映画『トールキン 旅のはじまり』クチコミ

『トールキン 旅のはじまり』概要

『トールキン 旅のはじまり』 浪川大輔さんナレーション入り予告映像

あらすじ

部下が止めるのも聞かず、「友人を捜す」と塹壕をふらふらとさまようジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン(ニコラス・ホルト)。1916年、第一次世界大戦が激化する中、フランスのソンムの戦いで消息を絶った親友のジェフリー・スミス(アンソニー・ボイル)の姿を求めて力尽きたトールキンは、戦地に横たわり過去に想いを馳せる。

映画『トールキン 旅のはじまり』公式サイト
タイトルトールキン 旅のはじまり
原題Tolkien
上映開始日2019年8月30日
監督ドメ・カルコスキ
キャストニコラス・ホルト
リリー・コリンズ
コルム・ミーニイ 他
公式サイトhttp://www.foxmovies-jp.com/
tolkienmovie/

© Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

『トールキン 旅のはじまり』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

映像は本当に美しく、エンドロールまで見入るほどです。サウンドトラックも相まって一つの世界を作り出しています。それに、さまざまな言語が飛び交う様は、トールキンを取り囲んでいた環境を垣間見れたようで、わくわくするものでした。

The Study of Bag End 『トールキン 旅のはじまり』レビュー

自分は指輪物語が好きなのですが、作家の生涯を描いた伝記ものなので知らない人でも全然楽しめると思います。特に、創作が好きな人とかにおすすめだなと思いました!

note ブッチ 【映画感想文】トールキン 旅のはじまり

分かったことは戦争体験が映画に影響を与えていてロードオブザリングなどの敵は戦争当事の敵であり、トールキンが大切に思っていた仲間ということはロードオブザリングにも反映されていると思う。

Buchiblo 【感想】トールキン 旅のはじまり

題材となっている時期がトールキンの少年期から青年期に絞られていることもあって、実質、青春映画という楽しみ方もできます。しかも、舞台がイギリスの上流寄りの世界なので、フォーマルなイギリス上流学園モノ好きにはたまらないものがあります。ニッチにも届く映画ですね。

シネマンドレイク:映画感想&レビュー 『トールキン 旅のはじまり』感想(ネタバレ)…なんだ、ただのオタクか

この映画のポイントは、まさにタイトルにも描かれているとおり「旅のはじまり」、いかにトールキンが自身の物語を書くに至ったか、という部分が表されているかどうかにつきます。単なるドキュメントフィルムではありません。

Cinemarche 映画『トールキン 旅のはじまり』あらすじと感想評価。ロード・オブ・ザ・リングの人気作家の生涯に想像力を駆使して迫る

うーん。20世紀初頭のイギリスを舞台にした青春映画ならば面白かったけど、伝記と言われるとピンとくる部分は少なかったように思えますね。

今日も映画ですか? 映画『トールキン 旅のはじまり』ネタバレ感想 原作をもっと知っていれば・・・!

タイトルとURLをコピーしました