映画『マスカレード・ホテル』クチコミ

『マスカレード・ホテル』概要

映画『マスカレード・ホテル』予告映像【2019年1月18日(金)公開】

あらすじ

都内で起こった3件の殺人事件。
すべての事件現場に残された不可解な数字の羅列から、事件は予告連続殺人として捜査が開始された。警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介(木村拓哉)はその数字が次の犯行場所を示していることを解読し、ホテル・コルテシア東京が4番目の犯行場所であることを突き止める。
しかし犯人への手掛かりは一切不明。そこで警察はコルテシア東京での潜入捜査を決断し、新田がホテルのフロントクラークとして犯人を追うこととなる。そして、彼の教育係に任命されたのは、コルテシア東京の優秀なフロントクラーク・山岸尚美(長澤まさみ)。
次々と現れる素性の知れない宿泊客たちを前に、刑事として「犯人逮捕を第一優先」を掲げ、利用客の”仮面”を剥がそうとする新田と、ホテルマンとして「お客様の安全が第一優先」のポリシーから、利用客の”仮面”を守ろうとする尚美はまさに水と油。お互いの立場の違いから幾度となく衝突する新田と尚美だったが、潜入捜査を進める中で、ともにプロとしての価値観を理解しあうようになっていき、二人の間には次第に不思議な信頼関係が芽生えていく。
そんな中、事件は急展開を迎える。追い込まれていく警察とホテル。
果たして、仮面(マスカレード)を被った犯人の正体とは…。

映画『マスカレード・ホテル』公式サイト
タイトルマスカレード・ホテル
上映開始日2019年1月18日
原作東野圭吾
監督鈴木雅之
出演者木村拓哉、長澤まさみ、渡部篤郎 他
公式サイトhttp://masquerade-hotel.jp/

©東野圭吾/集英社
©2019 映画「マスカレード・ホテル」製作委員会

『マスカレード・ホテル』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

本作の印象としてはやはり、
ホテルに訪れる「お客様」と、それに対応するフロントクラークが織りなす人間模様のあれこれが最大の見せ場と言えます。

文化渉猟備忘録 映画『マスカレード・ホテル』感想  まさかの事態発生!!キムタクの「おもてなし」が観られるぞ!!

正論しか存在しない清々しい映画!
この作品の良い所として挙げられるのは、登場人物の殆どの行動原理がすべて理解できる所です。
自分の都合通りに動いてもらえないのは誰だってイライラするものですが、相手も相手で正しい考えのもとに行動しているので当たり散らすこともできず、言葉だけで解決できる「大人のコミュニケーション」だけで成り立っているのでストレスが溜りません。

感想文自由形。 映画「マスカレード・ホテル」感想~フジテレビらしい映画でした!

全体的には、それなりの期待値で行って、それなりに満足して帰れたのかな、という感想です。こういう可もなく不可もなしな作品を見るのも楽しかったりするんですよね。

映画狂凡人(映画感想ツイート倉庫) 「マスカレード・ホテル」感想:プライドのぶつけあいが熱い異業種バディ

結論としては、本作は殺人事件を解き明かすミステリー要素と、ホテルの利用者たちの様々な人間模様を描くヒューマンドラマの要素が匠に交差していて、とてもテンポの良い良作だったと思う。

よくみれば雑食 【映画レビュー】カッコいいキムタクと凛々しい長澤まさみを観るなら『マスカレード・ホテル』で決まり【ちょっとだけネタバレあり】

あと1時間ほど長い映画であればより深みと笑いが上手に共存できた作品になったかと思います。
原作が丁寧に作りこまれている感があったので、事件の経緯などは特にこじつけた感じや違和感はなく終了していました。

双子パパ、カブキのブログ 【一部ネタバレ】映画マスカレードホテルレビュー〜見どころの紹介〜

原作を知っている方だと主演のキムタクの年齢と原作の主人公の年齢とイメージが違いすぎるという理由で忌避感があるようです。
しかし私は未読だったせいか、役柄にもまったく違和感が無くハマり役と言っても問題無いという印象だったと言えるでしょう。

こぐまオトコの日常 マスカレード・ホテル 感想 原作ファンの前評判は悪いらしいが

邦画にしてはかなり作り込まれてる作品だと思いました。
まずは映像がとにかく綺麗。
ずっと観ていられる綺麗さ。
映像だけではなく、音楽も素晴らしかったですね。
なんだか全体的に高級感のある作品ってかんじでした。

YARUBLO 映画2000本観た男が「マスカレードホテル」観てきたのでレビューする。

単純なサスペンスより、サスペンスを通じてホテルマンのあるべき姿、警察のあるべき姿を浮き彫りにするというのは、なかなか面白い視点だなと感じた。

Feel the plant 映画『マスカレードホテル』の感想〜お客様に直接的にコミュニケーションでサービスを提供している職業の人にオススメする映画

娯楽映画らしくテンポがよくて、楽しい133分間でした。
だがしかし『すごく記憶に残る映画』ではなかったです。

サブカル女子の色々感想ブログ 映画『マスカレード・ホテル』ネタバレあり感想・考察。二転三転する面白さ!予想外の犯人に騙された!

面白いけど、響かない。味は薄いが、口に運びやすい。『マスカレード・ホテル』は、そんな娯楽邦画の写し鏡のような一作だ。

ワタリドリの手帖 強固なソフトパワーとしてのキムタク『マスカレード・ホテル』レビュー【ネタバレ】

プロフェッショナルに仕事をする二人が互いを認めていく過程にどこか胸を打たれる。
しかし、まぁテレビドラマの延長を感じる低予算の映画だったなぁ。

モンキー的映画のススメ 映画「マスカレードホテル」感想ネタバレあり解説 多分観たら犯人が誰かすぐわかってしまう気がする。

「物語としては面白かったような気がするが、映画として(演出や映像として)は面白くなかったような気がする」であり、「物語として面白かったような気がするけどよく理解していないし納得してない」

やりやすいことから少しずつ 映画『マスカレード・ホテル』 感想

犯人とおぼしき人物もその中に含まれるがエピソードが多すぎで、肝心の犯人捜しのストーリーラインが完全にぼけてしまっていた。
さらに、そのミステリーの謎解きも、裏の裏をかくのでこんがらがって、正直、分かりにくい。
それはそれは贅沢なスペック映画なのだが、いろいろこねくり回しすぎている。
製作側の熱意や頑張りが裏目にでてしまった感がぬぐえない。

Cineカエル 『マスカレード·ホテル』感想|★★☆☆☆ がっかり

月9(って概念は今もあるの?)を2時間で見せられたようでした。連ドラで時間をかけて展開させたり、3か月かけて視聴者に内容を咀嚼させれば、飲み込めるのかなと思う場面もいくつかありましたが、二時間の映画ではその手法は通用しません。

フレデリカは日本映画ばっかり見ています<ネタバレ> 映画『マスカレード・ホテル』40点/木村拓哉さんvs調子の悪い時の東野圭吾さん/ネタバレ感想と評価

タイトルとURLをコピーしました