映画『MEG ザ・モンスター』クチコミ

『MEG ザ・モンスター』概要

映画『MEG ザ・モンスター』本予告【HD】2018年9月7日(金)公開

あらすじ

大陸から200キロ離れた海洋研究施設から、潜水した探査船が未知の海溝を発見。しかし、喜びもつかの間、船は未知の海域で消息を絶った。潜水レスキューのプロ、ジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)は、救助に向かった先で、生物学の常識を超えた“モンスター”=MEGと遭遇。しかし、その恐怖は単なる始まりに過ぎなかった。

船を破壊し、研究施設を壊滅させたMEGは、陽光まばゆいビーチをも恐怖に陥れようとしている。ジョナス率いる海洋エキスパート・チームは、この危機をどう乗り切るのか?人類は、果たしてこの脅威から逃げ切ることができるのか⁉

映画『MEG ザ・モンスター』公式サイト
タイトルMEG ザ・モンスター
原題The Meg
上映開始日2018年9月7日
原作スティーヴ・オルテン
『Meg: A Novel of Deep Terror』
監督ジョン・タートルトーブ
キャストジェイソン・ステイサム
リー・ビンビン
レイン・ウィルソン 他
吹き替え山路和弘、魏涼子、伊藤健太郎 他
公式サイトhttps://warnerbros.co.jp
/movie/megthemonster/

© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.

『MEG ザ・モンスター』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

長らく不在だったサメ映画の長大作です。
シナリオは王道中の王道、ヒロインがピンチになってそれをステイサムが助ける。特別なものを期待せずに、期待したものを見せてくれる映画だと思ってください。
サメ映画ファンにとってはそれだけで大満足の映画です。(映画としては普通ですが、、、)

縦の糸はホラー 横の糸はゾンビ 織り成す布はいつか誰かを暖めうるかもしれない 映画MEG ザ・モンスターの評価・あらすじとネタバレ感想【超大作サメ映画】

巨額の予算とハリウッドの高い技術を投資した壮大なB級映画として観るべき映画です。
細かい人間関係の描写などは無視して高いCGレベルの美しい映像やジェイソン・ステイサムのマッチョなアクションシーンを楽しみましょう。

エンタメブリッジ 巨大サメ映画!?「MEG ザ・モンスター」感想とあらすじ ネタバレあり

B級っぽい感じがしましたが、結構ヒットしてるんで、「これまでにないアイデアのサメ映画なのかな?」と思いましたが、観る前は中国資本が入っているのは知らなかったので、鑑賞し終わってみれば「金かけたジョーズ」でした。

eigamanzaiの映画レビュー MEG ザ・モンスター 評価と感想/中華版ジョーズと言ってほぼいいかと

全体として映像が安っぽくないので、恐怖シーンではけっこう怖いと思うシーンも多いですから映画全体を通してみるとB級映画とは言えない出来だと言えるでしょう。

こぐまオトコの日常 MEG ザ・モンスター 感想 B級映画だと思って観に行ったが…

太古の巨大ザメ「メガロドン」に襲われる人々のサバイバルを描いた海洋パニックアクション・・・というより、「メガロドン」に戦いを挑むステイサムの海洋バトルムービーでいいかな?(笑)
そんで肝心のお話はつまらなくもはないけど、おもしろくもないって感じでしたー。

しーまんの映画から学ぶ人生 【ネタバレ感想】映画『MEG(メグ) ザ・モンスター』メガロドンって実在したんだね〜

タイトルとURLをコピーしました