映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』クチコミ

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』概要

マーベル「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」/予告編|MovieNEX

あらすじ

アベンジャーズ抹殺計画、始動 アベンジャーズの戦いから2年。アベンジャーズのメンバーであるキャプテン・アメリカ、ニック・フューリー、ブラック・ウィドウは、これまで共に戦ってきた仲間である国際平和維持組織シールドから、突然生命を狙われる。巨大な包囲網を逃れ、逃亡者となった彼らであったが、謎の暗殺者“ウィンター・ソルジャー”が立ちはだかる…。誰が味方なのか、そして真の敵は誰なのか?正義をかけた究極の戦いが幕を開ける。

映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」Disney公式
タイトルキャプテン・アメリカ
/ウィンター・ソルジャー
原題Captain America
The Winter Soldier
上映開始日2014年4月19日
原作マーベル・コミック
監督アンソニー・ルッソ
ジョー・ルッソ
キャストクリス・エヴァンス
スカーレット・ヨハンソン
セバスチャン・スタン 他
吹き替え中村悠一、米倉涼子、白石充 他
公式サイトhttps://www.disney.co.jp/studio/marvel

©Disney ©2014 MARVEL

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

全く期待しないで観に行ったら、意外と面白くてびっくりした『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』。本国アメリカでは公開以来ぶっちぎりの大ヒットを続け、全世界の興行収入はたったの1週間で5億ドルを突破したらしい。また、批評家達の反応も上々で、「『ダークナイト』以来の傑作アメコミヒーロー映画だ!」と大絶賛されているそうです。

ひたすら映画を観まくるブログ 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』ネタバレ感想

総括すると近年のアクション映画のあらゆる戦闘シーンを集約し、この一本にぶち込んだバケモノのようなウルトラアクション映画。
この一言に尽きる。
オールタイムベストに食い込んでくる衝撃と興奮を味わえた!!!!!

Black Hawkの秘密基地 『キャプテンアメリカ/ウィンターソルジャー』の感想!

今作はキャラクターがもう知られている前提での新たなドラマが構築されています。
キャッチコピーに「アベンジャーズ以外、全員敵」とあるように、本作でキャプテン・アメリカは周りの協力がないまま行動をすることになります。誰か敵なのかがわからない“疑心暗鬼に”なるドキドキ、圧倒的に不利な状況から抜け出すまでの過程には、確かな面白さがありました。

カゲヒナタ映画レビュー 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』哀しき冬の戦士(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

「走る」が今作のベースアクションとなっており、現代火器に筋力と盾で挑む男のアクションを、疾走と組み合わせる事でスピーディに表現したのは、非常に秀逸。
市街地でのチェイスシーンや銃撃戦も迫力満点で、金のかかったアクションが次々と繰り広げられ、サービス精神豊富かつ全体のテンポとバランスも良し。
現代アクションとスーパーヒーローの融合として、良く出来た映画でした。

ものかきの倉庫 『キャプテン・アメリカ:ウィンターソルジャー』感想

キレッキレのアクション、めくるめく滑空シーン、泣いて笑ってグっとくるストーリーなどなどがつめこまれた、最高の娯楽作でした!

すきなものだけでいいです 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』

バックミュージックを含めた爽快なアクションシーンや、アクションの枠組みを超えたカメラアングルの技術の高さが強烈なインパクトを残すぐらい凄いわけです。
それにストーリーの展開もテンポよく、2時間があっという間に感じてしまうほど作品に見入ってしまいました。
それほど視聴者に対して、夢中にさせてくれる作品なんです。

THE・映画のススメ 【キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー】マーベル史上最も評価された理由について考えてみた!

小気味好いアクションを織り込んだスピーディな展開、過去の因縁が渦巻く二重三重の謀略、誰も信用できない状況でそれでも戦い抜く主人公の活躍は、ロバート・ラドラムのスパイ冒険小説のような無類の面白さを味わわせてくれる。

映画のブログ 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』 映画という耐久試験

アメコミ映画で絶対的に成し遂げなければならないアクション描写の面白さも、本作は秀でています。言ってしまえば、ポリティカルサスペンスとか考えながら見るのが面倒な人でも問題なく楽しめるってわけです。そのバランス感覚がお見事!

Cinema A La Carte 『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』感想、面白さ前作以上に大炸裂!その中には現代社会の闇をも描かれ最高のカタルシスを味わえる![ネタバレなし]

『現実に限りなく近い世界であってもすべての人々の”自由”を守るために戦う漢の姿』を観ることが出来る作品です。今の時代に自分がどう”自由”と向き合っていくのかを見つめ直すのに最適な映画ではないでしょうか?

小文化学会の生活 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』から感じた”静かな侵略”の恐ろしさと”自由を勝ち取ること”の素晴らしさ

その他レビュー

・カーアクションはカーアクション見飽きた人にこそお勧めできるし、次々に様々な武器で殺しにかかってくる暗殺者・ウィンターソルジャーは抜群。娯楽映画なのですけど、それでも映画の格が高いです。面白かった。

・今作ではサスペンス風味も面白くMCUの中でも上位に入る面白さではないでしょうか。

・作品としては充分面白いです。アクションも最近のハリウッド作品としてはトップクラス。

・ヒーロー映画ですが、バトルやアクション以上に、サスペンス色の強いストーリーです。アクションの進化も凄いのですが、二転三転する展開が面白いです。

・アクション映画としても政治スリラーとしてもアメコミの枠を超えた作品に仕上がっている。

・単なるアメコミなんだけど、見る価値はあると思います。いろいろ考えされらるし、面白い。ギャグありアクションあり、恋愛あり、武器・ハイテク機器満載映画です。

・前作よりもアクションがダイナミックになり見所満載で予想以上に満足しました。

・盾で、一つで攻めるのはなんとも言えない爽快感があります。

・とにかく派手なアクションと世界観はTHE娯楽映画って感じで良かったです。

・ストーリーの重厚な肉付け、アクションの見せ方も良かった。ただ、前作を見てないと少々話が分かりにくいかと思いますので、そこだけ注意です。

AmazonPrimeVideoレビュー

タイトルとURLをコピーしました