映画『search/サーチ』クチコミ

『search/サーチ』概要

映画『search/サーチ』予告(10月26日公開)

あらすじ

忽然と姿を消した16歳の女子高生マーゴット。行方不明事件としての操作が始まる。
家出なのか、誘拐なのかわからないまま37時間が経過。
娘の無事を信じる父デビッドは、彼女のPCにログインしSNSにアクセスを試みる。
インスタグラム、フェイスブック、ツイッター…
そこに映し出されたのは、いつも明るく活発だったはずのマーゴットとはまるで別人の、自分の知らない娘の姿があった。

映画『search/サーチ』オフィシャルサイト
タイトルsearch/サーチ
原題Searching
上映開始日2018年10月26日
監督アーニッシュ・チャガンティ
キャストジョン・チョー
ミシェル・ラー
ジョセフ・リー 他
吹き替え浪川大輔、内山茉莉、寸石和弘 他
公式サイトhttp://www.search-movie.jp/

© 2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

『search/サーチ』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

悪い意味でも実に「現代的」でした。これを2018年の今に鑑賞できて良かった。
「現代のネットを皮肉ったサスペンス」という意味では、『白ゆき姫殺人事件』を思い出したりも。こちらも大変「現代的」な作品でした。

ジゴワットレポート 感想『search サーチ』 多くの伏線を圧倒的情報量で隠蔽する、「現代的」サスペンスリラーの傑作

行方不明になった娘をネット上で探し回る父親の話なんて聞いてしまうとどうもありきたりなような気もするが、こちらが感傷的になっているワケでもないのに、この作品はウィンドウズ画面から始まる最初のたった10分間で観客のココロをガッツリ捉えてくる。

マリブのブログ 映画『search/サーチ』の私的な感想―SNSの世界に広がるヒトの闇と温度―

まるでパズルのような作品でした。ネット上に置かれた断片的な情報を繋ぎ合わせ、謎を解いていく。本当にパズルですね。
また、新しい手法を用いてはいますが、決してそのテクノロジーを前面に押し出すことなく、あくまで二次的な役割として映画は作られています。

映画批評 ホームシアターの友 『search/サーチ』ネタバレあらすじ解説と感想 映画に隠された秘密とは?

今作はPCやアイフォーン、はたまた監視カメラの映像を繋いだ独特の構成で作られたサスペンス映画。
ITの故郷であるシリコンバレーのサンノゼを舞台にアジア人アメリカ人が、失踪した娘を日常に馴染む深いITツールを駆使し、
事件の真相を独自に追いかけるというなんとも胸熱な映画。

『A Little his REDEMPTION.』 【79点】search/サーチ【映像テクと話が良い】

途中で父親の無茶な行動にイライラも募ったが巧妙な伏線があったり結末まで予想を裏切り続けてそして最後はちょっと泣ける。
これは良い映画です。

裏旋の超絶★塩レビュー 【ネタバレ注意】映画『search/サーチ』の伏線解説と感想。

ストーリー的に大満足でしたが、話題だったパソコン画面だけで映画が展開されるという演出はメリット・デメリットがあると感じました。
アイデアとしてはあっぱれだったのは事実ですけどね

サブカル女子の色々感想ブログ 映画『search/サーチ』ネタバレ感想・考察・レビュー。斬新だがデメリットも。演出に意味はあったのか?

タイトルとURLをコピーしました