映画『アントマン』クチコミ

『アントマン』概要

マーベル「アントマン」/予告編|MovieNEX

あらすじ

やる気も能力もあるのに、なぜか空回りばかりのスコットは、仕事も家庭も失い絶体絶命…。
そんな彼にオファーされた最後にして唯一の“仕事”は、身長わずか1.5cmになれる驚異の“スーツ”を着用し、神出鬼没のヒーロー“アントマン”となることだった。
スーツを発明した天才科学者ハンク・ピム博士と博士の娘ホープの指導の下、猛特訓が始まる。
最愛の娘のために挑戦を決意した彼は、本当のヒーローとなり、人生のセカンド・チャンスをつかむことができるのか?
そして、アントマンに託された決死のミッションとは…?

映画「アントマン」Disney公式
タイトルアントマン
原題Ant-Man
上映開始日2015年9月19日
原作マーベル・コミック
監督ペイトン・リード
キャストポール・ラッド
エヴァンジェリン・リリー
コリー・ストール 他
吹き替え木内秀信、内田有紀、大川透 他
公式サイトhttps://marvel.disney.co.jp/movie/antman

©Disney ©2015 MARVEL

『アントマン』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

まとめると家族向け映画。壮大な戦闘はミニマムに繰り広げられる。設定に粗はあるかもしれないけどそこを許容して楽しむ映画。伏線多数なのでマーベル映画をもっと観たくなる作品。

Shilhouette 【映画】アントマン/Ant-Man(2015)【感想】

めちゃめちゃおもしれ〜〜〜〜〜!!最高〜〜〜〜〜〜〜!!痛快〜〜〜〜!!今更見ました。大変良かったですね…分かりやすいストーリー、魅力的なキャラクター、手に汗握りつつも笑いの混じったスーパーミクロバトル…どんだけエンタメ詰め込んでるのよ!

にっきにっき 映画感想 – アントマン(2015)

本作「アントマン」だが観る前は地味だなと思ってたが、いざ観るとMCUの単独作としては1、2を争うくらい好きだった。
アントマンの能力やアリ、量子の世界などのロマン 。
スコットと娘、ピム父娘と、二組の父娘愛もツボにはまって大好きになった。

GOCK221B 「アントマン (2015)」アントマンもいいがハンク・ピムとピム粒子が恐ろしすぎる!🐜

小さくなった世界の面白さ
本作の最大の面白さはここだ。
最初に小さくなるバスタブの中から、最終決戦まで、小さくなった世界の映像が本当に面白い。
特にクライマックスのバトルシーンが最高で、小さくなって敵と大迫力のバトルを繰り広げる中で、それを急に引いた視点から見せる事で笑いを誘う。
普段の生活では気にもかけない蟻たちにまで感情移入できてしまうぞ。

映画感想ブログ シアターじぶんち 『アントマン(2015)』感想 MCU12段。小さくなった世界の映像表現が面白い!MCU最小のヒーローが、大活躍!

公開後にネット上で非常に評判が良かったので『これは劇場で観なくては!』 と慌てて観に行ったんですが……なるほど面白かったです!
全体的にはコメディータッチに描かれていて、『アイアンマン』や『アベンジャーズ』がシリーズを重ねるごとにシリアス度が増していった最近のマーベル映画とは一線を画す、ユル系ヒーロー映画でした。

今日観た映画の感想 「アントマン」(2015) 感想

一言で言えば、極めてシンプルな作品であった。とにかく今回は、アントマンの出生と登場人物の紹介に徹した、という印象すら受ける清々しい仕上がり。
とはいえ、物足りなかったということでは決してない。アントマンというヒーローの魅力は十二分に描けていたのではなかろうか。公開前には、主にネット上で悪口ばかり言われていた本作だが、いざ公開されるや否や絶賛されたのも頷ける。

Mr. Alan Smitheeの“時には映画の話を” [No.354] アントマン(Ant-Man) <74点> 【ネタバレ感想】

非常にバランス感覚に優れた一作。繋がる世界の旨味を残しつつ、壮大になり過ぎないよう、上手く調整済み。気楽に今まで観たことのない映像と、親と娘にテーマを据えた物語を楽しめます。未知の映像+スコット的には1から始まるヒーローのオリジンとして、映画第一作のアイアンマンに通ずるところもあるんじゃないかな。

肉雑炊 映画アントマン感想

機関車トーマスのオモチャがカランと転がるようなコンパクトな戦いで十分に楽しませてくれた!日本版のポスターとかコスチュームの見た目とか全体的にパッとしない印象が漂うんだけど、
意外にも結構面白かったよ!!!

アバウト映画公園 【感想】アントマン / アベンジャーズも一目置く一風変わった庶民派ヒーローここに誕生!!!

拡大縮小を使い分けて闘うシーンはこれまでにはないマーベルヒーロー。
アントマン自身には派手にドンパチできる能力はないので少し物足りなさはありますが、ミクロの世界を味わえる映像表現は圧巻です。

トンログ 映画「アントマン」感想|映画館で見るべきミクロアドベンチャー

その他レビュー

・面白かった。お笑いシーンと、話しの荒唐無稽さの相性が良い。テンポもいいし、もっと短くてもいい話しだけど、トレーニングシーンとかもっと見ていたい。ミクロの世界感の表現(被写界深度が浅くなる)も個人的に好き。

・作品自体はMCUのセクション2のラストを飾るに相応しくアメコミヒーロー作品の良さを詰め込んだ作品です。

・大変おもしろく、あっという間に時間が過ぎてしまった感があり、親子でも見れる安心感がある作品でした。

・小さくなる事以外シンプルなヒーロー映画でした。それがとても良かったです。最近はひねりが多くそれはそれで嬉しいですが、今作はシンプルで「いい映画」を見た印象です。

・最愛の娘のためにお父さんが頑張るヒーローもの。今までいなかったタイプのアメコミヒーローなので面白かったです。

・超常現象的な力ではなく、あくまでも科学的な力で戦っていく姿は魅力的で、アイアンマンとは異なるベクトルのハイテク技術に魅了されました。

・子供と一緒に楽しめる映画でした。今後のアベンジャーズとの繋がりに期待が持てます。

・何気に音楽がいい。ストーリーを茶化すわけでもなく、さりげに盛り上げてくれているように感じた作品。

・個人的にはうまくまとまって面白いと感じましたが、少し最後無理矢理すぎる場面がいくつかみられたのでそこが残念でした。

・よくも悪くもマーベルシリーズ
当たりではないが、ハズレでもない。

・アリがいっぱい出てくるので、虫嫌いな人にはオススメできません。

AmazonPrimeVideoレビュー

タイトルとURLをコピーしました