映画『十二人の死にたい子どもたち』クチコミ

『十二人の死にたい子どもたち』概要

映画『十二人の死にたい子どもたち 』予告(4番解禁後)【HD】2019年1月25日(金)公開

あらすじ

その日、12人の未成年たちが、安楽死を求め廃病院の密室に集まった。「みんなで死ねば、怖くないから」ところが、彼らはそこで13人目のまだ生あたたかい死体に遭遇。突然の出来事にはばまれる彼らの安楽死。あちこちに残る不自然な犯行の痕跡、次々起こる奇妙な出来事。彼らだけしか知らない計画のはず。
まさかこの12人の中に殺人鬼が…?
死体の謎と犯人をめぐり、疑心暗鬼の中ウソとダマしあいが交錯し、12人の死にたい理由が生々しくえぐられていく。
全員、ヤバい。気が抜けない。
いつ誰が殺人鬼に変身するのか!?パニックは最高潮に。彼らは安心して”死ねるのか”怯えながら”殺されるのか”

映画『十二人の死にたい子どもたち』オフィシャルサイト
タイトル十二人の死にたい子どもたち
上映開始日2019年1月25日
原作冲方丁
監督堤幸彦
主題歌TheRoyalConcept「OnOurWay」
出演者杉咲花、北村匠海、橋本環奈 他
公式サイトhttp://wwws.warnerbros.co.jp/shinitai12/

©2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

『十二人の死にたい子どもたち』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

堤幸彦監督らしい演出と、若手俳優たちの演技がみんな良かったです。浅はかな子どもたちの未熟な思想・言動がよく表現されていました。
個人的にとても面白かった!

モーモー シネマ&ライフ 『十二人の死にたい子どもたち』評判悪いけど面白かったから褒めまくる!

ヒューマニティを謳いながら、命の浅薄さを描く。
一見する所の印象の、悉く裏を行く作品、『十二人の死にたい子どもたち』。
「ハッピーエンド?」を描きながら、とても、そうは思えない、なんとも、不思議な印象の作品です。

文化渉猟備忘録 映画『十二人の死にたい子どもたち』感想  映画で蘇る!?真剣10代しゃべり場!!

映画として観ればツッコミどころ満載で、完成されているとはとても言えないでしょう。レビューサイトでの評価が芳しくないことは想像に容易いです。
しかしながら、序盤にも書いたようにフレッシュなキャストが集結した「タレント名鑑」的映画として観るならば全然問題ない、むしろこれ以上の作品はないとすら思います。

今日も映画ですか? 『十二人の死にたい子どもたち』感想 キャストは最高!でも内容は…

立場に凸凹を作って、関係性の強弱を見えやすくするのが常套手段ですが本作は立場に上下がなく、全員が本当に対等。それに手を出すのはなかなか勇気ですね。

フレデリカは日本映画ばっかり見ています<ネタバレ> 映画『十二人の死にたい子どもたち』60点/映画より舞台向け/ネタバレ感想と評価

私の本作に対する感想を端的に書くと、「本作は原作からの改変によって恐らく一般受けは良くなった代わりに、私の好みからは致命的に外れた」ということになる。

W175 N57 映画『十二人の死にたい子どもたち』感想(ネタバレ注意)

3ヶ月もしたら、「最後どんなんなった映画だっけ?」となりそうなインパクトの薄い映画です。
個人的にはおすすめしません。
原作だと、自殺を思いとどまるまでの心理描写が丁寧で別物かもしれませんね。

脱力のすすめ 映画『十二人の死にたい子どもたち』これが予告詐欺ってやつか(ネタバレ感想)

杉咲花や橋本環奈など、好きな役者が出演しているし密室ゲーム系の作品は好きなので観ることにしました。
が、正直言ってひどい作品だった……お金と時間返してほしい。

NITABI 映画版「十二人の死にたい子どもたち」ネタバレ感想。0番って一体なんだったの?

タイトルとURLをコピーしました