映画『新聞記者』クチコミ

『新聞記者』概要

『新聞記者』予告篇

あらすじ

東都新聞記者・吉岡( シム・ウンギョン)のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届いた。
日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、ある思いを秘めて日本の新聞社で働いている彼女は、真相を究明すべく調査をはじめる。
一方、内閣情報調査室官僚・杉原(松坂桃李)は葛藤していた。
「国民に尽くす」という信念とは裏腹に、与えられた任務は現政権に不都合なニュースのコントロール。愛する妻の出産が迫ったある日彼は、久々に尊敬する昔の上司・神崎と再会するのだが、その数日後、神崎はビルの屋上から身を投げてしまう。
真実に迫ろうともがく若き新聞記者。
「闇」の存在に気付き、選択を迫られるエリート官僚。
二人の人生が交差するとき、衝撃の事実が明らかになる! 現在進行形のさまざまな問題をダイレクトに射抜く、これまでの日本映画にない新たな社会派エンタテインメント!あなたは、この映画を、信じられるか──

映画『新聞記者』公式サイト
タイトル新聞記者
上映開始日2019年6月28日
原案望月衣塑子「新聞記者」
監督藤井道人
出演者シム・ウンギョン、松坂桃李、本田翼 他
公式サイトhttps://shimbunkisha.jp/

© 2019『新聞記者』フィルムパートナーズ

『新聞記者』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

観終わったあとに何かと考えさせる映画です。
非常にわかりやすくてよくできてると思いました。ジャンルとしては苦手ですが、最後まであっというまでした。私のように無知でも大丈夫です。
観る価値は十分にある映画だと思います。

kashiyablog 問題作『新聞記者』ネタバレなしの感想。見る価値あり

政治という非常に難しい内容をまとめてくださった藤井道人監督本当にお疲れ様でした。こういった政治批判映画はなかなか出てこないので観ることが出来て、考えることが出来てよかったと思います。

かたりべ 映画『新聞記者』感想&レビュー!何を信じて何を疑う

本作『新聞記者』は鑑賞した日本人全員を暴くという、絶大な効果を持った映画であるのは間違いないのではないでしょうか。

シネマンドレイク:映画感想&レビュー 『新聞記者』感想(ネタバレ)…映画は観客さえも暴く

片方の過激な情報を鵜呑みにすることの危険さを伝えるために、『新聞記者』はあそこまで強烈な政権批判をしたのではないかとさえ感じます。これだけで判断するのは危険ですが、考えるきっかけとしてはいい映画ですね。

Subhuman 【ネタバレあり】映画『新聞記者』感想【この映画だけで判断するのは危険だ】

いくつか不満な点もありますが、最初にいったように全体としては面白かったです。
現実の事件を取り入れたという点も評価に値するとおもいますし、政権に対して批判的な目を忘れないというのは大事なことでしょう。
主人公のモデルである東京新聞の望月衣塑子記者や、元文科相の官僚であった前川喜平さんがさりげなく映画に登場しているのも楽しい仕掛けです。

深沢商店 映画「新聞記者」の感想

僕はこの映画をオススメしたいけど、希望のない終わり方だけは少し残念だったな。でも、世の中に垂れ流されている情報の危うさや官僚機関の構造や役割について考えるきっかけになる映画だと思います。機会があったら観て欲しいな。

ビボログ 映画『新聞記者』【ネタバレ感想】シム・ウンギョンと松坂桃李のW主演!リアルすぎるフィクション映画!

これって本当に「政治批判映画」なの?
「官邸」と「メディア」という視点は面白い!
“フィクション”としても微妙。
公文書改竄、虚偽答弁、大学設置問題、官僚の辞任、そして自殺……と確かにホットな話題を取り入れていたけど……。

メモスト 【映画】『新聞記者』:[酷評]これは《政治批判》でなく、単なるフィクション・サスペンス。

「この内容がこのタイミングで公開されること」を絶賛しているのであって、映画そのものを褒めているわけではないのでは?もしくは政権批判してくれたうれしさから映画の出来には目が及んでいないのでは?

やりやすいことから少しずつ 映画『新聞記者』 感想

タイトルとURLをコピーしました