映画『フォルトゥナの瞳』クチコミ

『フォルトゥナの瞳』概要

映画『フォルトゥナの瞳』予告1

あらすじ

幼少期に飛行機事故で家族を失った【木山慎一郎】(神木隆之介)は、友人も恋人も作らず仕事のみに生きてきた。しかしある日、「死を目前にした人間が透けて見える能力」―フォルトゥナの瞳―を持っていることに気づき、生活が一変してしまう。自分の力に苦悩する日々の中、偶然入った携帯ショップで【桐生葵】(有村架純)に出会う。明るく、自分に夢や自信を与えてくれる彼女に心惹かれていき、孤独だった慎一郎の人生に初めて彩りが生まれる。互いに惹かれ合った2人は幸せな日々を過ごしていくが、それもつかの間、突然街ゆく人々が次々と透け始めてしまう。そして、ついには葵までもが― 
「人は朝起きてから夜寝るまで9000回何かを選択している―」(劇中より)
愛する人の“死の運命”が見えた時、慎一郎は何を選択するのか。心震えるラストが待ち受ける―

映画『フォルトゥナの瞳』公式サイト
タイトルフォルトゥナの瞳
上映開始日2019年2月15日
原作百田尚樹
監督三木孝浩
出演者神木隆之介、有村架純、志尊淳 他
公式サイトhttp://fortuna-movie.com/

©百田尚樹/新潮文庫社
©2019「フォルトゥナの瞳」製作委員会

『フォルトゥナの瞳』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

選択の連続で生きていることを実感した1日。
運命というのは日々の選択で少しずつ変化しており、しっかりと自分の意思を持って自分で決めて生きていこう!そう思えた映画。
ただのラブストーリーとは思えなかったです。

ミニマリストひろのブログ 映画「フォルトゥナの瞳」の感想・人は1日に9000回の決断をしている!

もしも、自分の大切な人の死が見えたらあなたならどうするだろうか?という選択をこの作品に尋ねられた気がしました。
そのくらい内容の濃い作品でした。
ストーリーの分かりやすさ、俳優の演技ともに非常に良い作品だと思います。

ショウボックスシネマ 映画「フォルトゥナの瞳」あらすじと感想

神木龍之介の自然で柔らかい演技は見ていて心地が良いし、何と言っても、大音量で流れるONE OK ROCKが歌う主題歌(予告でも流れてる曲)が最高でした。
2人が幸せそうに過ごすシーンがピュアすぎてたまらんです。
あまりに幸せそうで、心なしか映画のスクリーンがまぶしかったです(笑)

脱力のすすめ 『フォルトゥナの瞳』ま、まぶしい・・・(ネタバレ感想)

フォルトゥナの瞳。
主役の2人を引き合わせた大事な能力ではあるんだけど、なんというか、
もうそんなことはどうでもいいです。
だってこの映画は、神木隆之介と有村架純がイチャイチャしてるのをニヤニヤしながら見てるだけの映画だからです。

勝手にオススメ映画レビュー 映画【フォルトゥナの瞳】感想 神木隆之介、有村架純共演

内容はもともと知っていたのですが、神木隆之介さんと有村架純さんが演じている姿をスクリーンで観ると、本では感じられないリアルな心情などが表現されているのですごく見入ってしまいました。

映画とドラマとアニメ好き フォルトゥナの瞳 感想

とても良い映画でした。
まぁ、「フォルトゥナの瞳」の設定はまんまデスノートの「死神の目」ですが大丈夫です。(?)
運命ってなんなんだろうとか、有村架純かわいいなとか、ぼくも有村架純と恋人関係になりたいな、とかいろいろなことを考えさせられる映画です。

ぐんまのちからってすげー!! 【映画】フォルトゥナの瞳あらすじ・感想

本編全般。なんかこう、、、、冗談みたいにいろいろと軽い
原作の百田尚樹さんを私が知ったのは、大ヒットした映画「永遠の0」からでした。(未視聴)
そのあまりのヒットぶりから、重厚なものを書く人って認識があったのですが、私とは合わないのかもしれませんね。

フレデリカは日本映画ばっかり見ています<ネタバレ> 映画『フォルトナの瞳』40点/有村架純さんがかわいく、斉藤由貴さんがきれいだった

”選択”という言葉がキーワードになると思って鑑賞したものの、正直「こんなものか」という感じでした。
でも、この映画嫌いではないです。
なぜなら、主演2人がお似合いだったから。
出演者同士の空気感というか、雰囲気が映画には重要なんだなということを思いました。

ケンケンの映画ブログ 映画『フォルトゥナの瞳』後半ネタバレあり感想|人は1日に9,000回の選択をする

自分はちょっとひねくれているとこがあって、こういう恋愛ものの映画は先を予測しながら読んでしまいます(笑)
ちょっとひねくれている自分の意見としては、予想どうりのストーリー という感想を持ちました。

Reminder (ネタばれ注意) フォルトゥナの瞳を見てきた

とても良い映画だと思います。間違いなく世間一般の大衆が見ておもしろい!と思える題材であるし、それをきちんと面白いものに完成できると思いました。でも、けれど当分恋愛要素のある邦画は当分見なくて良いなと思いました。あまりにも甘すぎる。

元ひきこもりは頑張る -ヒモリ- 映画「フォルトゥナの瞳」感想

タイトルとURLをコピーしました