映画『レプリカズ』クチコミ

『レプリカズ』概要

映画『レプリカズ』5/17(金)公開/予告

あらすじ

神経科学者ウィリアム・フォスターは人間の意識をコンピュータに移す実験を今にも成功させようとしていた。しかし、突然の事故で家族4人を失ってしまい、タブーを犯す決断をする。彼は家族の身体をクローン化し、意識を移し替え、完璧なレプリカとして甦らせることに成功したのだ。ただし、彼らの記憶を少し改ざんして―。家族と幸せな日々を送ろうとするウィリアムだが、研究を狙う政府組織が、サンプルとして家族を奪おうと襲い掛かる。

映画『レプリカズ』公式サイト
タイトルレプリカズ
原題Replicas
上映開始日2019年5月17日
監督ジェフリー・ナックマノフ
キャストキアヌ・リーヴス
アリス・イブ
トーマス・ミドルディッチ 他
公式サイトhttp://replicas.jp/

© 2017 RIVERSTONE PICTURES (REPLICAS) LIMITED. All Rights Reserved.

『レプリカズ』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

展開が早いです。猛スピードで話が進むので見ているこっちは置いていかれないようにのめり込むように見てしまいます。
最後の皮肉めいた落ちも私は結構好きでした。すこし無理矢理な展開も多々みられますが、映画だしと思えばおもしろかったです。

ぺぺの映画備忘録 【映画】レプリカズ あらすじからネタバレ結末。キアヌ暴走!科学者のエゴ?

テンポも悪くないですし、クローンになった家族が目覚めた日、「なんだか前と様子が違うような・・・?いや、でも、クローンと知っているからそう思うだけなのかな・・・」というようなスリリングさや不気味な雰囲気もあり、楽しめます。
つまり、あまり深く考えずに楽しみましょ!という作品です。

Deadly 【感想】レプリカズ【ほんのりネタバレ?】

正直、ストーリー的な面白みはあまりありませんでした。
一捻りあるような展開もなければ、予想外の展開を迎えるようなこともありません。
しかし、本作はストーリーで魅せる映画ではなく、近未来に起ころうとしていることを描いている映画だと思いました。

ケンケンの映画ブログ 映画『レプリカズ』後半ネタバレあり感想|SFではなく近未来に起きる話

単純チープに見えて案外一筋縄ではいかないV級映画だ。超面白かったとまで言うとさすがに嘘になるのでV面白かったと言うに留めておきますが、推す。

映画にわか サイバーキアヌ映画『レプリカズ』感想文

真面目に鑑賞することがもしかしたら御法度な作品なのかもしれないけれど、この無い無い尽くしは結構面白く。常識人の仮面を被った私なら、積極的に人様にオススメはできないのだけれど、誰か気心の知れた人と「ありゃ〜ある意味凄かったよね」と笑いながら会話をしたい作品ではある。

ここなつ映画レビュー 「レプリカズ」

設定が大雑把な上に起伏が乏しく、物足りない映画であった。ハッピーエンド(?)とはいえ、序盤に打ちのめされて絶望に追いやられる点が『ジョン・ウィック』とかぶる。

エリマキトカゲのソッコー映画 【ネタバレ】映画『レプリカズ』あらすじと感想

面白い題材だと思ったし、前半はハラハラする場面もあったので、期待していたのですが、後半の展開には正直失望してしまいました。

Takmoの映画三昧 映画レプリカズのネタバレと感想!ゾーイのクローンを作らない選択はランダム?

脚本の出来に鈍感な俺でも、さすがにこの作品は許せない。何だこれ。  
もう勝手に蘇って勝手に家族ゲームしてろよ!!! 
お願いだからラジー賞とって頭を冷やして欲しい。
おバカな映画だってことは分かってるし、キャラの設定上命を粗末に扱う映画だってことも理解してる。
でも、この役をキアヌがやっていいのか? 
キアヌよ、アンタはこれでいいのか?

Machinakaの日記 映画「レプリカズ」ネタバレあり感想解説と評価 人体は作れても、人格は作れなかったウンコポコピー映画

タイトルとURLをコピーしました