映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』クチコミ

『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』概要

『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』予告【8.23 ROADSHOW】

あらすじ

永遠の愛を誓ったあの日から1年が過ぎ、上海・香港転勤を経て帰国した春田創一。久しぶりに戻ってきた天空不動産東京第二営業所では、黒澤武蔵をはじめ、お馴染みのメンバーが顔を揃え、最近配属された陽気な新入社員・山田ジャスティス(志尊淳)も加わり春田を歓迎する。そんな彼らの前に、天空不動産本社のプロジェクトチーム「Genius7」が突如として現れ、リーダーの狸穴迅(沢村一樹)は、本社で新たにアジアを巻き込む一大プロジェクトが発足し、東京第二営業所にもその一翼を担うよう通告する。その隣には、本社に異動しチームの一員となった牧凌太の姿も…。何も知らされておらず動揺する春田だが、本社と営業所の確執が深まるほどに、牧との心の距離も開いてゆく。一方、コンビを組むことになったジャスティスは兄のように春田を慕い、さらには黒澤もある事故がきっかけで突然“記憶喪失”に…!しかも忘れたのは春田の存在のみ。…え、どゆこと?そんな記憶喪失あんの!?混乱する春田をよそに、黒澤は“生まれて初めて”春田と出会い、その胸に電流のような恋心を走らせてしまい…。そんな中、天空不動産を揺るがす前代未聞の大事件が発生!それに巻き込まれた春田にも最大の危機が迫る。果たして、春田の運命は…!?笑って泣けるこの夏最高のエンタテインメント!おっさんたちの愛の頂上決戦<ラブ・バトルロワイアル>が、ついに幕を開ける。

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』公式サイト
タイトル劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~
上映開始日2019年8月23日
監督瑠東東一郎
主題歌スキマスイッチ「Revival」
出演者田中圭、林遣都、吉田鋼太郎 他
公式サイトhttps://ossanslove-the-movie.com/

©2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会

『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

個人的満足度 100点満点中 90点
ドラマ版と比べてガッカリする部分もあったが、ギャグ映画としては素晴らしかった。
年間20回は映画館に足を運ぶわたしですが、ここまで爆笑した映画は初めてです。

サブカル女子の色々感想ブログ 映画『おっさんずラブ~LOVE or DEAD~ 』ネタバレあらすじ・感想・レビュー!爆笑とツッコミの嵐!全腐女子が泣く

爆発やアクションシーン、アクション映画のパロディなど映画的な魅力にも溢れていて、まさにエンターテインメントのお手本のような作品。映画を観てこんなに笑ったのは久々かもしれない。

ミーアキャットスペース 日本のドラマも捨てたもんじゃない! 映画『劇場版 おっさんずラブ LOVE or DEAD』評価・ネタバレ感想!

感想はとにかくですね、
劇的に面白いw
そして、
とっても温かくて優しい!
この一言に尽きますねぇ~。

キッカ。のブログ 追記。劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD 感想(ネタバレなし!)。

性別や年齢、そんなものは関係ない。大切なのは相手を思う気持ち、そしてそれを素直に伝えることなんだ、とこの映画は教えてくれます。
それは恋愛だけでなく、親子、家族の間でも同じこと。それを訴えるジャスティスのシーンでは、思わず涙が流れてしまいました。
そんなストレートなメッセージが、この作品が多くに人に愛される一番の理由なのでしょう。

Cinemarche 映画『劇場版 おっさんずラブ』ネタバレ感想とレビュー評価。BLにとどまらない人間讃歌と愛すべき人たちの物語

予想はしてたけど、作りは全くもってテレビのまんま 
映画ファンとしては、これを映画と言いたくない 
でも、そんなことはどうでもよくなるくらい、愛と笑いに満ち溢れてる作品 
女性向け?LGBT向け? 
そんなの関係ない!!
おっさんずラブは、世界でも類を見ないLGBTファンタジーだ!!
どんな形であれ、俺は邦画コメディを応援したいしおっさんずラブを応援したいし、何より俺も春たんを応援したいお!! 
ここまで映画館が笑ったのは、リアルに「銀魂」以来だよw

Machinakaの日記 映画「劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD」ネタバレあり感想解説と評価 ガチおっさんの俺が見た結果…

同性愛、年の差愛、美醜を越えた愛、愛ならなんでも来いの太っ腹がざっくりと現代風。いつもの下らない和製テレビドラマのフォーマットでこういう多様性万歳的なものをやるということに意義があるんだろうなとは散々各所で言われていると思うのでそれについては特に思うことなし。
面白かったすよ、みんなかわいいかっこいい。

映画にわか 『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』感想文(TV版未見)

今回の映画『おっさんずラブ LOVE OR DEAD』は、主題として「喪失感」というキーワードを据えていたように思います。
~中略~
いつか深い喪失感を背負うことになるとしても、それでも一緒にいたいと強く願ってしまうのが本気の愛なのだと映画『おっさんずラブ LOVE OR DEAD』は我々に強く訴えかけます。

nagamovie 【ネタバレあり】映画『おっさんずラブ LOVE OR DEAD』感想・解説:喪失感と幸福の物語だお

ひとことで感想を言うならば。
…「ファン感謝祭というべきお祭りの映画」!!
爆破シーンとかは、深く考えてはいけません!
「完結編」というだけあって、ひとつひとつのシーンはしっかりていねいにされていると感じました。

まんねり夫婦のブログ 【ネタバレあり注意】「劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD」のあらすじと感想

この映画、やたらカットを割るのである。対話シーンでの切り返しとか1秒を切る速さで、ガチャガチャと画面が変わる。切り返しってさ、それぞれの人物の視点を交互に表すための技法なんだけど、この速度だと心理を汲み取る余裕もない。

ヤガンEX 【邦画】『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』ネタバレ感想レビュー–ただただ幼稚なだけの田中圭がなんでモテモテなのか解らない

タイトルとURLをコピーしました