映画『リディバイダー』クチコミ

『リディバイダー』概要

映画『リディバイダー』予告編2018/6/9(土) ダン・スティーヴンス主演 最新鋭FPS映像で描く、映像ドラマ体感型SFクライシスムービー!!

あらすじ

エネルギーが枯渇してしまった近未来。人類は地球を複製したエコーワールドからエネルギーを確保して、危機を回避しようとしていた。ある日、地球とエコーワールドをリンクさせる巨大タワーが暴走し、その影響を受けて世界各地で異常気象が発生する。地球壊滅のカウントダウンが始まり、元NASAのパイロット・ウィル(ダン・スティーヴンス)がエコーワールドに向かった。

シネマトゥデイ
タイトルリディバイダー
原題Kill Switch
上映開始日2018年6月9日
監督ティム・スミット
キャストダン・スティーブン
ベレニス・マーロウ
ティゴ・ヘルナント 他
吹き替え小松史法、松本梨香、福里達典 他
公式サイトhttp://redivider.jp/

© 2016 REDIVIDER PRODUCTIONS,B.V ALL RIGHTS RESERVED.

『リディバイダー』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

一人称視点のアクション映画としては演出が作り込み不足、SF映画としては世界観を広げきれず、ひとつの物語としては浅すぎる。「おおっ!」とワクワクさせられたのは冒頭の一人称視点のインパクトくらいで、アイデアを活かしきれなかった出オチ作品になっちゃってます。

怠惰ウォンテッド 「リディバイダー」感想 ”一人称視点”にこだわり過ぎたのが敗因(ネタバレあり)

一人称視点を多用していることからもエコー世界におけるウィルと観客との一体感を狙っているんだろうとは思いますが、これじゃほとんどFPSゲームのプレイ動画でしかありません。

ある好事家の記録 主に変な映画の感想 リディバイダー 感想(ネタバレあり)

一人称視点は映画のイメージではなくテレビゲームのイメージだ。しかも自分が操作しているわけでもないので画面を眺めているしかない・・・ストレスがたまる。したがって緊迫感をあまり感じない、将来的には一人称視点は改良を重ねて、映画でも見られるようになってゆくと思うのだが

辰々のお薦め映画とベストテン 映画「リディバイダー」感想・評価:ダン・スティーヴンスが出ていなければ誰も見ないSFドラマだ

タイトルとURLをコピーしました