映画『名探偵ピカチュウ』クチコミ

『名探偵ピカチュウ』概要

【公式】映画「名探偵ピカチュウ」予告①

あらすじ

かつてポケモンのことが大好きな少年だったティム(ジャスティス・スミス)は、ポケモンに関わる事件の捜査へ向かったきり、家に戻らなかった父親・ハリーとポケモンを、遠ざけるようになってしまった。それから年月が経ち、大人になったティムのもとにある日、ハリーと同僚だったというヨシダ警部補(渡辺謙)から電話がかかってくる。「お父さんが事故で亡くなった―」。複雑な思いを胸に残したまま、ティムは人間とポケモンが共存する街・ライムシティへと向かう。荷物を整理するため、ハリーの部屋へと向かったティムが出会ったのは、自分にしか聞こえない人間の言葉を話す、名探偵ピカチュウ(ライアン・レイノルズ)だった。かつてハリーの相棒だったという名探偵ピカチュウは、事故の衝撃で記憶を失っていたが、一つだけ確信をもっていることがあった……。「ハリーはまだ生きている」。ハリーは何故、姿を消したのか? ライムシティで起こる事件の謎とは? ふたりの新コンビが今、大事件に立ち向かう!

映画「名探偵ピカチュウ」公式サイト
タイトル名探偵ピカチュウ
原題Pokémon Detective Pikachu
上映開始日2019年5月3日
原作ニンテンドー3DS用ゲームソフト
「名探偵ピカチュウ」
監督ロブ・レターマン
キャストライアン・レイノルズ
ジャスティス・スミス
キャスリン・ニュートン 他
吹き替え西島秀俊、竹内涼真、飯豊まりえ 他
公式サイトhttps://meitantei-pikachu.jp/

©2019 Pokémon.
©2019 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

『名探偵ピカチュウ』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

ゲームの設定も可能な限り拾っているところは好感が持てる。
「あれの設定をそう使うか!」という驚きもあり、『名探偵ピカチュウの実写化』としても良いデキだと思ったな。
制作陣の「俺たちはこれが見たかったんだ!」という熱量が伝わる映像美で、「確かに俺もこれが見たかった……!」と頷くしかない最高の映画。
ポケモンに少しでも思い入れがあるのなら強くオススメしたいぜ!

絶対SIMPLE主義 映画『名探偵ピカチュウ』感想!確かに俺はこれが見たかった!

この映画は「実際にポケモンが現実世界にいたらこんなに不気味!」をしっかり表現したところに第一の魅力があるので、それがどんなに気持ち悪くても大丈夫!いやむしろ見たい!という方は是非劇場に足を運ぶことをお勧めします。客層もアニメ本編程は子供に寄ってないし。

たまもんもん日和。 【ポケモン】実写映画「名探偵ピカチュウ」の感想をなぐり書く

結果的には大満足でした。
ポケモンたちはコミカルだったし、ストーリーも思っていた以上に濃厚でありつつ、子供でも楽しみやすいライトさを当然のように兼ね備えている。
非常に完成度の高い映画だったと思います。

あるいは迷った困った 『名探偵ピカチュウ』コミカルで可愛らしいポケモンが魅力的な映画の感想(ネタバレ注意)

ただ純粋に普通に人間の隣にポケモンがいる。そんな「夢のような」映像や「ずっと観たかった」映像を観させてくれただけでこの映画の価値があると思うんです。最高なんですよ!

社会の独房から ポケモン初代世代直撃の映画『名探偵ピカチュウ』感想。それはまるで夢のような

総括すると、シナリオ面ではやや物足りない所はあります。
しかし、新しいポケモンの可能性を見せてくれたという点でこの作品は凄いと思います。
この作品を契機に、ポケモンワールドが更に広がっていってほしいと感じる1作でした。

アニメとゲームの感想帳 【ネタバレ無し】映画レビュー『名探偵ピカチュウ』感想・評価(67点)

テーマと推理すべき事件がうまく噛み合わせた作品だったなぁと思います。少なくとも今年のコナンより「名探偵」してます。
ただ途中から一気に事件の真相から向こうから集まってきてたので、その点はやはり物足りなかった部分もあります。

隣の庭の芝生が青すぎる 名探偵ピカチュウ 感想

一言で感想を言うなら思ってたよりもよかったです。というより心配した程じゃなかった。
日本アニメのハリウッド実写映画といえば失敗ばかりですよね。ドラゴンボールとか攻殻機動隊とか、失敗作じゃない方が珍しいぐらい。でも『名探偵ピカチュウ』は十分面白かったし、原作愛も感じる映画でした。
ただやっぱり「こんなもんだろうな」って感じは否めませんでした。

DYOBLOG 感想【名探偵ピカチュウ】ポケモン初の実写映画はヒドすぎて泣ける

タイトルとURLをコピーしました