映画『メアリーの総て』クチコミ

『メアリーの総て』概要

【公式】『メアリーの総て』予告編 12.15公開

あらすじ

19世紀、イギリス。作家を夢見るメアリーは、折り合いの悪い継母と離れ、父の友人のもとで暮らし始める。ある夜、屋敷で読書会が開かれ、メアリーは“異端の天才詩人”と噂されるパーシー・シェリーと出会う。互いの才能に強く惹かれ合う二人だったが、パーシーには妻子がいた。情熱に身を任せた二人は駆け落ちし、やがてメアリーは女の子を産むが、借金の取り立てから逃げる途中で娘は呆気なく命を落とす。失意のメアリーはある日、夫と共に滞在していた、悪名高い詩人・バイロン卿の別荘で「皆で一つずつ怪奇談を書いて披露しよう」と持ちかけられる。深い哀しみと喪失に打ちひしがれる彼女の中で、何かが生まれようとしていた──。

映画『メアリーの総て』公式サイト
タイトルメアリーの総て
原題Mary Shelley
上映開始日2018年12月15日
監督ハイファ・アル=マンスール
キャストエル・ファニング
ダグラス・ブース
トム・スターリッジ 他
公式サイトhttps://gaga.ne.jp/maryshelley/

© GAGA Corporation. All Rights Reserved.

『メアリーの総て』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

映画『メアリーの総て』をみて感じたのは、一人の女性が哀しみや怒りを体験しながら、強くしなやかに生きていく姿。
一つ一つの体験を拒絶することなく、真っ向から感じて、自分の血肉にしてしまう。
ついには『フランケンシュタイン』という小説まで生み出すメアリ・シェリーのしなやかな強さに、心を動かされた。

ももちんの書評情報 映画『メアリーの総て』感想。フランケンシュタイン著者の人生を描く

孤独の最中でも戦うメアリーの姿がとても勇ましく見えます。エル・ファニングの見た目のかっこよさと合わさって、感情移入は今年一番ぐらいにしたかもしれないです。もう大好きですね。

Subhuman 【ネタバレあり】映画『メアリーの総て』感想【なぜ書くのか】

タイトルロールを演じるエル・ファニングが素晴らしく、緻密に作りこまれた200年前の世界観の中で、映画は非常に丁寧に彼女の感情を紡いでゆき、それはそのまま小説の読み解きとなる構造。

ノラネコの呑んで観るシネマ ショートレビュー「メアリーの総て・・・・・評価額1650円」

誇張しているようなところや、逆に物足りないところもあった。特にパーシーとの恋愛がクローズアップされているので、他のシーンについての印象が少し薄い。「フランケンシュタイン」出版までの流れをもっと詳しく知りたかった。

夜をわすれる 映画「メアリーの総て」レビュー 苦しみと共に。

主演のエル・ファニングは素晴らしいんですけど作品全体への共感は難しいです。あとルックはいいんだけど似たような構図ばかりで場面や心情の変化が掴みづらいのも退屈かもしれません。

おたごと 映画【メアリーの総て】感想

タイトルとURLをコピーしました