映画『ロンドン、人生はじめます』クチコミ

『ロンドン、人生はじめます』概要

映画『ロンドン、人生はじめます』予告篇

あらすじ

ロンドン郊外の美しいヒースが広がるハムステッドの住宅街。高級マンションで暮らすアメリカ人の未亡人エミリー(ダイアン・キートン)は、悠々自適の一人暮らしとはいかず、夫亡きあと発覚した浮気や借金のこと、減っていく貯金のこと、老朽化したマンションの修繕費用のこと、上辺ばかりのご近所づきあいなどお金や生活の様々な問題に直面していた。
屋根裏部屋からヒースを眺めていたある日、髭もじゃの男が暴漢に襲われるのを目撃するエミリー。翌日、森の中を訪れた彼女は、手作りの小屋で17年間暮らしているというドナルド(ブレンダン・グリーソン)と出会う。
ドナルドの家が不動産の開発業者の標的となり、不法占拠していた彼は立ち退きを迫られているだけでなく嫌がらせを受けていた。そんな事情もあり警戒し拒絶するドナルドにエミリーも始めこそ拒否感を抱く。だが、庭でのディナー、気ままな読書、森でのピクニック…と余計なモノを持たず手作りの暮らしで満足する彼の温かい人柄に触れエミリーは惹かれていく。

映画『ロンドン、人生はじめます』公式ホームページ
タイトルロンドン、人生はじめます
原題Hampstead
上映開始日2018年4月21日
監督ジョエル・ホプキンス
キャストダイアン・キートン
ブレンダン・グリーソン
レスリー・マンヴィル 他
公式サイトhttp://www.synca.jp/london/

© 2016 RELIANCE ENTERTAINMENT PRODUCTIONS 6 LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

『ロンドン、人生はじめます』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

温かい陽だまりの中にいるような、温かく落ち着いていて居心地の良い素敵な映画だった。
哀しいことも、楽しいことも、幸せなことも、辛いことも、すべて乗り越えた者同士だけが分かり合える世界っていうのがあるんだなぁと思った。
そして、「人生はいくつになってもやり直せる」と思える素晴らしい映画だった。

とにかく映画が好きなんです【本館】 「ロンドン、人生はじめます」全てを失った女性が何も持っていない男性と恋に落ちたら。ホームレスが一夜にして資産家になった実話。ダイアン・キートン主演。イギリス映画【感想】

久々に観た年を重ねたダイアン・キートンは、相変わらずとても魅力的です。実話ベースの映画とはいえ、こんなにも大人の心を掴んで離さない「本当にあった」ラブロマンスはそうそうない。表情や喋り方から滲み出る知性とユーモア。そしてファッションセンスも相変わらず素敵です。

パピとママ映画のblog ロンドン、人生はじめます★★★

非常に品のいい映画で、洒落た空気感がとっても素敵です。ただ、実話を基にしたフィクションということですが、ちょっと受け入れがたいキャラクターが気になってしまったので、普通の映画に見えてしまいました。

くらのすけの映画日記 映画感想「ザ・スクエア 思いやりの聖域」「ロンドン、人生はじめま

ホームレスネタが好きな人ならともかく、可もなく不可もなし、ってレベル。
ドナルドのように人の土地に無断で長いこと住んでいるのが良いこととも思えないし、エミリーのように、自分の生活設計を人任せにしているのも信じられません。
ふたりはそれぞれに新たな人生を切り開いたけれど、このふたりから学ぶものは・・・・とくにないかな?

読んで♪観て♪ ロンドン、人生はじめます

タイトルとURLをコピーしました