映画『天才作家の妻 40年目の真実』クチコミ

『天才作家の妻 40年目の真実』概要

映画『天才作家の妻-40年目の真実-』予告編

あらすじ

“現代文学の巨匠”と呼ばれているアメリカの作家ジョゼフはノーベル文学賞を授与されることになり、妻のジョーンと息子と共に、授賞式が行われるストックホルムにやってきた。
だが、彼らの前に記者ナサニエルが現れたことで状況は一変する。ナサニエルはかねてからジョゼフの経歴に疑いを抱いており、彼らを執拗に追い回し、問いただす。
実はジョーンは豊かな文才に恵まれており、かつて作家を志していたが、あることがきっかけでそれを断念していた。ジョゼフと結婚後、ジョーンは夫の“ゴーストライター”として、世界的作家となる彼の成功を支えてきていたのだった。これまで一見完璧に見えた2人の関係が、ジョゼフのノーベル文学賞受賞をきっかけに崩壊していく。

タイトル天才作家の妻 40年目の真実
原題The Wife
上映開始日2019年1月26日
原作メグ・ウリッツァー
監督ビョルン・ルンゲ
キャストグレン・クローズ
ジョナサン・プライス
クリスチャン・スレーター 他
公式サイトhttp://ten-tsuma.jp/

© META FILM LONDON LIMITED 2017

『天才作家の妻 40年目の真実』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

決して心が晴れる作品ではない。だが、人間が抱える自尊心や夫婦関係の闇などをリアルに描いた素晴らしい作品だ。
僕からの警告を1点。絶対に恋人や家族とは見に行かないほうが良い。僕は一人で見に行って良かったと心から思っている。

定時後に映画館 【天才作家の妻 40年目の真実】身勝手な男と賢い女(感想:ネタバレあり)

全編通して、とにかく主演のグレン・クローズの演技が素晴らしい。知的でウィットに富みつつ、内向的で控え目な妻ということで、声を荒げる場面などはほぼなく、眉の上げ下げやちょっとした視線の動きだけで複雑なジョーンの感情を見事に演じていた。ここまで静かに喜怒哀楽を表すことができるのかと感服する。

欲しがります負けたって 静の演技を味わう 天才作家の妻 40年目の真実

本作は、夫婦のジェンダー格差を描きながら、社会派映画におさまらず、そこに加えてひとつの作家的な問いかけを観客に投げかけます。夫が妻を作るのか、妻が夫を作るのか…「夫婦」という存在の創作者は誰なのか。

シネマンドレイク:映画感想&レビュー 『天才作家の妻 40年目の真実』感想(ネタバレ)…妻では終わらない

エレガントな映画だなぁと思う。役者の芝居を見せることに特化した舞台劇的な作り、グレン・クローズ、ジョナサン・プライス、クリスチャン・スレイター、お金のかかりそうなスタァが出ずっぱりだが(※ジョナサン・プライスはスタァではないとの批判は認めない)下品なところに大味なところは少しもない。
ある種、俳優にとっては映画の理想の形なんじゃないか。俳優同士顔と顔を突き合わせての演技をカメラが黙って記録していくわけですから。

映画にわか 芝居合戦映画『天才作家の妻 -40年目の真実-』感想(微ネタバレあり)

倦怠期の夫婦が一緒に観るのはお勧めできない映画ですw

#あたシモ 女の才能はいつになったら、まともに捉えられるのか?映画『天才作家の妻 40年目の真実』

グレン・クローズがアカデミー賞にノミネートされた作品ということで楽しみにしてましたが、期待していたほどではなかった。
予告を見る限りではめちゃくちゃ面白そうだったんだけど、ラストに意外性がなさすぎてそこまで…という感想です。
たしかにグレン・クローズの演技は最高でしたけどね🤔

サブカル女子の色々感想ブログ 映画『天才作家の妻 40年目の真実』ネタバレ感想・考察・レビュー。これぞ夫婦愛…結末は意外性がなくて残念!

本作は、正直凡庸なヒューマンドラマであった。人格者だと世間から思われている男が、実はクズ野郎だということを、ノーベル賞という権威の権化に象徴させ、妻の目線からそこのクズさに対する愛を描いていく中々面白そうな題材ではあるものの、正直退屈でした。

CHE BUNBUN 【アカデミー賞特集・ネタバレ】『天才作家の妻』ナサニエルが超絶キモにえる!!

タイトルとURLをコピーしました