映画『翔んで埼玉』クチコミ

『翔んで埼玉』概要

『テルマエ・ロマエ』の監督が贈るディスり合戦開幕! 映画『翔んで埼玉』予告編 /2月22日(金)公開

あらすじ

埼玉県の農道を、1台のワンボックスカーがある家族を乗せて、東京に向かって走っている。
カーラジオからは、さいたまんぞうの「なぜか埼玉」に続き、DJが語る埼玉にまつわる都市伝説が流れ始める――。
その昔、埼玉県民は東京都民からそれはそれはひどい迫害を受けていた。
通行手形がないと東京に出入りすらできず、手形を持っていない者は見つかると強制送還されるため、
埼玉県民は自分たちを解放してくれる救世主の出現を切に願っていた。
東京にある、超名門校・白鵬堂学院では、都知事の息子の壇ノ浦百美(二階堂ふみ)が、埼玉県人を底辺とするヒエラルキーの頂点に、
生徒会長として君臨していた。
しかし、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)の出現により、百美の運命は大きく狂い始める。
麗は実は隠れ埼玉県人で、手形制度撤廃を目指して活動する埼玉解放戦線の主要メンバーだったのだ。
その正体がばれて追われる身となった麗に、百美は地位も未来も投げ捨ててついていく。
2人の逃避行に立ちはだかるのは、埼玉の永遠のライバル・千葉解放戦線の一員であり、壇ノ浦家に使える執事の阿久津翔(伊勢谷友介)だった。
東京を巡る埼玉vs千葉の大抗争が群馬や神奈川、栃木、茨城も巻き込んでいくなか、伝説の埼玉県人・埼玉デューク(京本政樹)に助けられながら、
百美と麗は東京に立ち向かう。果たして埼玉の、さらには関東の、いや日本の未来はどうなるのか――!?

映画『翔んで埼玉』公式サイト
タイトル翔んで埼玉
上映開始日2019年2月22日
原作魔夜峰央
監督武内英樹
主題歌はなわ「埼玉県のうた」
出演者二階堂ふみ、GACKT、伊勢谷友介 他
公式サイトhttp://www.tondesaitama.com/

©魔夜峰央/宝島社
©2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会

『翔んで埼玉』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

全編にわたって真面目にふざけているのが本当に最高。
ディスりまくってるのに不快にならないです(埼玉の人はどうかわからないけど)。
ストーリも未完の原作からうまく繋げてまとまってるし、主演の二人が嫌い、とかでなければ見たほうがいいです。

ロボヒロログ 【感想】映画・翔んで埼玉はめっちゃ真面目にふざけてる

ともすれば身分差別がひどすぎる映画でもあり、炎上する要素はたくさんあるのに、「まあ~埼玉だから」で、全てまとまってしまう
どさくさに紛れて近隣の千葉や茨城、群馬もディスりの被害者になっていたように思うw

浦和裏日記(さいたま市の地域ブログ) 映画「翔んで埼玉」を埼玉のブロガーが見てきた感想 はなわの「埼玉県の歌」がいい感じ!

この『翔んで埼玉』を単なる埼玉ディス映画として観るのもとてもおもしろいと思うし、実際映画としての作りこみはなかなかにレベルが高い。
でも、そこからさらに踏み込んで、自分の地元はどうだろう、自分は、自分の地元を誇れるか、そこまで考えてみると、またこの映画はちがう見え方をするかもしれない。

東京モンブラン 【ネタバレあり】映画『翔んで埼玉』を観た雑な感想/雑記

結論を言うとこの映画は、職場や学校でイジメられて辛い!もうこんな生活嫌だ!
って言う人こそ見るべきだなと感じました。
どうしてか?
自分が過去イジメを受けていたのでより一層思うところがありました。
埼玉の様に周りからださいたま、くさいたま、田舎くさいたまとイジメられてても、見方や考え方、行動や環境を変えることによって柔軟に問題に立ち向かう事ができるんだ!
と言う事を発見できたからです。。

だいだいyudai’sDiary 【翔んで埼玉】バカ映画の筈なのに学生時代のイジメを思い出して超号泣した

本作は期待していた以上にふざけ倒してくれて最高に笑えた邦画史上最大の茶番劇でした。
プロモーションの一環で映画公開前に埼玉県知事に謝りに行った時点で「これは本気で悪ふざけしに行ってんな」と思ったけれど、本編の内容はその想像を遥かに超えるほどのカオス。

よくみれば雑食 【映画レビュー】みんなで笑える『翔んで埼玉』はデトックス効果高めです【ちょっとネタバレ】

9点(10点満点)
です。
10点でも良かったんですが、関東の地理感覚が無い人には楽しめないかな、というところで1点マイナスしてしまいました。でもわかる人にはとても楽しめる映画だと思います。
『テルマエ・ロマエ』とか『帝一の国』とか、そういう作品の雰囲気が好きな人にオススメですね。終始笑える良い映画です。

趣味に生きる鳩になりたい 【映画感想】『翔んで埼玉』は埼玉ディスりと見せかけて埼玉愛に溢れた爆笑映画【2019年その7】

散々映画内でディスられていましたが周りの埼玉県民の方からは嫌な空気が一切出ずに笑いが絶えない作品となっていました。
やっぱり寛容っていうのもあるけど「郷土愛ワースト1位」っていうのがディスり=あるあるに変換されて観れていたのかな笑
僕は埼玉に住み始めてからまだ日が浅い方ですが埼玉が「より」好きになる作品でしたね。

ゆずの坂 【感想・ネタバレ】「翔んで埼玉」- 埼玉県人にはGACKTと伊勢谷友介のキスシーンでも観させておけ!

確かに茶番劇なのですが、あらゆることに全力なのが「翔んで埼玉」の魅力を生んでいます。
二階堂ふみ、GACKT、伊勢谷友介の好演は見ていて何の違和感もなく、ファンタジー世界のキャラを演じきっていました。
大量のエキストラとCGを組み合わせた映像にも迫力があり、映画ならではのスケールです。

すいすいノート 映画『翔んで埼玉』感想。キャストにこだわった、全力の茶番劇。

他人が突き抜けるくらい楽しそうにしているのを見たら、羨ましいとか妬ましいとかじゃなくて、もうなんかこっちも楽しくなってきちゃうじゃないですか。
この映画の総評としては、要はそんな感覚なのであります。
だからいいエンターテイメントだと思うの。

肝胆ブログ 映画「翔んで埼玉感想……完成度高いし何より出演者が皆楽しそう」武内英樹監督(東映)

個人的に後半の展開はそんなに好きではありませんでしたが、全体としてよく笑える良作映画だったと思います。
ギャグ系の映画ってほとんど見ないんですけどついつい笑ってしまったので、邦画&ギャグ映画を毛嫌いしている人にもオススメできます。

心だけは錆びない 映画『翔んで埼玉』を関西人が見た感想 関東人じゃなくても面白い

タイトルとURLをコピーしました