映画『ザ・ファブル』クチコミ

『ザ・ファブル』概要

岡田准一主演『ザ・ファブル』予告編 6.21公開!

あらすじ

どんな相手でも6秒以内に殺す。
“ファブル(寓話)”と呼ばれる謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会では誰もが「伝説」と恐れ、その存在の真偽さえ訝しがられる男。
“ファブル”を育てあげたボス(佐藤浩市)は、あまりにハイペースで仕事をこなし続ける彼に、ある指令を与える。
「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」
ボスには絶対服従の彼は“佐藤アキラ”という偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と兄妹のフリをして大阪の街へ。
ボスのツテで真黒カンパニーの社長=海老原(安田顕)に世話になりながらも、生まれて初めて、一般社会に溶け込もうと真面目に努力し始める。
毎日ヒマをもてあまし飲み歩くヨウコとは対照的に、ボスからもらったインコを大事に育てたり、アルバイトをしてみたり。
街で偶然出会いバイト先を紹介してくれたミサキ(山本美月)や、バイト先の社長=田高田(佐藤二朗)とも徐々に親しくなっていき、普通の生活を満喫し始めるアキラ。「プロの普通」を目指し精進する日々だったが、周囲はアキラを放ってはおかない。
海老原の弟分で出所したての小島(柳楽優弥)と組織の現幹部=砂川(向井理)の確執、ファブルを伝説のレアキャラのように執拗に追い続ける若き殺し屋=フード(福士蒼汰)などが少しずつ、確実にアキラの穏やかな日常に忍び寄る。
そして事件は起こった――。実はある過去を持つミサキが、拉致されてしまったのだ。
ヨウコと共にミサキの救出に向かうアキラ。そこに「絶対に殺してはいけない」というボスの鉄の指令が立ちふさがった時、アキラは自分のこの並外れた能力が初めて「人を救うこと」に使えるのではないかと気付き始める。
だがそこには想像を絶する強敵と、いくつもの罠が待ち受けていた。
果たしてアキラは「殺さず」の指令を守り通せるのか?
そして平和な毎日は戻ってくるのか……!?

映画『ザ・ファブル』 公式サイト
タイトルザ・ファブル
上映開始日2019年6月21日
原作南勝久「ザ・ファブル」
監督江口カン
主題歌レディー・ガガ「ボーン・ディス・ウェイ」
出演者岡田准一、木村文乃、山本美月 他
公式サイトhttp://the-fable-movie.jp/

©2019「ザ・ファブル」製作委員会

『ザ・ファブル』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

テンポよく話が進むので、観ていて退屈にはなりませんでしたし、コメディ要素もたっぷり入っていたので、とても面白く観れました😂師弟愛や、それぞれの想いも描かれていて、ただのバイオレンス映画と言うわけでは決してありません‼️

映画を観て、旅に出て、美味しいものを食べたい!! ザ・ファブル 感想(ネタバレあり)

総合的にみて、非常に面白い作品!
アクション多めかと思っていたら、原作通り秀逸なお笑いシーンが目立っていました!
ストーリーも分かりやすいので子供でも理解できると思いますし、大人でも笑いが堪えれないくらいのお笑いシーンです!

ちょんちょんパン☆ 映画『ザ・ファブル』を評価!漫画と同じくらい面白かった!!

結果から言うと
すごく良かった。そしてミスキャストなんて1人もいなかったとなります。
まず、脚本が素晴らしい!

勝手にオススメ映画レビュー 映画【ザ・ファブル】感想 原作とイメージの違うキャストは許せるか?

普通に面白かったです。アクション&コメディ的な感じで。
ややこしい話は一切なし!見終わった後に、「あー楽しかった。」とスッキリ爽快感のある映画でしたよ。見ごたえあるアクションでワクワクドキドキできました。

とりあえず 映画「ザ・ファブル」感想。

キャスト陣と原作との再現率がかなり高かったので最高でした。
ただ、原作と若干違うストーリー性はしょうがないにしても、後半のアクションはもったいなさすぎる…。
後半からは完全に別物の映画に変わりつつあって、殺し屋という設定とかいろいろどこかに吹っ飛んでる感じがしました。
とは言っても、原作愛は感じられますし(特に岡田純一×ファブルと木村文乃×佐藤ヨウコ)、映画として見ると楽しめます。
物語も難しくないので、サクッと見たい人にもおすすめです。

SHIROHAYA.COM 映画『ザ・ファブル』は原作の再現度が高くて最高【マンガを見ていなくても楽しめる】

予想してたより面白く、観ても損はしない(と思う)
岡田さんのアクションと、狂犬を演じる柳楽さんの演技が大きなポイント
敵キャラの個性とストーリーは弱い印象
もう少しで名作にもなれた可能性がある「惜しい作品」

タクミの帰宅塾 岡田准一主演の映画『ザ・ファブル』を観てきたので感想などまとめてみる

アクションシーンはかなり頑張っているし見応えがある
でも、それ以外が…全体的にバランス悪いような気がする

何もかもが滑稽 映画「ザ・ファブル」感想 アクションは良かったけど…

結論は、このファブルも例外なくつまらない。やろうとしていることの全ての見せ方が汎用で、スタイリッシュさが無い。スタイリッシュな殺し屋のアクション映画を期待しているだろうが、かなりの期待外れ。もっさり、それどころか、わーわー騒いでるだけ。

超ヘッポコ映画批評 映画『ザ・ファブル』を見ての感想

タイトルとURLをコピーしました