映画『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』クチコミ

『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』概要

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』予告編

あらすじ

1971年、泥沼化するベトナム戦争。国防総省はベトナム戦争を調査・分析した文書、通称「ペンタゴン・ペーパーズ」を作成していたが、ある日、その文書が流出し、ニューヨーク・タイムズが内容を一部スクープした。ライバル紙に先を越されたワシントン・ポストのトップでアメリカ主要新聞社史上初の女性発行人キャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)と編集主幹ベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)は、残りの文書を入手し、全貌を公表しようと奔走する。政府を敵に回してまで、本当に記事にするのか…
”決断”の時は近づいていた。

映画『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』公式サイト
タイトルペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
原題The Post
上映開始日2018年3月30日
監督スティーブン・スピルバーグ
キャストメリル・ストリープ
トム・ハンクス
サラ・ボールソン 他
吹き替え高島雅羅、江原正士、相沢恵子 他
公式サイトhttps://www.nbcuni.co.jp/movie/sp
/pentagonpapers-movie/

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co. LLC. All Rights Reserved.
© 2018 Universal Studios. All Rights Reserved.

『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

もちろん、エンタテインメント作品としても抜群に面白いです(クライマックスでは泣いてしまいました。笑)
社会派映画でありながら、観ている人をちゃんと楽しませてくれるのは、さすがスピルバーグ。

だーまんのブログ 【レビュー】『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』実話を基にした社会派映画の傑作は、今観るべき1作!

スピルバーグの先を読む力ととそれをどれだけ早く完成させ世に出すことができたのかを考えると、よくその速さでこんな完成度の高い映画が作れるなと。

モンキー的映画のススメ 映画「ペンタゴンペーパーズ/最高機密文書」感想ネタバレあり解説 政府の圧力なんかに負けるな!

前半は陰気臭い政治ドラマが展開していくため帰りそうになりましたが、後半の怒涛の展開にアドレナリンが止まらなくなり、結果楽しめました。
実話ベースの作品ですが、スピルバーグのキャストの扱い方と脚色が素晴らしいため、エンタメ性も抜群。

マイペースナイト 【ネタバレ感想】「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」まさかのラスト!巨匠の力作!

社会派ドラマは苦手という人でも、サブストーリーから物語に入りやすいのではないでしょうか。
名優達の迫真の演技に引き込まれ、映画の世界観に入り込むことができる、見応えのある作品です。

推しムビ! 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』あらすじ・ラストが意味深!

主人公たちが記事を掲載するかどうか決断あたりはドラマとして大いに盛り上がる。娯楽映画のツボを押さえている。ともすればシリアスな社会派ドラマはつまらない映画になりがちでが、普通にサスペンスドラマとしても楽しめるのは立派。

退屈な日々 / Der graue Alltag 【映画感想】『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(2017) / いま見るべき実話を基にした社会派ドラマの秀作

国の最高権力に垣間見る危うさが、現政権への警鐘にもなっている社会性。しかも全然難しくなくて飲み込みやすいんですよ。いやあ、スピルバーグはやはり凄かった。アメリカ現代史を繋ぐ一本です。

キネマ・アイランド あるべき姿を守る決断。『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』感想。

タイトルとURLをコピーしました