映画『居眠り磐音』クチコミ

『居眠り磐音』概要

映画『居眠り磐音』5月17日(金)公開(主題歌入り予告)

あらすじ

坂崎磐音(松坂桃李)は、故郷・豊後関前藩で起きた、ある哀しい事件により、2人の幼馴染を失い、祝言を間近に控えた許嫁の奈緒(芳根京子)を残して脱藩。すべてを失い、浪人の身となった──。

江戸で長屋暮らしを始めた磐音は、長屋の大家・金兵衛(中村梅雀)の紹介もあり、昼間はうなぎ屋、夜は両替屋・今津屋の用心棒として働き始める。春風のように穏やかで、誰に対しても礼節を重んじる優しい人柄に加え、剣も立つ磐音は次第に周囲から信頼され、金兵衛の娘・おこん(木村文乃)からも好意を持たれるように。そんな折、幕府が流通させた新貨幣をめぐる陰謀に巻き込まれ、磐音は江戸で出会った大切な人たちを守るため、哀しみを胸に悪に立ち向かう──。

映画『居眠り磐音』公式サイト
タイトル居眠り磐音
上映開始日2019年5月17日
原作佐伯泰英「居眠り磐音」
監督本木克英
出演者松坂桃李、木村文乃、芳根京子 他
公式サイトhttp://iwane-movie.jp/

©2019映画「居眠り磐音」製作委員会

『居眠り磐音』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

衣裳や言葉遣い、切なさ、人情、勧善懲悪といった本格的時代劇の要素を守りながら時代劇初主演の松坂桃李はじめ若手実力派俳優たちが出演し本木克英監督のテンポのよい演出と美しい映像が印象的なNEW時代劇エンターテインメント。

MAX真吉の中年真っ只中~! 「居眠り磐音」感想(ちょいネタバレあり)

正統派のエンタメ映画です。
先ず、観客を楽しませよう、そういう意図がが見られる作品です。
笑いあり、涙あり、苦悩あり、チャンバラあり、陰謀あり、恋あり、と、兎に角、エンタメ要素がてんこ盛り。
これを、時代劇として、2時間以内に、破綻無くまとめているというのが、凄い所。
純粋に、物語が楽しめる作品です。

文化渉猟備忘録 映画『居眠り磐音』感想  イケメンが、肩肘張らずに悪を成敗!!これが真・ネオ時代劇!?

なにより作品事態の物腰も柔らかいから誰もが楽しめますね。今までの堅苦しいイメージがあった時代劇がこうも簡単にひっくり返るとは思いませんでしたね。
まさに今までの時代劇のイメージをぶった切った映画と言って良いでしょう!

KOUTAの映画DASH!! 映画『居眠り磐音』2019年邦画の傑作!この時代劇最高かよーーー!!!評価&感想【No.570】

邦画で時代劇は年に数本程度作られるが、居眠り磐音は特によく出来ている。
松坂桃李さん目当てで見に行っても損は無いしで中々良い作品に出会えたと思った、見に行ってよかった作品だった。

おひとり様の日常 映画レビュー:居眠り磐音

なかなか点と点が結ばれず、線になりきれないところがある。しかしそれはクライマックスのとある幻想的かつ残酷な場面で一気に集結していくことになる。ここはとても素晴らしかった、というか、この着地点が見えて初めてこれまで描かれてきた磐音のドラマにどしっと厚みが生まれる。

映画狂凡人(映画感想ツイート倉庫) 「居眠り磐音」感想(ツイッターより再掲)

ストーリーの流れ、江戸の町の再現。どれを取っても今作「居眠り磐音」は成功ではないでしょうか。時代劇ファンの人も納得出来る作品となっている事だと思います。松坂桃李ファンなら大満足出来るのではないでしょうか。

近畿地方から送るゆるーいブログ 『映画・ネタバレ有』松坂桃李主演映画「居眠り磐音」を観てきた感想とレビューを書いていきます!

磐音というキャラクターがとても魅力的で好きになる時代劇としても観やすくてわかりやすい面白い作品でした

何もかもが滑稽 映画「居眠り磐音」感想 磐音というキャラが魅力的 それだけで好きになれる映画

今までは時代劇という括りだけで敬遠してましたが、イメージがガラッと変わりました。
この時代劇、面白い。
内容も時代劇初心者には理解しやすいものとなっているのですごく観やすかったです。
なにより磐音始め登場人物たちの心情がとても丁寧に描かれており感情移入しやすかったですね。

映画小僧のこれだけは言いたい 映画『居眠り磐音(いねむりいわね)』 感想 あらすじ ネタバレ 〜切ないほどに、強く、優しい。が最も似合う男の時代劇〜

時代劇初心者にも優しい『居眠り磐音』ですが、率直に感想を言うと、可もなく不可もなくといった感じ。
原作が全51巻で壮大なため、映画ではほんの最初の部分だけを描いたのでしょう。分からないことが多すぎてモヤモヤして終わりました。

サブカル女子の色々感想ブログ 映画『居眠り磐音』ネタバレあり感想・考察・レビュー。松坂桃李が時代劇でヒーローを演じる!モヤモヤするラストに続編希望!

この映画は熱狂的な磐音ファンに気を使いすぎたように思う。主人公に松坂桃李さんを選んだのは申し分ないのだが。全体を通して迫力に欠けたホームドラマになってしまっている・・・残念。

辰々のお薦め映画とベストテン 映画「居眠り磐音」感想・評価:迫力不足、テレビドラマの総集編のような出来では寂しい

タイトルとURLをコピーしました