本作。
顕著なのが、まだアメコミ映画のスタンスが確立されてなかった為、気合い入れたらどっちらかってしまった。という感じ。
これ以降にダークナイトが生まれてしまい、ヒーロー映画の価値を一変させてしまったムーブメントの所為で、今ではスパイダーマンの栄光が完全に薄れ、今見てもややお粗末な作品の印象を受けるかもしれない。

『A Little his REDEMPTION.』 スパイダーマン3 2010年度148本目

蛇足と思えるような人間描写がダラダラ続く。アクション、エンターテイメント映画の定石から大きく逸脱している。監督にしたら「これはアクション映画ではないのだ、人間の内面を描く作品なのだ」とでも言いたいのだろうか?

LACROIXのちょっと辛口映画批評2 『スパイダーマン3』

タイトルとURLをコピーしました