映画『アイアンマン3』クチコミ

『アイアンマン3』概要

マーベル『アイアンマン3』予告編

あらすじ

『アベンジャーズ』の戦いから1年…トニー・スタークは見えざる敵の脅威におびえ、一心不乱に新型パワードスーツの開発をしていた。心身ともに追いつめられたトニーはある日、世界転覆を企む謎の男マンダリンから攻撃を受け、全てを奪われてしまうが…。アイアンマン“最後”にして“最大”の戦いが始まる――。

映画「アイアンマン3」Disney公式
タイトルアイアンマン3
原題Iron Man 3
上映開始日2013年4月26日
原作マーベル・コミック
監督シェーン・ブラック
キャストロバート・ダウニー・Jr.
グウィネス・パルトロウ
ドン・チードル 他
吹き替え藤原啓治、岡寛恵、目黒光祐 他
公式サイトhttps://www.disney.co.jp/studio/marvel

©Disney ©2013 MARVEL

『アイアンマン3』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

一見すると重たい話になりがちなテーマを、トニーさん特有の明るいテンションで軽〜く描いているところが良かったです。もちろん映像はド派手でアクションシーンも迫力満点!”最終章”に相応しい完成度でした。

ひたすら映画を観まくるブログ ラストシーンのアノ人は?『アイアンマン3』ネタバレ映画感想

毎度の大予算投入のアクション・シーン、破壊シーン。
そういったお決まりシーンをしっかり押さえつつ、パワードスーツの新しい使い方を取り入れたことで面白さが何倍にも増したと思いました。
観た方ならこの表現でわかると思いますが、”部分的アイアンマン”のアクションがまあ秀逸でしてね!
パワードスーツの魅力を大いに見せてくれます!

Cinema A La Carte 『アイアンマン3』感想、痛快爽快!トニー・スタークを見なおした!【映画紹介/2013年公開作】[ネタバレなし]

個人的には『アイアンマン』シリーズの最高傑作!
『アイアンマン』というよりは『トニー・スターク』に焦点を当てているせいか、いつもよりほんのちょっとだけ深みを感じるストーリながら、クライマックスの展開は“ひとりアベンジャーズ”と言っても過言じゃないほどのお祭り映画に仕上がっていました。

ultimate-ez.com “ひとりアベンジャーズ”なお祭り映画! 映画『アイアンマン3』ネタバレ感想

丁寧なキャラクターの描き込み、スパイ映画テイストのアクションの面白さとアイデアの豊富さ、飽きさせる事の無い脚本のツイスト、現代社会との接点を持った深いテーマ性、象徴的で美しい演出の数々。
アイアンマンらしい軽妙さは影をひそめているが、1本の映画として、良くできていると思う。
個人的には超好きな作品。

映画感想ブログ シアターじぶんち 『アイアンマン3(2013)』感想 MCU第7弾 人間トニー・スタークが丁寧に描かれる。アイアンマン3部作完結編、異色の傑作!

新たに開発されたスーツの遠隔操作や自動装着機能をうまく利用したアクションシーンはかなり見ごたえがありたくさんのアイアンマンが遠隔操作によって登場し戦うシーンは圧巻です。
やはり他のヒーロー単独作品よりも多くの制作費用がかけられていることもあって完成度はかなり高いものとなっています。

mementojk.blog アイアンマン3 感想(ネタバレ)

アイアンマンシリーズは本当に外れなしだなと2作目まで観て思っていましたが本作は個人的に間違いなくアイアンマンシリーズ最高傑作です。
物語の展開、それらに至るまでのストーリー性、派手なアクションシーン、衝撃の結末など最初から最後まで目が離せません(少しでも目を離すとついて行けなくなる可能性があります)。

QUEENFIELD 映画 アイアンマン3 感想

総合的にみると敵側の設定がけっこうどうでもいい感じだったり、最後のオチもやりたいことはわかるけどちょっと納得しきれない部分もあったりとかで、完結編としては微妙なところもあるんですけど、個人的にはかなり好きな感じではありましたよ。やっぱりあの2人は観てるだけで幸せですし。

はい、ねてました。|映画感想ブログ 完結編?やだ!終わらないで!『アイアンマン3』感想

正直、最初は「そこそこ面白い」って感じです。
敵の中身がいまいち無いのと、敵の能力がちょっと非現実的過ぎて、ここまで科学兵器一本で描かれていた世界にバイオの世界が出てきて、また敵が格ゲーのボスキャラの如き最強さがちょっとやりすぎて微妙。今まで地に足がついていたようなシリーズも今作で一気にコミック色が強くなったと思う。そこには賛否両論あると思う。

『A Little his REDEMPTION.』 【感想】アイアンマン3「今の彼にアイアンスーツはいらない!!」76点

その他レビュー

・バトルスーツ(アーマー)のアクション映画の域を超えた、スーパーアクション映画と呼べる作品です。ストーリーも過去の2作の伏線回収をしながらも、観客を飽きさせない起伏に富んでいます。

・シリーズで最高のヒットとなっただけのことはあり、非常に楽しい作品だった。

・アクションシーンの激しさもさることながら、CGでここまでリアルに作れるものかと驚いてしまうシーンが随所にでてきます。

・ドラマ性もあり、迫力もあり、爽快感もあり、とても面白いヒーロー映画でした。このシリーズが好きな人であれば充分に楽しむことができると思います。

・メカニカルなかっこよさとちょっとしたギャグを盛り込んだ作品。アクション、ピンチ、カタルシスが揃っており今作も面白かった。

・要所要所にアクションシーンが入り、中だるみがない。特に終盤は圧巻。

・中盤のグダグダに耐えられれば、いつも通りの爽快アクション映画として楽しめる秀作。

・映画自身の作りは、とてもしっかりしていますが、あまりにも凝りすぎて楽しめなかった。

・作品全体の軽いノリが合わなかった…。

・アリだけども期待とはちょっと違ったかなー

AmazonPrimeVideoレビュー

タイトルとURLをコピーしました