映画『雪の華』クチコミ

『雪の華』概要

映画『雪の華』本予告【HD】2019年2月1日(金)公開

あらすじ

余命を宣告された美雪の夢は、<約束の地>フィンランドでオーロラを見ること。
そんなある日、ひったくりにあった美雪は、ガラス工芸家を目指す青年・悠輔に助けられる。
半年後に偶然再会した悠輔が男手ひとつで兄弟を育てていること、そして彼の働く店が危機に陥っていると知った美雪は、「私が出します、100万円。その代わり1ヶ月、私の恋人になってください」と、期間限定の恋を持ちかける。

美雪が押し切って付き合い始めた2人だったが、初めての待ち合わせ、一緒に食べるお弁当、別れ際のお見送り、おやすみのメール…そのすべてが幸せで、期限付きの恋と知りながら、美雪は自分の居場所がある喜びを感じていた。
そして、初めは乗り気でなかった悠輔も、まっすぐかけがえのない出会いが、美雪に一生分の勇気を与えて、悠輔の人生を鮮やかに彩っていく。

映画『雪の華』オフィシャルサイト
タイトル雪の華
上映開始日2019年2月1日
監督橋本光二郎
主題歌中島美嘉
出演者登坂広臣、中条あやみ、高岡早紀 他
公式サイトhttp://wwws.warnerbros.co.jp/yukinohana-movie/

©2019映画「雪の華」製作委員会

『雪の華』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

今時珍しいぐらい王道なラブストーリーですね。二人の間を邪魔する人間はおらず純粋に二人の心境、関係の変化を描写しています。他の映画の宣伝とか見ると二人の関係に終始している映画ってまずないですからね。今の時代逆に新鮮味があるかもしれないですね。

今日の色々 映画 雪の華 感想

今回は岡田恵和脚本が明らかに中条あやみにピンポイントで照準を絞った当て書きで彼女の魅力を100パーセント引き出していた。中条あやみフルチューン最適化ムービーだと思う

CDBのまんがdeシネマ日記 映画『雪の華』感想 難病悲恋ものというより岡田恵和脚本による『逃げ恥』男女逆の契約恋愛映画

僕も今回に関しては「微妙」と感じた一人です。
「微妙」というより期待が大きすぎた気がします。
名曲「雪の華」から生まれた~~と謳っていたのでかなりの自信作で映画を観ることで感動を誘ってくれるのかな、映画と曲の融合でかなり芸術作品に仕上がっているのかなと、期待をしすぎたところが「微妙」と感じてしまったと思います。

あまり金銭的に裕福でないと思われる男性が、急にフィンランドへ女性を追いかけていくなど「?」マークがつく場面がないではないが、恋愛映画にそこまで細部を要求するのは酷というものと理解しよう。

シニア映画館 映画「雪の華」をおじさんがみてみた素朴な感想はこれ

確かに映像は綺麗です。ただ演技はさほど上手くはなく、ツッコミところ満載で中身のないの脚本、音楽も葉加瀬太郎が担当ですが別に魅力的じゃなかったり、かなりボロボロな部分が多いです。もし違う監督だったらクソ映画になるところでした。

KOUTAの映画DASH 映画『雪の華』冬眠したいくらい眠くなる…。評価&感想【No.540】

ニセコイ(中条あやみさんヒロイン・恋人のふり・気持ちを確認しようとして空振りする)と愛唄(不治の病・一時退院の旅行に親が同伴しない)の両者を足して、0.65をかけたような感じ。

フレデリカは日本映画ばっかり見ています<ネタバレ> 映画『雪の華』65点/中条あやみさんを愛でる映画です。登坂広臣さんではなく。

タイトルとURLをコピーしました