映画『パディントン2』クチコミ

『パディントン2』概要

映画『パディントン2』予告篇(60秒)

あらすじ

ブラウン家の一員として、幸せに生活しているクマのパディントン。もうすぐ100歳になるルーシーおばさんへの誕生日プレゼントを探していた彼は、骨董品屋ですてきな絵本を見つける。絵本代を稼ごうと窓ふきのアルバイトを始めるが、洗剤を頭からかぶるなど失敗しては騒動を起こす。そんな中、絵本が盗まれ、一家と共に絵本の行方を追うパディントンだが……。

シネマトゥデイ
タイトルパディントン2
原題Paddington 2
上映開始日2018年1月19日
監督ポール・キング
キャストベン・ウィショー
ヒュー・ボネヴィル
サリー・ホーキンス 他
吹き替え松坂桃李、古田新太、石塚理恵 他
公式サイトhttp://paddington-movie.jp/

© P&Co Ltd. / SC 2017

『パディントン2』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

とにかく今作もまたパディントンに笑い、パディントンに泣き、パディントンに心をキレイにしてもらえた、そんな作品でした。
嫌なことがあった人、毎日に疲れた人、心が重く感じる人は是非これを観て心の洗濯をしてみてはいかがでしょうか。晴れやかになりますよ!!

モンキー的映画のススメ 映画「パディントン2」感想ネタバレあり解説 彼が会釈をするだけで街は華やぐ。

前半の何気ない伏線を回収していく展開や、何よりもCGを使って表現されたパディントンの「心の中」の描写が本当に素晴らしい作品で、見終わったあとも余韻に浸ってしまいました。

アマンダの映画研究所 映画「パディントン2」感想(ネタバレあり)〜CGがすごいのは「モフモフ感」だけじゃない

身近にある寛容さに目を向けて、それを大切にしていけば、パディントンの世界のように緩やかに社会を変えていけるかもしれないと思わせてくれる映画で、子供から大人まで楽しめる作品となっているので是非多くの方に見ていただきたい映画です。

eigamanzaiの映画レビュー パディントン2 評価と感想/不寛容な社会にパディントンの優しさが染み渡る

誰も傷つくことがなく、安心して見れる映画です。
観たあとは「お年寄りの人に席譲っちゃおうかな」など、ちょっと優しい気持ちになれる『パディントン2』
どんな人にもおすすめできる、文句なしの良作です。ぜひご鑑賞を。

やまぴーのちょっとだけ奇妙な冒険 大人たちこそ映画『パディントン2』のモフモフで癒されるべきというネタバレあり感想

絵本がカギになるお話ながら、この映画そのものがまさに”観る絵本”といえるほど、魅力的な画面のオンパレード!
予告編にも登場する「紙のロンドン」から、メルヘンチックに様変わりする刑務所内、さらにクライマックスの機関車チェイスにいたるまで、ため息が漏れるほど美しい画がずーっと続く。
そしてストーリーがきちんとつながってるから、画を見せたいだけの映画にならず子ども向けの話なのに大人でもちゃんと感動できる!

モヤシネマ 【ネタバレなし】「パディントン2」のあらすじ・感想。大人でも泣ける”観る絵本”だ!

アメリカの王手批評サイト「Rotten Tomatoes」では例題最高の得点をたたき出している、とのこと。
ちょっと待って!今までの歴代映画の中で最高得点なんだよ!?
スターウォーズも、タイタニックも、ロッキーも、、、色んな名作がある中で1位だよ!?
ただ、映画を見たから言えるけど、歴代最高得点を叩き出すのも納得です。
笑いがあって、驚きがあって、感動があって、1本の映画でどれだけの感情が動かされたか、、、、

Machinakaの日記 映画「パディントン2」ネタバレあり感想解説 家族で見るべき映画No.1シンメトリー画面の理由は?

タイトルとURLをコピーしました