映画『小さな恋のうた』クチコミ

『小さな恋のうた』概要

映画『小さな恋のうた』予告

あらすじ

沖縄の小さな町。日本とアメリカ、フェンスで隔てられた二つの「国」が存在する場所。そこでは、ある高校生バンドが熱い人気を集めていた。自作の歌を歌いこなし、観るものを熱狂させるその実力で、東京のレーベルからスカウトを受け、なんとプロデビューが決まる。しかし、喜びの絶頂で盛り上がる彼らに一台の車が突っ込み、バンドは行く先を見失ってしまう。そこに現れた、一曲のデモテープと、米軍基地に住む一人の少女。それらによって、止まった時計の針は前に進み始める。フェンスの向こう側に友の“想い”を届けるため、彼らは再び楽器を手に取り立ち上がる―。

映画『小さな恋のうた』公式サイト
タイトル小さな恋のうた
上映開始日2019年5月24日
監督橋本光二郎
主題歌MONGOL800「小さな恋のうた」
出演者佐野勇斗、森永悠希、山田安奈 他
公式サイトhttp://www.chiikoi.com/

©2019「小さな恋のうた」製作委員会

『小さな恋のうた』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

この映画は、沖縄県民でも反対運動をしている人、それをみて何に対して怒っているのか?と感じる人、基地で働く人県民の目線、さらに基地所属の米軍兵の家族目線もあり、とても多方面から基地問題を捉え、考えさせられる内容だなとも感じました。

電気の犬 映画「小さな恋の歌」感想!

歌の世界観を上手く映画にしてると思います。
正直、ちょっとセリフがクサかったり、演出がクサかったりするところもあるにけど、特に引きもせず、気にならなかった。
若干もやもやする展開ではありましたが、十分に面白かった。

roninの映画レビュー&けっこう当たる興行成績予想ブログ 「小さな恋の歌」を観た。

「青春!!!」
この映画はこの一言に尽きると思いました。

彩りゴコロ、彩り日和 小さな恋のうた【映画】原作結末ネタバレと感想!衝撃の真実に釘付け!

観たあかつきには、この脚本を書いた平田研也さんにぜひ盛大な拍手をお願いします。本当に評価されて欲しいし、評価されるべき脚本だと思います。できれば、日本アカデミー賞の脚本賞も受賞してほしいくらい。とにかく素晴らしいの一言です。

Subhuman 【ネタバレあり】映画『小さな恋のうた』感想【もっと観られて評価されるべきだろ】

よく考えたら突っ込みどころも多そうだし、完璧な映画という訳ではないんだけど、そんなことも忘れる位素晴らしいシーンがたくさんあったので全体的には大満足!スルーしないで良かった。

note なんすけ 小さな恋のうたの感想(ネタバレあり)

タイトルとURLをコピーしました