映画『スパイダーマン:ホームカミング』クチコミ

『スパイダーマン:ホームカミング』概要

映画『スパイダーマン:ホームカミング』予告①

あらすじ

ベルリンでのアベンジャーズの戦いに参加し、キャプテン・アメリカからシールドを奪って大興奮していたスパイダーマン=ピーター・パーカー。昼間は15歳の普通の高校生としてスクールライフをエンジョイし、放課後は憧れのトニー・スターク=アイアンマンから貰った特製スーツに身を包み、NYの街を救うべく、ご近所パトロールの日々。そんなピーターの目標はアベンジャーズの仲間入りをし、一人前の<ヒーロー>として認められること。
ある日、スタークに恨みを抱く宿敵”バルチャー”が、巨大な翼を装着しNYを危機に陥れる。アベンジャーズに任せておけというスタークの忠告も聞かずに、ピーターはたった一人、戦いに挑むが—。

タイトルスパイダーマン:ホームカミング
原題Spider-Man: Homecoming
上映開始日2017年8月11日
原作マーベル・コミック
監督ジョン・ワッツ
キャストトム・ホランド
マイケル・キートン
ジョン・ファブロー 他
吹き替え榎木淳弥、大川透、大西健晴 他
公式サイトhttp://www.bd-dvd.sonypictures.jp
/spiderman-movie/

© 2017 Marvel ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

『スパイダーマン:ホームカミング』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

スパイダーマンは空回りする少年がヒーローに羽化する過程を、バルチャーは社会のシワ寄せを喰らった大人が失った正直さに挫かれる流れを、それぞれ体現している。
どちらも、誰もが経験し、誰もが一歩間違えれば落ちるかもしれない、そんな境遇を背負っている。テーマとしては非常にミニマムだが、だからこそ、万人が楽しめる内容だ。

ジゴワットレポート 感想『スパイダーマン ホームカミング』 なぜスパイディは愛されるのか、ホムカミはその答えで構成された逸品である

スパイダーマン好きでも、今回は「まぁ見ておくか」程度で鑑賞。
結果的にはいい意味で期待を裏切られまくり、大興奮でラストは涙が出るほど。
スパイダーマンホームカミングは、歴代の中でも1位2位を争うほど面白かったです!
何がそんなにおもしろかったのか。
ひとことで言えば、「歴代スパイダーマンとの違い」だと思っています。

トンログ スパイダーマン:ホームカミング感想|ヒーローとしての成長物語

映画の全体的なトーンは青春アクション映画というよりは、ハイスクール学園モノや、ジュブナイル冒険活劇に近い感じがします。個人的には、ハリーポッターの初期作品を見ているようでした。

あいむあらいぶ 【ネタバレ有】「スパイダーマンホームカミング」感想・レビューと10の疑問点を徹底解説!続編情報も!/フレッシュな高校生が等身大のヒーローとして活躍する快作!

スパイダーマンという超有名ヒーローを、これまで多くの時間をかけて形成してきた『アベンジャーズ』世界に登場させるにあたって、15歳の主人公ならではの視点と切り口を用いて、“スーパーヒーローの居る日常”を当たり前の世界として改めてそこに存在させる、というコンセプトが実にお見事。
ある意味では、これまでのMCU全てを踏み台にしたとも言える大胆な作りなのですが、いわばMCUを足下から見る事でパラダイムシフトを確定させる、そんな作品であり、そこに誕生する新たなヒーローが“あなたの親愛なる隣人”という距離感が、凄まじく良く出来ています。

ものかきの倉庫 『スパイダーマン:ホームカミング』感想

昔からのファンも新規のファンもMCUシリーズのファンもまんべんなく楽しむことができます!
「またスパイダーマンの映画なのー?」
とか思っている人もぜひ見てほしいです!今回のスパイダーマンは今までのとは1味も2味も違うスパイダーマンです!
同じヒーローの物語でここまで違うストーリーを展開できるのは素晴らしいです!僕は絶対にオススメします!

FRC 【ネタバレ】『スパイダーマン ホームカミング』の感想レビュー!内容は?続編はあるの?

比べてしまうものですが、私の中では”トビー・マグワイア”のピーターは超えられなかったですね。
ただ”アンドリュー・ガーフィールド”のピーターよりはだいぶ好きでしたが…

721番街 映画『スパイダーマン:ホームカミング』ネタバレ感想。こいつぁ…

『スパイダーマン:ホームカミング』は認められたい未熟なヒーローが本物のヒーローに成長していく物語だが、一般人がヒーローになる物語ではない。この部分でどこか共感しにくいところがあった。

QUEST MILE 『スパイダーマンホームカミング』感想!新たな隣人を僕はまだ受けいれられない

ダークでシビアな世界観をスパイダーマン:ホームカミングの世界に当てはめることは絶対にできないでしょう。
だから結果的にダークでシビアなアベンジャーズとおちゃらけなスパイダーマンが水と油のように分離しており、ものすごく中途半端な作品になってしまっているのだと思います。

縦の糸はホラー 横の糸はゾンビ 織り成す布はいつか誰かを暖めうるかもしれない スパイダーマン:ホームカミングはなぜこんなにもつまらない駄作なのか?

その他レビュー

・主演のトム・ホランドが落ち着きのないお調子者の高校生役にハマっている。アクションシーンや人間ドラマ、どこをとってもスッキリ仕上げた作品になっている。

・これまでのシリーズで感じてた違和感を払拭してくれたトムホランド。イケメンで運動神経良くて流行に敏感で。最高にハマってた。

・スパイダーマンは以前より好きで全作見てきましたが、ホームカミングはいい意味で今までのスパイダ―マンを裏切った感じです。

・実写版スパイダーマン映画としては6作目になるリブートシリーズ第1作目ですが、これまでの作品の中で一番面白いですね。

・ティーンらしい行き過ぎた正義感とか暴走感というのは、「ああ、わかるわかる」という感じで、大人方向の作風とはまた別の魅力になっていた気がしました。

・最初はスーパーパワーを持て余しはしゃぐ少年が、様々な決断を迫られ、最後にはスパイダーマンへと成っていくこの過程はまさに少年ジャンプそのものだ!

・スパイダーマンになりたてのピーターを描いた全く別の青春映画。シリアス展開はほぼありません。明るく楽しく、時にはコメディタッチに描かれた娯楽作品です。

・「じゃあこの映画何?」と言われると、スパイダーマンの映画ではないような気がする。あくまでも「MCU」なのだ。

・CGとかはすごいけど、最初のスパイダーマンシリーズにはどうやっても俺の中では勝てないかな。

・面白いはずなんだけどどうしてもサム・ライミ3部作と比べてしまうと評価が下がってしまう。

・アクションやメカのCGでは重さが感じられず、綺麗だが動きに現実味のないCGだなという印象です。

・他のスパイダーマンの映画と比較しても盛り上がりに欠ける。

AmazonPrimeVideoレビュー

タイトルとURLをコピーしました