映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』クチコミ

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』概要

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』予告 8月30日(金)公開

あらすじ

リックダルトン(レオナルド・ディカプリオ)はピークを過ぎたTV俳優。映画スターへの道がなかなか拓けず焦る日々が続いていた。そんなリックを支えるクリフ・ブース(ブラッド・ピット)は彼に雇われていた付き人でスタントマン、そして親友でもある。目まぐるしく変化するエンタテインメント業界で生き抜くことに精神をすり減らし情緒不安定なリックとは対照的に、いつも自分らしさを失わないクリフ。この二人の関係は、ビジネスでもプライベートでもまさにパーフェクト。しかし、時代は徐々に彼らを必要とはしなくなっていた。
そんなある日、リックの隣に時代の窮児ロマン・ポランスキー監督と新進の女優シャロン・テート(マーゴット・ロビー)夫妻が越してくる。落ちぶれつつある二人とは対照的な輝きを放つ二人。この明暗こそハリウッド。リックは再び俳優としての光明を求め、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演する決意をするが―。

そして、1969年8月9日―それぞれの人生を巻き込み映画史を塗り替える【事件】は起こる。

映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」公式
タイトルワンス・アポン・ア・タイム
・イン・ハリウッド
原題Once Upon a Time in Hollywood
上映開始日2019年8月30日
監督クエンティン・タランティーノ
キャストレオナルド・ディカプリオ
ブラッド・ピット
マーゴット・ロビー 他
公式サイトhttp://www.onceinhollywood.jp/

© 2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

“永遠の映画青年”タランティーノが6歳だった頃の1969年のハリウッドに、オマージュを捧げる作品である。タランティーノが愛する映画的要素がてんこ盛りに詰め込まれた作品でもあり、タランティーノ・ファンにとっては垂涎の一作だ。
~中略~
その作風やスタイルばかりに目がいきがちだが、改めてこの監督の演出力の確かさも実感させるものだ。ふたりの相性もよく、個性を相殺することなく、バディ・ムービーとしても一級品といえる。

fan’s voice 【最速レビュー】タランティーノ最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ネタバレなしレビュー

僕の大好きな映画、「イングロ〜」との類似点が随所に見られましたし、それでいてバディムービー要素あり、タランティーノ監督の映画愛がハンパない!、音楽が最高!などなど、この映画の嫌いなところを1つでいいから言ってみろ!と言われても言えない、それくらいドンピシャな、これ以上最高という言葉が似合う映画があるのだろうかと思うほど最高すぎる映画でした。

ボクテクンの備忘録 映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」ネタバレあり感想&評価

世界観はタランティーノさんって感じ!!すごく引き込まれました!!
おなじみのぶっ飛びな感じと、その中の登場人物の一人一人の個性の純粋さみたいなものが、相まって、見終わった時なんかたまらないノスタルジーな気持ちに
この映画、すごく色んな要素を含んでて、わかる人には分かる伏線というか、映画とかこの時代のアメリカやエンターテイメントに詳しい人ほど面白く出来てる!

MOVIE LOVER ♡ ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 感想 レビュー ネタバレあり

「ラスト13分 タランティーノがハリウッドの闇に奇跡を起こす」と公式サイトにありますが、この最後があればこそ、今作は一気に多幸感を観る人に与えるのです。
物語がなかなか進まない、いつものタランティーノ節もまた健在。(タランティーノの脚フェチも!)
個人的には2019年公開作品の中でー番満足できた作品。観る人を選ぶタイプの映画だとは思いますが、おすすめの一本です。

MOVICINE 【ネタバレ レビュー】「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」これぞ映画の奇跡!

自分はこの映画が大好きだ。
心の底から好きだって言えるし、死ぬまでに何回も観るだろう。(事実、公開二週間目で二週続けて見にいっている。)
そりゃなんでかって?だって、だってですよ、何回もいうけれど
「誰かのかっこいい瞬間、あるいは可愛い瞬間をずっと観ていられるから!!」
ってわけですよ。

I HATE MANJU 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」映画レビュー(ネタバレ)。スクリーンいっぱいに広がる幸せを観る

もう161分も経ったの?!と感じる、あまりにも楽しくて濃密な2時間半。
え?嘘でしょ?としか思えない体験をしたのは久しぶりでしたね。これ以上上映時間あってもトイレ我慢できないだろうけど。

Movie Traveler 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』途中からガンガンネタバレ込みで感想|作品の評価と合わせてみたい5本の映画

ストーリーに関しては、正直わからん。
わりかし展開がゆっくりで感想が書きにくい。でも視聴中のテンポ感はなんか良いんだよな。
70年代の街並みの雰囲気も良い。
ヒッピーがいたりタバコを街中でポンポン捨てたりするのもなんか時代を感じさせる。

初咲ムービーレビュー 【評価・感想】ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド【ネタバレアリ+ネタバレナシ】

予備知識がないまま、映画を見ると2時間40分もの間、画面の中で繰り広げられるそれぞれのストーリーがなかなか噛み合わなかったと感じました。
どうしてこのシーンが必要なのか、他のシーンとどう関係してくるのか、などなど、映画を見ながら、頭の中にはてなマークをいっぱい溜め込んで見ていた、というのが正直な感想です。

Takmoの映画三昧 映画ワンスアポンアタイムインハリウッドのネタバレと感想!楽しむために必要な予備知識は?

タイプとしては、さほど重要でもないシーンをダラダラと見るタイプの映画で「ビッグ・リボウスキ」とかが好きな人なら気に入るかもしれません。
それに対して、なにかはっきりとしたメリハリのあるストーリーが欲しい人には向いてないです。僕にとっては、良くも悪くもなかったかな、という感想を抱きました。もう一度見ようとは思わないです。

映画男のただ文句が言いたくて ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドは悪趣味!感想とネタバレ

タイトルとURLをコピーしました