映画『七つの会議』クチコミ

『七つの会議』概要

「七つの会議」予告

あらすじ

都内にある中堅メーカー・東京建電。営業一課の万年係長・八角民夫(野村萬斎)はどこの会社にもいる、所謂”ぐうたら社員”。
トップセールスマンである課長の坂戸宣彦(片岡愛之助)からはその怠惰ぶりを叱責されるが、ノルマも最低限しか果たさず、定例の営業会議では傍観しているのみ。
絶対的な存在の営業部長・北川誠(香川照之)が進める結果主義の方針の元で部員が寝る間を惜しんで働く中、一人飄々と日々を送っていた。
ある日突然、社内で起こった坂戸のパワハラ騒動。そして、下された異動処分。訴えた当事者は年上の部下、八角だった。北側の信頼も厚いエース・坂戸に対するパワハラ委員会の不可解な裁定に揺れる社員たち。
そんな中、万年二番手に甘んじてきた原島万二(及川光博)が新課長に着任する。会社の”顔”である一課で、成績を上げられず場違いにすら感じる原島。
誰しもが経験するサラリーマンとしての戦いと葛藤。
だが、そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていた…。

映画『七つの会議』公式サイト
タイトル七つの会議
上映開始日2019年2月1日
原作者池井戸潤
監督福澤克雄
主題歌ボブ・ディラン
「メイク・ユー・フィール・マイラブ」
出演者野村萬斎、香川照之、及川光博 他
公式サイトhttp://nanakai-movie.jp/

©池井戸潤/日本経済新聞社
©2019「七つの会議」製作委員会

『七つの会議』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

確かに粗はあるのだけれども、これぞ理想の大衆娯楽映画だし、なおかつブラックコメディとしてよくできている。そして、社会派から逃げガチな日本映画界にとって、この映画が出てきたことが本当に素晴らしいと感じました。なんたって、今タイムリーで日本が抱える問題を風刺しており、その根元にある問題を突き詰めていく映画なのだから。これはヒットしてほしい。政治家やサラリーマンは絶対観てほしい作品でした。

CHE BUNBUN 【ネタバレ考察】『七つの会議』これぞ大衆映画!本作が傑作な5つのワケ

いやーこの映画、もうもちろん池井戸潤原作なので言わずもがなストーリーはすごくわかりやすくて面白いんです。ミステリータッチなので続きも気になり、どんどんと映画に引き込まれて行きます。TBSの日曜9時ドラマ枠を一気に見れちゃう、そんな贅沢感すら感じます。

I HATE MANJU 平成最後の顔芸合戦「七つの会議という珍獣オールスター映画

サラリーマンが、その日々の業務で直面する苦悩、屈辱、挫折の数々、共感せざるを得ない、その負の感情が、物語のクライマックスにて、エンタテインメントとして昇華される。

文化渉猟備忘録 映画『七つの会議』感想  この世から、不正は無くならじ!!

滅茶苦茶面白かったです。エンタメ企業ムービーの金字塔ではないでいしょうか。
映画映えするようなアクションなどはないですが、ベテラン俳優陣による顔芸が素晴らしく、それだけで1800円の価値があります。特にネジの伏線やその回収は香川さんの顔芸もあり屈指の名シーンになっています。というより香川さんの顔芸が凄すぎましたね。

社会の独房から 【池井戸潤版スマブラ】映画『七つの会議』感想

エンドロールのくだりとラストシーンも秀逸。壮大なフィクションを描きつつも、現代日本のサラリーマンの悲哀を感じました。
舞台挨拶で萬斎さんが仰っていた通り、何度も繰り返し観たくなる中毒性がありますね。

ゆるりとねっと。 映画「七つの会議」のミッチー寄りな感想:とにかく気弱な原島課長が可愛い。出番も多いよ!

企業の不正や隠ぺいなど現代社会のリアルや、組織の論理や上司の無責任などのサラリーマンあるあるをストーリーに組み入れた「七つの会議」。
顔芸やたっぷりと溜めのあるセリフまわしが大仰で、時代劇チックである。
それが良い。こんな話、非現実っぽく作らないとやり切れない。

けるんエンタメ公会堂 【映画】七つの会議 レビュー ※ネタバレ注意

僕は原作を読んでいないので、ストーリーかなり楽しめました。そして伏線も張られていて後で『あ~!!』と感動することもできました。
原作を読んでいない人は、そのままストーリーの情報を入れずに映画を観ることをお勧めします。僕は前情報なしで観て本当に面白かったので。

THE ENTERTAINMENT DIARIES 絶対観るべき映画『七つの会議』あらすじ(ネタバレなし)・キャスト・評価 間違いなく面白い映画だが池井戸作品の常連な同じキャスティングに疑問

まぁさすがに直木賞作家だけあって、社会派ぽい題材であるもののエンタメよりの物語展開になっているので、楽しめる内容になっている。実際俺も楽しめた。ところどころ笑えるし。

人生半降りブログ 映画 七つの会議 ネタバレ感想 池井戸潤原作のリコール隠し騒動

キャストが豪華すぎたのも微妙。せっかく小泉孝太郎さんや役所広司も登場させてるのに、ほんのチョイ役でもったいない感じ。
スポンサーのTBSがお金出してるな〜とは感じましたが(笑)
ただ、ストーリーが二転三転するのは良かったです。
特に最後は真犯人は誰なんだ!?とハラハラしながら観れました♪
ってことで、七つの会議の評価は★★★☆☆!

RESTART 35 七つの会議のネタバレあり感想!八角や石原部長はその後どうなった?

短絡的で、杜撰で、近視眼的で、無思慮で、幼稚な組織ぐるみの不正のバカらしさを、それを問おうとしないでそのことの責任も取ろうとしない個人の弱さを、その愚かしさの結果がもたらす甚大な被害を、徹底的に戯画化して風刺漫画みたいに提示している映画なんである。

映画にわか 時代劇的キッザニア群像劇『七つの会議』感想文(ネタバレなし)

すべて予告編で想像していた範囲内、いや、むしろちょっとこじんまりしてたかな〜ぐらいに感じました。ガッカリ感は否めません。

映画狂凡人(映画感想ツイート倉庫) 「七つの会議」感想:豪華俳優陣のアンサンブル

やりたいことも言いたいことも理解できるんですが、心にイマイチ入ってこない。
大企業に勤めたことがないからですかね?
厳しい世界(劇中で否定されてましたが)に身を置いたことも、身を置く気もないからですかね?
心に入ってこないのは、おそらく自分が原島なら営業一課長を打診された時にやめる一択しか思いつかないからかな

フレデリカは日本映画ばっかり見ています<ネタバレ> 映画『七つの会議』50点/心にイマイチ入ってこない。

タイトルとURLをコピーしました