映画『オンリー・ザ・ブレイブ』クチコミ

『オンリー・ザ・ブレイブ』概要

【公式】『オンリー・ザ・ブレイブ』6.22公開/本予告

あらすじ

怠惰に暮らしていた学生のブレンダン・マクドナウ(マイルズ・テラー)は、恋人の妊娠を契機にそれまでの生き方を改めようと地元の森林消防隊に入る。過酷な特訓に明け暮れる中、次第にチームを率いるエリック・マーシュ(ジョシュ・ブローリン)をはじめとする隊員たちと親睦を深め、彼らに支えられながら少しずつ成長していく。ある日、山火事が発生してブレンダンは仲間と消火に向かうが、山を覆うような巨大な火災になり……。

シネマトゥデイ
タイトルオンリー・ザ・ブレイブ
原題Only the Brave
上映開始日2018年6月22日
原作ショーン・フリン
監督ジョセフ・コシンスキー
キャストジョシュ・ブローリン
マイルズ・テラー
ジェームズ・バッジ・デール 他
吹き替え咲野俊介、興津和幸、小松史法 他
公式サイトhttps://gaga.ne.jp/otb/

© GAGA Corporation. All Rights Reserved.

『オンリー・ザ・ブレイブ』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

今月ノーマークだった今作ですが、正直見てよかったというのが率直な感想。
危険を顧みず命をかけて挑むと同時に、それ以外はやんちゃしたりバカなことしたり、ふざけ合って過ごす彼らを見る姿ってのは、ものすごく微笑ましくもあり真剣な眼差しに心が熱くなるもので、この手の作品は何度見てもいいなと。

モンキー的映画のススメ 映画「オンリー・ザ・ブレイブ」感想ネタバレあり解説 山火事に立ち向かう男たちの勇姿に泣け!

マッチョでイカす男達が仕事に燃える物語。「使えない能無しがプロット作りのためだけに問題を起こす」シーンが一切ないので、気持ち良いことこの上なし。こうゆうドラマは本当に貴重。大好き。消防隊のリーダーと奥さんの夫婦が最高に格好いい。

DIARISM 『オンリー・ザ・ブレイブ』感想

全ての職業に言えることでしょうけど、「誰かの為に何かをする」って、本当スゴイことなんですね
本作では勝手なヒーロー像を組み立てるのではなく、あくまで一部隊に起こったことを描いています
なので感動系映画が苦手な人でも視聴しやすいと思います

キシマの映画ブログ 映画「オンリーザブレイブ」ネタバレあらすじ、感想、キャストを紹介-実話だからこその誠実さ

いい映画でしたが、フィクションではなく事実を元にしているという映画というのが重くて切なかったです。ところどころくすっと笑えるシーンがあるのが、余計に辛く感じられてしまいました。

花梨ごブログ オンリー・ザ・ブレイブ感想・漢たちの熱い生き様に魂が震える涙の映画

号泣だった。
前半は、体育会系男子部活のノリが楽しくて新人隊員ドーナッツの成長に目を細めていたが、後半は一転、自然の猛威に震え、消防隊の戦いに号泣だった。
人間が制圧できる自然などなく、他人のために命をかけられる人はみな尊い。

とにかく映画が好きなんです【本館】 「オンリー・ザ・ブレイブ」巨大山火事に立ち向かう消防隊の実話を映画化。あまりにも巨大すぎる山火事に立ちすくんでしまう迫力。そして感動。ジョシュ・ブローリン主演映画【感想】

タイトルとURLをコピーしました