映画『RBG 最強の85才』クチコミ

『RBG 最強の85才』概要

『RBG 最強の85才』予告編 5/10(金)公開

あらすじ

1933年ニューヨーク、ブルックリンで生まれたルース・ベイダー・ギンズバーグ。弁護士時代から一貫して女性やマイノリティの権利発展に努めてきた彼女は、1993年にビル・クリントン大統領に女性として史上2人目となる最高裁判事に指名される。以降も男子大学の女性排除、男女の賃金差別、投票法の撤廃などに、弁護士時代と変わらぬ視点から、法の下の平等の実現に向けて果敢に切り込んでゆく。若者を中心に絶大な支持を得る「RBG」はいかにして誕生したのか?彼女を良く知る家族、友人、同僚が母として、友人として、働く女性としてのルースの知られざる素顔を語り、彼女を支え続けた夫、マーティンとの愛溢れるエピソードも描かれる、全米大ヒットのドキュメンタリー。

映画『RBG 最強の85才』公式サイト
タイトルRBG 最強の85才
原題RBG
上映開始日2019年5月10日
監督ジュリー・コーエン
ベッツィ・ウエスト
キャストルース・ベイダー・ギンズバーグ
グロリア・スタイネム
ビル・クリントン 他
公式サイトhttp://www.finefilms.co.jp/rbg/

©Cable News Network. All rights reserved.

『RBG 最強の85才』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

映画RBGは見ると学べるものがあるのは間違いないし、ジェンダー問題を考える、差別を考えるきっかけともなるので学生の感想文などにも使ってもいいと思う。価値は非常に高い。

Buchiblo 映画 RBG 最強の85才の感想

権力にこびず、不平にはNO!と言う。
ルースが愛される理由がよく分かるドキュメンタリー映画でした。
女性はもちろん、男性にも是非見てほしい映画です!

人生は長い目で見れば喜劇である 「RBG最強の85歳」あらすじ&感想!アメリカの女性ヒーロー”ルースとは!?

個人的にはデートでこの映画を観に行って、彼氏彼女とどう思ったか話し合うのって最高だと思う。気まずいラブシーンもないし、おすすめです!!

BacCats Weekly 映画『RBG 最強の85歳』レビュー

米国の現役最高齢の女性最高裁判事、ルース・ベイダー・ギンズバーグの姿、肉声、そして生き様の記録は、人間の希望の記録となる

Cineカエル 『RGB 最強の85才』感想|評価★★★★★excellent! 必見

判例が少し難しいかもしれませんが、とても見ごたえがありました。私は旦那さんとのエピソードに涙。旦那さんもNY一番の弁護士なのに、「妻のほうがずっとすごい」とサポートや売り込みすらしました。真のパワーカップルだなぁと。強いけど美しく、女性らしさやかわいらしさも忘れていない、アメリカ中がRBGに熱狂するのも大きく頷けるドキュメンタリーでした。

DJAIKO62の試写会日記 RBG アールビージー 最強の85才

先日公開された「ビリーブ 未来への大逆転」の主人公としても記憶に新しい、アメリカ最高裁の最年長判事、ルース・ベイダー・ギンズバーグの長年の足跡を追った作品だ。
あの映画の「その後」が中心となっているので、両方鑑賞するとより人物像が深く理解出来る。

満足度は60点(100点満点)!
まずまず面白かったです。
ドキュメンタリー作品を鑑賞するのは久しぶりで、しかも主人公の「RBG」をまったく知らないという状態だったためと、お昼におうどんを食べてお腹いっぱいになっていたので中盤で数分意識を失ってしまいました。

シネマ・ナビゲート 【満足度60】映画『RPG 最強の85才』(2018年)は、差別と闘い続けてきた女性について知ることができました。

タイトルとURLをコピーしました