映画『いちごの唄』クチコミ

『いちごの唄』概要

映画『いちごの唄』予告編 2019年7月5日(金)公開

あらすじ

コウタは不器用だけど優しい心を持つ青年。たったひとりの親友・伸二は、中学生の頃2人が“天の川の女神”と崇めていたクラスメイトの千日を交通事故から守り亡くなった。10年後の七夕、伸二の命日。コウタと千日は偶然高円寺で再会する。「また会えないかな」「そうしよう。今日会ったところで、来年の今日・・・また。」毎年ふたりは七夕に会い、環七通りを散歩する。しかしある年、千日は伸二との過去の秘密を語り「もう会うのは終わりにしよう」と告げる・・・。

映画『いちごの唄』公式サイト
タイトルいちごの唄
上映開始日2019年7月5日
原作峯田和伸「いちごの唄」
監督菅原伸太郎
主題歌銀杏BOYZ
出演者古舘祐太郎、石橋静河、峯田和伸 他
公式サイトhttp://ichigonouta.com/

©︎2019「いちごの唄」製作委員会

『いちごの唄』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

この映画は派手なストーリー展開はしない。盛り上がるような展開もない。登場人物たいが「救いあう」ことで少しだけ進展しているが、日常を描いているような話。
人によっては退屈に感じるかもしれない。面白みがないかもしれない。でも、自分はこの映画を魅力的だと感じた。心に残る映画だった。

おとにっち 映画「いちごの唄」は銀杏BOYZファンにしかオススメできない〜ネタバレなし・感想・レビュー〜

悪意のない世界を信じたくなる。インスパイア戻るとなった銀杏BOYZの世界観は正直よく知らないが、少なくともこの映画には、コウタの見る世界には、愛がたくさんある。困った人がいたら手を差し伸べる、右の頬を打たれたら左の頬も差し出すような人間だ。純粋なファンタジーである。

映画狂凡人(映画感想ツイート倉庫) 「いちごの唄」感想(ツイッターより再掲)

主人公のコウタ(古館佑太郎)のキャラが濃いので、そこが好き嫌いの分かれ道。
うざいのが我慢できれば、この映画はすんなり没入できます。

とうしゅうのブログ 映画「いちごの唄」感想ネタバレ

子どものまんま大人になったようなコウタと闇を抱えながら大人になった千日の絶妙な絡みが癖になります。
なんかズレてるように見える2人、そんな2人だからこそ行き着くラストは何かグッと来るものがありました。

メディア・ホリック 【ネタバレ有】映画『いちごの唄』はあの頃の感情全部入りの青春映画だ!

2018年に発売された小説版は個人的に大好きな作品だったので期待しすぎてしまった感も否めません。
この映画版もストーリーは小説版と同じなので、ストーリーは良いんですよ。
だけど演出が全体的に自分の好みではなかった、といった感じです。

しそログ 【映画感想】「いちごの唄」銀杏BOYZファンとしては満足、映画ファンとしてはイマイチな出来な一本【ネタバレあり】

タイトルとURLをコピーしました