映画『Diner ダイナー』クチコミ

『Diner ダイナー』概要

映画『Diner ダイナー』本予告【HD】2019年7月5日(金)公開

あらすじ

極上の料理目当てに殺し屋が集い、狂気に満ちた食堂。
”命がクズ同然”な食堂で、天才シェフ<ボンベロ>は欲望も、生死も、支配している。
しかし、平凡な女<カナコ>が迷い込んだ日から、クセモノ殺し屋たちの本能を極限まで刺激する殺し合いのゲームがはじまる。

映画『Diner ダイナー』オフィシャルサイト
タイトルDiner ダイナー
上映開始日2019年7月5日
原作平山夢明
監督蜷川実花
主題歌DAOKO×MIYAVI「千客万来」
出演者藤原竜也、玉木ティナ、窪田正孝 他
公式サイトhttp://wwws.warnerbros.co.jp/diner-movie/

©2019 「Diner ダイナー」製作委員会

『Diner ダイナー』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

小道具一つにまで蜷川実花色が行き届いていて、誰がどう見たって蜷川実花作品でした。
面白かったです。嫉妬もしました。
蜷川実花さんは、その場で個性を磨きながら、時計の針を待つのではなく、時計の針の首根っこを掴んで腕力でもって強引に自分のところに引っ張ってくるパワフルさがあって、そこに表現者としての強欲さと、監督としての責任感と母性が垣間見えて、僕は大好きです。

西野亮廣ブログ キンコン西野が嫉妬した映画『ダイナー』

サスペンスとしてみるとかなり拍子抜けだったり、豪華すぎるキャストは人脈自慢にすら見えてくるほどの無駄遣いだったりもしましたが僕は好きな作品です。褒めるところよりも粗の方が多いのになんでだろうなぁ…w

映画鑑評館 ネタバレ&感想!映画『Diner ダイナー』蜷川ワールド炸裂の世界観も、豪華キャストは無駄遣い?

殺し屋の話なのに意外とグロテスクな描写も少ないのでお子様でも安心して見れると思います(責任はとらない)
脚本的にも演出的にもかなりアレな内容だったんですが、何とか映画として楽しめる事が出来たのはキャスト陣の熱演と魅力のおかげだと思います。彼らは本当に凄かった。

社会の独房から 「俺はぁぁぁ! ここのぉぉぉ! 王だっ!」映画『Diner ダイナー』感想

蜷川実花監督と聞いて真っ先に思い浮かべるのは”芸術的な作風”です。
この映画でも監督の芸術性は炸裂しており、演出は華やかなので”陽“の要素が強いです。
しかし、映画の内容は非常に血生臭いもので”陰“の要素が強いです。
この”陰陽”の関係は一見ミスマッチを起こす組み合わせのように見えますが、非常にマッチしていたので観やすかったです。

ケンケンの映画ブログ 映画『Diner ダイナー』ネタバレあり感想|玉城ティナはオオバカナコ(大馬鹿な子)ではない?

一言でいうと、監督蜷川実花の芸術作品でした。
作品を見る前は「濃いキャラがたくさんいてハチャメチャな感じかな~」と思っていました。
まああながち間違いではなかったけど、目的がはっきりしていて、ただ派手なシーンがあるだけじゃなかったので予想よりも面白かったです。

ホムログ 映画「Diner ダイナー」ネタバレ感想/俺はここの王だ!

想像以上に窪田正孝さんのスキンを堪能できて満足したので、期待値はプラマイゼロになったかなぁ~という感じです。
期待しすぎず、豪華キャストの高レベル顔面偏差値と映像美を眺めに行くんだ~程度のテンションで観に行くことをオススメします!!

おたくららいふ 映画「Diner ダイナー」ネタバレ感想!ストーリー展開の仕方はイマイチだけど、それを補う魅力もある!

小説版、漫画版が好きな人にはおすすめできないかなぁ…と思いました。良くも悪くも監督の色が強く出すぎてて。小説版が好きな人は店のイメージとか固まってないからいいのかな?でもあれはちょっとやりすぎ感が否めないよ……。

OHABEST 【ネタバレ感想】映画「Diner ダイナー」はつまらない!原作の面影はなく考えたら負けの駄作

映像の派手さもなく、物語はとにかく虚無で唐突。
魅力たる色が抑えたことで蜷川実花の映画監督としての技量の低さが露見したような作品。

SayGo’s映画批評 映画超雑レビュー「Diner ダイナー」28点 虚無な2時間!圧倒的退屈な映像と物語!

久しぶりでしたよ、映画を観て感情が死んでいくタイプのやつ。原作は漫画にもなるほど約束された傑作、しかも藤原竜也をはじめ窪田正孝や本郷奏多など実力派の豪華キャストを起用していてどう転んでも面白くなる要素しかないこの作品を、よくここまで面白くなくつまらなく仕上げられたなあ、と。ほんとになんでこうなったんだろう…。

本当の戦いはここからだぜ 【感想】『Diner ダイナー』が全然面白くなかった理由を3000字にまとめてみた。

たぶん私が映画好きの方から今後ないであろう「映画のなかでキャラクターをしっかり描かれてないくて、中身がない映画ってありますか?」という質問が来た場合たぶん数ヵ月はこの作品を推すと思います。

KOUTAの映画DASH!! 映画『Diner ダイナー』今度の藤原竜也は元殺し屋の料理長!評価&感想【No.585】

タイトルとURLをコピーしました