映画『ドクターストレンジ』クチコミ

『ドクターストレンジ』概要

「ドクター・ストレンジ MovieNEX」予告編

あらすじ

突然の事故で神の手を失った天才外科医ドクター・ストレンジ。彼を甦らせたのは──魔術。厳しい修行により魔術を習得した彼は、世界を滅亡から救うため“闇の魔術”との戦いに巻き込まれていく。だが、医者である彼に、敵の命を奪うことはできるのか?大いなる葛藤を抱えたまま、いまドクター・ストレンジの本当の戦いが始まる!

映画「ドクターストレンジ」Disney公式
タイトルドクターストレンジ
原題Doctor Strange
上映開始日2017年1月27日
原作マーベル・コミック
監督スコット・デリクソン
キャストベネディクト・カンバーバッチ
マッツ・ミケルセン
ティルダ・スウィントン 他
吹き替え三上哲、井上和彦、樋口可南子 他
公式サイトhttps://marvel.disney.co.jp/movie/dr-strange

©Disney ©2016 MARVEL

『ドクターストレンジ』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

映像作品としても本当に素晴らしい作品だった。魔術を使った戦闘シーンやニューヨークの都市が変形していくCGは圧巻でした。
~中略~
MCUの中では異質な作品だが、MCU初心者の最初の1本としてもこの上なくお勧めしたい一本である。

nagamovie 【ネタバレ】 映画「ドクター・ストレンジ」感想・考察:なぜこの作品は「弱い」のか?

全部(波動拳みたいな)魔法を打ち合って対決する、より魔法寄りの「ファンタビ」「ハリポタ」シリーズに比べると、アクション要素がより強めでした。身振りにより魔法円を作り出し、その魔法円が作り出した武器でカンフーばりに近接戦闘で戦うシーンは、真新しさを感じました。

あいむあらいぶ 【ネタバレ有】「ドクターストレンジ」感想とあらすじ・伏線の徹底解説!大迫力VFXの映像美に見惚れる大作映画!【Q&Aまとめ】

やっぱり、ハリウッドはCGがすごい。結局ぼくも男の子なんでね。アホみたいに大金をつぎ込んだCG映像が大好きなんです。
ハリウッド映画はCGを使って、いとも簡単にぼくらを非現実の世界へ誘ってくれる。
少年、青年、そして少年の心を持った大人は童心に戻ること間違いなし。

マイペースナイト 【ネタバレ感想】「ドクター・ストレンジ」 前半は最高!!後半は残念過ぎる【作品解説も】

ヒーローの誕生秘話なんてたいてい似通ったものばかりで、今回も大まかに言ってしまえば、他の作品とさほど変わらないくらいの序章ではあった。
が、その普通っぽく感じてしまう話を、驚異の視覚効果で楽しませ、テンポの良さ、卓越したユーモアセンス、ダレない演出などマーベル・ディズニーの底力を感じた力作でありました。

モンキー的映画のススメ 映画「ドクターストレンジ」感想ネタバレあり解説 驚異の映像マジックを是非3Dで!

よくまとまった筋と最先端の技術を駆使した映像は素晴らしかったと思います。
ただ、演出力がいまいちだったのでは。
映像美と物語の面白い見せ方とはまた別物だと思います。
キャラクターじたいはかなり好きなので、次にドクターが出る作品はもっと感情移入できて・矛盾のない・盛り上がる作品となることを祈ります。

だるっと。 【映画】ネタバレあり:それでいいのかドクター・ストレンジ【感想】

色々とバランスが悪い感じがするんですよね。ストーリーのテンポの良さと内容の深さとか。話がトントン拍子で進みすぎて行くけど、ドクター・ストレンジの成長がしっかり描かれていないというか。
面白くない訳でも、駄作な訳でもないんですがこれまでのマーベルシネマティックユニバース映画を思うとチープな感じがするんですよね。

DYOBLOG 感想|ドクターストレンジ『この映画もカンバーバッチも良さわからない』

各種ギミックの映像表現は非常に格好良く、このレベルの映像で魔空空間を描けたら凄いだろうなぁ……こういう表現手法がどんどん蓄積されていくわけで、これだけ出来ればあれもこれもハイレベルな実写化できそうだなぁ……と思う事しきりだったのですが、物語の方はまとまりの悪さが気になってしまいました。

ものかきの倉庫 『ドクター・ストレンジ』感想(ネタバレあり)

これまでのマーベル作品とはやや毛色の違う魔術を主体としたヒーロー『ドクター・ストレンジ』。これによる新風を狙っていたのかもしれませんが、褒められるのはコメディ調の演出のみで、ちょっと他作品からのつまみ喰いが過ぎる四番煎じぐらいの凡作でありましたね。

映画を観たからイラスト描いた 『ドクター・ストレンジ』感想とイラスト マッツとティルダの無駄遣い

その他レビュー

・マーベルの中でもスピリチュアルな世界観を扱った珍しい作品だ。まあそうは言っても味付けは完全にマーベルなのでご安心を。

・異次元の世界を駆け巡る通快劇、絶対に有り得ないとは、理解しながらも、自分が中に入って駆け巡っている感覚を楽しめています。

・細かいところまで練られているので何度でも楽しめる、レベルの高いエンターテイメント作品です。

・科学とスピリチュアルの視点が絶妙に融合されていて、面白かったです。

・スターウォーズのようでもあり、マトリクスのようでもありインセプションのような要素もある娯楽作品。ヨーダやネオが登場してもおかしくない雰囲気があるところが好きです。

・インセプションばりのCGバリバリの展開も心地よく、非常に良く出来た1作だと思います。

・魔術っていうジャンルなので飽きたところに味変した感じで楽しめた。ギャグパートも面白い。

・ストーリーは無難かつ王道です。ただしヒーロー誕生譚としては弱いかなと。

・つまらない映画ではないですが、おすすめする映画でもないかな。

・他の人気マーベル映画と比べると脚本が地味です。映像は派手なのに。

・ストーリーの流れに無理がある。笑いが微妙。もっと面白く出来たはずなんで、残念。

・御都合主義が云々言いたいわけではないが、説明や描写もなく進むストーリーについていけない。

AmazonPrimeVideoレビュー

タイトルとURLをコピーしました