映画『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』クチコミ

『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』概要

ファンタスティック④ 銀河の危機 予告編

あらすじ

日本では駿河湾が凍結し、エジプトでは雪が降り、ロサンゼルスでは大停電が起こる怪現象が発生。そんな中、今や全米の有名人となったファンタスティック・フォーのリード(ヨアン・グリフィズ)とスー(ジェシカ・アルバ)は結婚式を挙げることに。しかし、挙式当日、彼らの前に銀色のサーフボードを操る未知の生命体が現れる。

シネマトゥデイ
タイトルファンタスティック・フォー:銀河の危機
原題Fantastic Four: Rise of the Silver Surfer
上映開始日2007年9月21日
原作マーベル・コミック
監督ティム・ストーリー
キャストヨアン・グリフィズ
ジェシカ・アルバ
クリス・エヴァンス 他
吹き替え石川禅、宮島依里、神奈延年 他
公式サイトhttp://movies.foxjapan.com/f4_2/

© MARVEL
© 2007 Fox and its related entities. All rights reserved.

『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

こういう作品はシルバーサーファーの設定がもう一つよく分からんとか、なんでそうなるんだよ的な突っ込みはしてはイケマセン。ファンタスティック・フォーが痛快に活躍してくれればそれでいいんです。

MemoCafe ファンタスティック・フォー / 銀河の危機

サム・ライミやブライアン・シンガーといった大御所が丹精込めて作り上げた「スパイダーマン」や「X-マン」と比べてしまうと、大味で安っぽい感は否めない。
ただ、ペラペラのアメリカンコミックを読むような気軽さで、1時間半をそれなりに楽しめるのは確か。
積極的に観たいとは思わないが、この手のジャンルが好きな人なら、観て損をした気分には決してならないだろう。

ノラネコの呑んで観るシネマ ファンタスティック・フォー 銀河の危機・・・・・評価額1350円

ゴム人間や人間火炎放射器といった小学生が見たら「ワンピースのパクリじゃん!」と言いそうな主人公たちが活躍する映画第二弾。前作の内容を忘れてても普通に見れてしまう作りなのは実にアメコミ映画

跡地(暫定) ファンタスティック・フォー:銀河の危機 感想

タイトルとURLをコピーしました