映画『引っ越し大名!』クチコミ

『引っ越し大名!』概要

映画『引っ越し大名!』予告90秒 8月30日(金)荷造り開始!

あらすじ

姫路藩書庫番の片桐春之介(星野源)は、書庫にこもりっきりで人と話すのが苦手な引きこもり侍。
あるとき、藩主の松平直矩なおのり(及川光博)は、幕府に姫路(兵庫)から日田(大分)への国替え(引っ越し)を言い渡される。当時の引っ越しは全ての藩士とその家族全員で移動するという、桁外れの費用と労力がかかる“超難関プロジェクト”。しかも藩の財政は逼迫しているため、引っ越しを成功させるためには家財を減らし、人も減らし(リストラ)、さらには商人から借金までしなければならない。全ては国替えの総責任者、【引っ越し奉行】の手腕にかかっている。お国最大のピンチに、いつも本ばかり読んでいるのだから色んな知識があるだろうと、なんと春之介に白羽の矢が立った!
突然の大役に怖気づく春之介は、幼馴染で武芸の達人・鷹村源右衛門(高橋一生)や前任の引っ越し奉行の娘である於蘭(高畑充希)に助けを借りることに。こうして前代未聞の引っ越し準備が始まった!
移動人数10,000人!距離600km!予算…なし!?
果たして春之介はこの超難関プロジェクトを知恵と工夫で無事に成し遂げ、国を救うことができるのだろうか?!

映画『引っ越し大名!』 公式サイト
タイトル引っ越し大名!
上映開始日2019年8月30日
原作土橋章宏「引っ越し大名三千里」
監督犬童一心
主題歌ユニコーン「でんでん」
キャスト星野源、高橋一生、高畑充希 他
公式サイトhttp://hikkoshi-movie.jp/

© 2019「引っ越し大名!」製作委員会

『引っ越し大名!』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

とっても分かりやすいし、難しい言葉も出てこないし、めっちゃ人斬るのに血が出ない・・・!
老若男女誰もが楽しめるコメディー時代劇でした。
分かりやすい勧善懲悪で、エンタメ時代劇のお手本のような作りであった。

サブカル女子の色々感想ブログ 映画『引っ越し大名!』ネタバレ感想・レビュー!エンタメ時代劇のお手本!星野源の童貞力と高畑充希の歌唱力がすごい!

上手くまとまっている。良作です。
コメディではあるものの涙腺何度も決壊しました。
テンポも良く最後まで飽きさせません

とうしゅうのブログ 映画「引っ越し大名」感想ネタバレ

原作者であり、本作の脚本も務めた土橋章宏は時代小説の常識を打ち破るコミカルながらも、史実や時代背景に基づいた世界観の作りこみ、現代人の「プライド」や「覚悟」といったものとは異なるいわゆる「武士の矜持」や「武家の誇り」を巧妙に描き出しています。

Cinemarche 映画『引っ越し大名!』ネタバレ感想レビューと評価。高橋一生がこれまでにないキャラで演じた鷹村源右衛門に感服!

痛みもあるけれど、苦難を努力とアイデアで乗り切るというところがリアリティが合って面白かったです。
時代劇を見慣れていなくても、丁寧にナレーションが入っているのでわかりやすく、深刻な状態だけどコメディータッチで表現されているから笑えるポイントもたくさんあります。

陽だまりのひなた 映画『引っ越し大名!』ネタバレ感想|理想の上司がいっぱい出てくる!

このジャパニーズオデュッセイアの涯てに成長する星野源は、まるでブラック企業を生き抜いて黒いマインドに支配されていくようでこれまた腹を抱えました。ブラック企業も真っ青な悪魔っぷりに抱腹絶倒でした。

CHE BUNBUN 『引っ越し大名!』ブラック企業すぎる藩の策略に涙が出る

シリアスさは小説だとより感情が伝わってくるものになっているのではないかなと思う。映画だと、どうしても動きのないギャグの方が強く印象付けられてしまうため、個人的にはあまり映画化向きではなかったのかなと思ってしまった。

ミーアキャットスペース コメディというにはあまりにもチープ 映画『引っ越し大名!』評価・ネタバレ感想!

映画を見ている間の8割くらいは退屈すぎて早く帰りたいなーと思っていたのですが、残りの2割の見事さによってほどよく中和してくれました。
とはいえ8割の退屈さはちょっとどうにかしてくれると嬉しいなって思います。
完璧に面白い映画とは程遠いかなと思いますが、まあとにかくまとめ方がひたすらうまいです。

NITABI 映画「引越し大名!」あらすじネタバレ感想&評価がなかなか難しい映画

タイトルとURLをコピーしました