映画『アルキメデスの大戦』クチコミ

『アルキメデスの大戦』概要

映画『アルキメデスの大戦』予告【7月26日(金)公開】

あらすじ

1933年(昭和8年)。欧米列強との対立を深め、軍拡路線を歩み始めた日本。海軍省は、世界最大の戦艦を製造する計画を秘密裏に進めていた。だが省内は決して一枚岩ではなく、この経過に反対するものも。「今後の海戦は航空機が主流」という持論を持つ海軍少将・山本五十六は、巨大戦艦の建造がいかに国家予算の無駄遣いか、独自に見積もりを算出し一切の情報は、建造推進派の者たちが秘匿している。必要なのは、軍部の息がかかっていない協力者…。山本が目を付けたのは、100年に一人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂直。ところがこの櫂という男は、数学を偏愛し、大の軍隊嫌いという一筋縄ではいかない変わり者だった。頑なに協力を拒む櫂に、山本は衝撃の一言を叩きつける。
「巨大戦艦を建造すれば、その力を過信した日本は、必ず戦争を始める」…この言葉に意を決した櫂は、帝国海軍という巨大な権力の中枢に、たったひとりで飛び込んでいく。天才数学者VS海軍、かつてない頭脳戦が始まった。同町圧力と妨害工作のなか、巨大戦艦の秘密に迫る櫂。その艦の名は、【大和】…

映画「アルキメデスの大戦」公式サイト
タイトルアルキメデスの大戦
上映開始日2019年7月26
原作三田紀房
監督山崎貴
出演者菅田将暉、舘ひろし、柄本佑 他
公式サイトhttps://archimedes-movie.jp/

©2019「アルキメデスの大戦」製作委員会
©三田紀房/講談社

『アルキメデスの大戦』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

数字を愛し信じた彼が、数字が生み出す技術の魔力に魅入られ、戦艦の建造に取り付かれる姿は、フランケンシュタインを生み出した、マッドサイエンティストそのものです。
同時に数字に未来を託し、日本を捨てアメリカに新天地を求めようとしたはずの彼が、日本的な情緒に取り付かれ、大和沈没という悲劇に加担する姿も印象的です。
数字を偏愛する合理主義者である彼を虜にした、兵器の持つ魔力、日本的な価値感とは何だったのでしょうか。

Cinemarch 映画『アルキメデスの大戦』ネタバレ感想と解説レビュー。巨大戦艦の建造と戦争を天才数学者は阻止できたのか⁈

物語のオチも面白かった。まぁ、そもそものストーリー設定がよく考えられていて(元になった漫画は未読なのでどこまで原作に忠実なのかはわかりませんがー)

三角絞めでつかまえて アルキメデスの大戦(ネタバレ)

この面白さ、計算できなかった。。。 
完全に想定外で予想外!! 
ゴリゴリアクションの戦争映画と思いきや、戦艦大和の闇を暴く謎解き映画だった!! 
謎解き要素も楽しいけど、菅田将暉と柄本佑のオフビートなバディ感も実に良かったぞ!!! 

Machinakaの日記 映画「アルキメデスの大戦」ネタバレあり感想解説と評価 黒板の数式が本当に正しいか実証!見積計算ツールも作ってみた!

日本が戦争にむかっていく時代にこんなことがあったのかもしれないなぁ。と思わせるようなお話でした。
実際のところはわかりませんが、こういう風な考えを持っていた人は少なからずいたのではないか?と思います。
冷静に世界情勢などを分析すれば頭のいい人には未来は見えていたはず。

happy-life〜毎日をハッピーに~ 映画 アルキメデスの大戦 感想※ネタバレあり

今作は本当に戦争映画によくある堅苦しさ、小難しさをあまり感じませんでした。
でも戦争映画らしい大迫力の戦闘シーン、平和に対するメッセージ性もしっかりあるので、戦争映画だからと今まで見てこなかった方も、これを機に一度鑑賞して、楽しみつつ、戦争について、平和について、これから日本がどうあるべきかについて、考えてみてはいかがでしょうか。

ボクテクンの備忘録 映画「アルキメデスの大戦」ネタバレあり感想&評価

『戦争を止めようとしていた天才数学者がいた』という“斬新な視点”で描かれた戦争映画。わたしは、面白かったです。

サブカル女子の色々感想ブログ 映画『アルキメデスの大戦』ネタバレあり感想・レビュー!結末を知りながら見る頭脳戦は果たして面白いのか?

賛否両論はある作品ですが、私は隅から隅まで十分に楽しめました。
欲を言えば、このラストシーンまでの間にあっただろう櫂の日々をまた違う形で見てみたいです。

映画の虜 映画【アルキメデスの大戦】ネタバレあらすじ!大和を巡る水面下の攻防!感想評価も

丁々発止と議論を展開する様子や、当時の置かれている状況が今の日本にあまりにも酷似していて皮肉すら感じました。
そして終盤の価値観がひっくり返る展開…実に面白かったです。
これはもう一度観たいですね。

逆転いっしゃんログ 映画「アルキメデスの大戦」感想!ラストで価値観がひっくり返る快感

監督・福澤克雄、VFX技術監督・山崎貴ならもっと面白かったろうに。
戦争映画の仮面をかぶった半沢直樹で主人公は湯川学だったよ!!

モンキー的映画のススメ 映画「アルキメデスの大戦」感想ネタバレあり解説 戦争映画の仮面をかぶった半沢直樹だったよ。

タイトルとURLをコピーしました