映画『今日も嫌がらせ弁当』クチコミ

『今日も嫌がらせ弁当』概要

映画『今日も嫌がらせ弁当』予告編 – 2019年6月28日公開

あらすじ

シングルマザーのかおりは、自然と人情が豊かな八丈島で、次女の双葉と暮らしている。可愛い娘が高校生になり反抗期に突入、話しかけても返事すらしない。かおりは娘が嫌がる”キャラ弁”を作り続けて逆襲するが、やがてお弁当は、母から娘への大切なメッセージへと変わっていく。
娘もまた「ウザい」とぼやきながらも、何かを受け取るように一口も残さず食べ続ける。

映画『今日も嫌がらせ弁当』公式サイト
タイトル今日も嫌がらせ弁当
上映開始日2019年6月28日
原作ttkk(Kaori)
「今日も嫌がらせ弁当 改訂版」
監督塚本連平
主題歌フレンズ「楽しもう」
出演者篠原涼子、芳根京子、松井玲奈 他
公式サイトhttp://www.iyaben-movie.com/

©2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会

『今日も嫌がらせ弁当』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

どこまでが本当でどこまでが違うのかはわかりませんが、母と娘の実際にあったお話に脚色を加えていくという意味では見ていて非常にテンポが良い、後うっかり絶対展開が「こうなるだろうな~」の様式美をわかっていても胸に来るというのは少しのノスタルジー(自分が過去に親にお弁当を作ってもらっていた側として、そして誰かに作る身として)を感じるのかなとも思います。

柑橘パッショナート 語らぬ娘vs絶対言わせる母の仁義なき弁当バトル「今日も嫌がらせ弁当」感想

タイトルでマジの嫌がらせ弁当だったらホラーだが、コメディ寄りの家族映画という感じでまさにほっこりする映画。
我々夫婦は笑ったり泣いたりと全編通してかなり楽しめたぞ。私も号泣したが、特に妻は泣いて泣いて、化粧が崩れまくって映画が終わったらほぼすっぴんになっていたほどに泣いていた。笑える。

ステップファザーにできること 映画『今日も嫌がらせ弁当』を妻と一緒に見て号泣した感想・レビュー

はい、そうです。だいたい想像通りです。(誰も何も言ってない。)
多分こういう展開だろうなと思った通りに進んでいきます。良くも悪くもです。
でも良いんですよ。そもそもめちゃくちゃ意外な展開なんて望んでいません。

勝手にオススメ映画レビュー 映画【今日も嫌がらせ弁当】感想 なぜ3年間も続けたのか

ストーリーは王道中の王道。ど直球です。
変化球、捻りは一切なしです。なので、万人受けする作りです。
展開もめっちゃ読めます。その通りになります。
アート的な要素は一切ないです。
でも、こういう王道の映画で、万人を感動させるのが映画づくりでは一番難しいと思ってる私なので、こういう映画好きです。

roninの映画レビュー&けっこう当たる興行成績予想ブログ 「今日も嫌がらせ弁当」 を観た。

勝手なイメージで申し訳ないですが、ブログ書籍の実写映画化って日常をダラダラと続けるだけなのかと思っていました。
それが本作は起承転結もちゃんとしててきちんとしたストーリーになっていた😌
コメディーチックなテンポもいいし、これは!脚本がすごい!

サブカル女子の色々感想ブログ 映画『今日も嫌がらせ弁当』ネタバレあらすじ・感想・レビュー!笑って泣ける親子愛!篠原涼子と芳根京子の演技が魅力!

おもしろかったな。おもしろかったですよ。お弁当はコミュニケーションであり同時にディスコミュニケーション。お弁当は時に愛情、時に暴力。娘は嫌がっているが娘のクラスには自分のキャラ弁がウケていると知った篠原涼子は最終的に期間限定ケータリング業者になってしまうのでなんかすげぇなって感じの映画でした。どんな映画よ。

映画にわか 弁当こわい映画『今日も嫌がらせ弁当』感想文

正直この映画を見て「母は偉大だな」とか「母に感謝しないとな」とは思えませんでした。気楽に見れるという点ではそれはそれで良いんですが、あまり私からはオススメはしません。

KOUTAの映画DASH!! 映画『今日も嫌がらせ弁当』色々盛りすぎ!評価&感想【No.582】

タイトルとURLをコピーしました