映画『空母いぶき』クチコミ

『空母いぶき』概要

『空母いぶき』第二弾予告映像【90秒】(5月24日 全国ロードショー)

あらすじ

20XX年、12月23日未明。未曾有の事態が日本を襲う。沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、わが国の領土が占領されたのだ。海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群に出動を命じた。その旗艦こそ、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》だった。計画段階から「専守防衛」論議の的となり国論を二分してきた《いぶき》。艦長は、航空自衛隊出身の秋津竜太一佐。そしてそれを補佐するのは海上自衛隊生え抜きの副長・新波歳也二佐。現場海域へと向かう彼らを待ち受けていたのは、敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。さらに針路上には敵の空母艦隊までもが姿を現す。想定を越えた戦闘状態に突入していく第5護衛隊群。政府はついに「防衛出動」を発令する。迫り来る敵戦闘機に向け、ついに迎撃ミサイルは放たれた……。

映画『空母いぶき』公式サイト
タイトル空母いぶき
上映開始日2019年5月24日
原作かわぐちかいじ
監督若松節朗
出演者西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼 他
公式サイトhttps://kuboibuki.jp/

©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

『空母いぶき』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

この映画は決して自衛隊を賛美するような映画や、単に「戦争はダメ」というようなチープなテーマ性ではなく、いかにして自分たちに与えられた自衛の権利を駆使して国の平和を守るのかという深いテーマの作品となっていました。

FILMEST 映画『空母いぶき』ネタバレ感想・解説・考察!有事の自衛隊、平和のための選択肢を描いた作品

ストーリーにあれこれ思うところはあれど、海上・海中・空、それぞれに熱くてハラハラの見所があり、総体的に満足だった。日本のおっさん俳優ラブな人たちにはぜひぜひお薦めしたい1本。

映画@見取り八段 『空母いぶき』戦闘と戦争

色々と言いたいことはあるような映画ですが、決して楽しめないような映画ではなかったですね。
戦争はしない、という理念を掲げている日本だからこそ取れた映画だったんじゃないかな、と思います。他の国じゃこんなテーマの作品、なかなか撮れませんよ。

ももやんの避難処 映画「空母いぶき」感想と魅力紹介。日本にしか作ることのできないミニマムな海戦。★★★

過去から現在に至るまで「自衛隊が(架空とはいえ)他の国の軍とガチで戦う映画」はほとんど存在しないので、そういう意味では価値があるんじゃないかと思いました。ツッコミどころは多いですけど(笑)。

ひたすら映画を観まくるブログ 実写映画『空母いぶき』は本当に駄作なのか?(ネタバレあり)

本作は『防衛』と『戦闘』の息詰まる『緊張感』が大切な要素であるにも関わらず、『日常』のシーンに場面転換すると『興ざめ』してしまいます。この点が映画の批評サイト等で評価が低いのだと推察します。

サクラマスになろうぜ! 映画『空母いぶき』の感想と考察

役者に関しては最高の布陣といっても過言はない。それだけに違和感のありすぎる脚本や設定が彼等の素晴らしい演技を邪魔していた。よって数ある原作漫画の映画化の失敗、とまでは言わないが成功と呼ぶには程遠いのは否めない。

エリマキトカゲのソッコー映画 【ネタバレ】映画『空母いぶき』感想|撃沈寸前のベイルアウト作品

基本映画なので、ある程度のファンタジーは前提条件なんだけどリアル系エンターテイメント作品である以上、一定程度のリアルさって絶対必要だと思うんですけど、そこらが全くなくてファンタジーの上にファンタジーを重ねてしまってるので、全然リアル感が感じられなくて、ツッコミとズコーの連続みたいなw

東風に吹かれたい 映画「空母いぶき」レビュー

もともと期待していない映画だったが、その期待値をさらに大きく下回わる映画もめずらしい。封切りで見ることはオススメできない。地上波で放送するのを待って見れば十分。とくに原作ファンはむしろ見ないほうがしあわせというもの。そんな一本です。

退屈な日々 / Der graue Alltag 【映画感想】『空母いぶき』(2019) / 原作とはまったくの別物のオリジナル。リアリティは皆無

タイトルとURLをコピーしました