映画『リヴァプール、最後の恋』クチコミ

『リヴァプール、最後の恋』概要

映画『リヴァプール、最後の恋』2019.3.30公開

あらすじ

1981年9月29日、ピーター・ターナーの元に衝撃の知らせが飛び込んできた。かつての恋人グロリア・グレアムがイギリスのランカスターのホテルで倒れたのだという。
「リヴァプールに行きたい」そう懇願するグロリアに対してピーターはリヴァプールにある自分の実家でグロリアを療養させることにした。ピーターの家族やリヴァプールを懐かしむグロリアだったが、全く病状を明かそうとしない。心配になったピーターは、アメリカの主治医に連絡をとり病状を確かめた。そして、グロリアの死が近いことを悟ったピーターは、不意に彼女と楽しく過ごしていた頃を思い出すのだった。最後までグロリアがリヴァプールに拘り続けた理由とは——

映画『リヴァプール、最後の恋』公式サイト
タイトルリヴァプール、最後の恋
原題Film Stars Don’t Die in Liverpool
上映開始日2019年3月30日
原作ピーター・ターナー
監督ポール・マクギガン
キャストアネット・ベニング、ジェイミー・ベル
ジュリー・ウォルターズ 他
公式サイトhttps://liverpool-movie.com/

©2017 DANJAQ, LLC. All Rights Reserved.

『リヴァプール、最後の恋』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

色彩演出がちょっとセンスがないので、時代色が美しく出ていないのが残念ですが、これが映画だなと思える絵作りに、ノスタルジックな感動を覚えることができました。

くらのすけの映画日記 映画感想「リヴァプール、最後の恋」

この映画が何を描こうとしたのかはもうひとつはっきりしませんが、これが恋愛映画だとして、年齢の離れた恋愛もののほとんど(すべて)が逆のパターンであり、「ある天文学者の恋文」などという、死んでも相手の女性を縛り続ける年老いた男の話という残酷な映画もあるくらいですから、脳内偏見を取り払うためにはこういう映画をどんどん見たほうがいいとは思います。

そんなには褒めないよ。映画評 リヴァプール、最後の恋(ネタバレ)男女逆にイメージしてこの映画の印象と比べてみれば何かが見える

登場人物にこれほど共感できない映画も珍しいです。

映画男のただ文句が言いたくて 【動画】リヴァプール、最後の恋はクズカップルの話!感想とネタバレ

タイトルとURLをコピーしました