映画『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』クチコミ

『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』概要

【公式】『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』6.21(金)公開/本予告

あらすじ

「この人が死んだ時、僕は泣いたりするんだろうか」 ── 父親の背中を見ながら、心の中で呟くアキオ(坂口健太郎)。広告代理店に 勤めるアキオは、ずっと単身赴任中だった父の暁(吉田鋼太郎)のことを何も知らない。そもそもアキオが子供の頃から、典型的な仕事人間の父はいつも出張ばかりだった。たまに家にいる時も、ムスッと押し黙ってテレビを睨んでいる。そんな父が、突然会社を辞めて、家へ戻って来た。何があったのか一切語らない父に、母の由紀子(財前直見)も妹の美樹(山本舞香)も困惑するばかり。
父のことが知りたい、そう思ったアキオは、ある計画を閃く。すっかり忘れていたが、父と遊んだ思い出が一つだけあった。かつてゲーム「ファイナルファンタジーIII」で一緒に戦ったのだ。アキオは今自分がプレイしているオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」に 父を誘い、正体を隠して共に冒険へ出ようと考える。アキオは顔も本名も知らないからこそ、本音で語り合えるゲーム仲間たちに協力を依頼する。

~中略~

仲間たちと、さらに胸躍る冒険へと突き進む父とアキオ。「もっと、感動したいです」とコメントする“インディ”に、“マイディー”は 最強の敵への挑戦を持ちかける。アキオはこの勝負に勝ったら、自分の正体を明かすと決めていた。だが、約束の金曜日の21時、思いもかけない出来事が二人を待ち受けていた──。

『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』公式サイト
タイトルファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
上映開始日2019年6月21日
原作マイディー「一撃確殺SS日記」
監督野口照夫
主題歌GLAY「COLORS」
出演者坂口健太郎、吉田鋼太郎 他
公式サイトhttps://gaga.ne.jp/hikarinootosan/

©2019「劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会
©マイディー/スクウェア・エニックス
©GAGA Corporation. All Right Reserved.

『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

「ファイナルファンタジー XIV」をプレイした事がなく、映画の基になった原作、2017年4月-5月で放送されたテレビ版も見た事も無く、予備知識無く鑑賞したが、とても楽しめました。
父親のゲーム中の素直な行動に思わず笑ってしまい、そして物語のクライマックスにちょっと切なくなり家族の愛情に胸が熱くなる、そんな映画でした。

しげシネマ 〜 気のみ気のままに映画日和 〜 劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

現実世界とは違うネットの世界で、ネットの中ならではの世界が出来上がっていて、現実世界では出来ない関係もネットでは出来たりとネット世界の良い面が見えていてよかったです。

テレビみた 光のお父さん 映画版ネタバレ あらすじと感想ほっこりする良い結末だった。

本作は世界を救う物語としてのファイナルファンタジーXIVの話ではなく、ファイナルファンタジーXIVを通して人と人の繋がりを描く物語です。
現実では会話もかみ合わずお互い何を考えているか分からなかった父と息子が、ゲーム内のキャラクターとしてエオルゼアの中で普段と違った一面を見ることによって理解を深めたり、家族には話せない心の内を話したりします。

The disport LODESTONE 『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』を観に行ってきました。

作品を通して笑いや感動も多い映画ですし作品の題名としては「ファイナルファンタジー」が入っていますが僕自身もそうでしたが「ファイナルファンタジー」のゲームをやっていない方でも普通に理解できて楽しむことができる作品となっています。
老若男女問わずおすすめできる作品であることは間違いないです。

mementojk.blog オンラインゲームは素晴らしい!『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』感想(ネタバレ)

アキオ目線から観ても、父目線から観てもこの映画は面白い。お互いテーマがあるし、しっかり回収されているんですよね。
~中略~
家族と一緒に観に行けたら、とても楽しいんじゃないですかね。ぜひ家族にもすすめてみたください。

だるくてふつう 劇場版「光のお父さん」観てきたので感想

ゲームと家族の絆を繋げて見せるのは日本らしい発想だと思いますし洋画ではこういうのは無いと思います
笑いもあるし感動もあるし心がとてもほっこりする映画でした

何もかもが滑稽 映画「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」感想 感動と笑いが良いバランス

ファイナルファンタジーXIVをやってれば更に面白かったんだろうなぁ、とはちょっと思いました。誰かがレビューで書いていたけど、新しい形のご当地映画ってのがまさにそうで。ある意味聖地巡礼がしたくなっちゃう(つまりFFXIVをやりたくなっちゃう)映画になっていたのが良かったと思います。

年間100本以上!観た映画は全部感想を載っけます。トムの素人映画批評 「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」☆☆☆☆☆

作品全体としてはなかなか面白い映画だったと思います。
すれ違っていた父と息子の心の距離が徐々に縮まっていくストーリーは力強く王道的な感動がありました。
ただ、FF14というかオンラインゲームの予備知識がないと「何がなにやら?」となるかもしれないので万人向け映画とはいえませんね。
特に劇中の”お父さん”くらいの年配の人には敷居が高いかもしれないですね・・・。

ヴァニラ・アイスはプラチナの夢をみるか? 『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019)』

原作のマイディーさんのブログを見て育ったので、ドラマ、劇場版に連れて色々と脚色・改変されていくのが悲しかったですね。1人の子供と1人の親、その人生・歴史・想いをそのまま見たかったというか・・・。

ばらうる。 映画『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』ネタバレ感想!

タイトルとURLをコピーしました