映画『ザ・プレデター(2018)』クチコミ

『ザ・プレデター』概要

映画『ザ・プレデター』予告 伝説降臨編

あらすじ

元特殊部隊員の傭兵クインの息子ローリーは、父が偶然に入手した謎の装置を起動させてしまう。それは、最凶最悪のハンター、プレデターを地球に呼び寄せるものだった。一方、プレデターと接触したことで、その存在を隠蔽したい政府に監禁されてしまったクインは、ルーニーズと呼ばれるならず者の兵士たちと脱走を図り、危険が迫る息子の元へ急ぐが…。

映画『ザ・プレデター』オフィシャルサイト
タイトルザ・プレデター
原題The Predator
上映開始日2018年9月14日
監督シェーン・ブラック
キャストボイド・ホルブルック
オリヴィア・マン
ジェイコブ・トレンブレイ 他
吹き替え小川輝晃、木下紗華、鶴翔麒 他
公式サイトhttp://www.foxmovies-jp.com
/the-predator/

© Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

『ザ・プレデター』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

政府の策略、プレデターたちの狙い、はぐれ者だった男たちがプレデターを倒すために一致団結し全力で戦う姿、息子を守る止めに命がけになるクイン、ドラマチックな展開が続く本作は間違いなくプレデター作品の中でも傑作に入ることでしょう。

要件を言おうか 【ネタバレあり】映画「ザ・プレデター」のあらすじ・感想。戦闘・グロシーン多めでした

みんなが観たかったあの雄姿、あの展開、あの死闘がついに復活……してない!こんなもんは俺が観たかった『プレデター』じゃない!コレジャナイ、コレジャナイけど、最高に面白いじゃねーか!

映画を観たからイラスト描いた 『ザ・プレデター』感想とイラスト コレジャナイから面白い

“シェーン・ブラック”監督は残酷描写も好き好んでやるタイプの人ですから、本作『ザ・プレデター』もそれはもう悪趣味な映像のオンパレード。ちゃんと源流にあった「稚拙で粗暴」を継承しています。つまり、バカっぽい映画です。いや、バカ映画です。高尚な要素は欠片もありません。
本作を観て「知能指数が下がった気がする」と思ったら、それが正しい反応。大丈夫、自信を持ってバカになってください。

シネマンドレイク:映画感想&レビュー 『ザ・プレデター』感想(ネタバレ)…シェーン・ブラック、ひでぇことしやがる

異種交配やプレデター犬などの新しい要素、そしてこれからを感じさせる新たな正統派のプレデター映画という印象の本作。
そこにはシェーン・ブラックの本作を「1」「2」の正式な続編と位置付けたい思いが垣間見えます。
しかし、その一方で『プレデター』という素材を活かしきれていないようにも感じます。

MOVICINE 【ネタバレレビュー】駄作?『ザ・プレデター』はトホホ作なのか

合格点はあげられるくらいの作品で、シリーズファンなら感動できる場面もいくつかあるし、初見でもポップコーン食べながら見るには最低なのではないでしょうか。(グロシーン多いけど男性なら大丈夫)
また、今のトレンドに乗かったようなラストシーンも印象的で、よくも悪くも今のハリウッドを象徴するような映画でした。

マイペースナイト 【ネタバレ感想】映画「ザ・プレデター」映画好きなら誰もがツッコミたくなるラスト!

殺戮や銃撃戦は迫力あったけど、物語は残念。
映画の作りも、物語も個人的には大いに残念!
でも、プレデターの行動理由が少し暴かれた部分はシリーズ系列作品としてやはり面白いけど、如何なものだろう?

メモスト 【映画】『ザ・プレデター』感想:銃撃&殺戮は最高も、“プレデター”ではない!

タイトルとURLをコピーしました