映画『LEATHER FACE レザーフェイス – 悪魔のいけにえ』クチコミ

『LEATHER FACE レザーフェイス – 悪魔のいけにえ』概要

映画「レザーフェイス―悪魔のいけにえ」30秒予告 2018/5/12(土)公開 なぜ少年は怪物になったのか―。 伝説の殺人鬼・レザーフェイスが誕生するその瞬間を目撃する。

あらすじ

ソーヤー家の三男ジェドは、5歳の誕生日にチェーンソーをプレゼントされるが、その後農場で少女の変死体が見つかり彼は更生施設へ送られる。10年後、患者仲間に強要され看護師を誘拐して施設を脱走したジェドは、破滅的な逃避行を繰り広げるはめになる。そして彼らを、かつてソーヤー農場で殺された少女の父親ハートマン保安官(スティーヴン・ドーフ)が執拗(しつよう)に追跡し……。

シネマトゥデイ
タイトルレザーフェイス – 悪魔のいけにえ
原題Leatherface
上映開始日2018年5月12日
監督ジュリアン・モーリー
アレクサンドル・バスティロ
キャストスティーヴン・ドーフ
リリ・テイラー
サム・ストライク 他
吹き替え山路和弘、高島雅羅、浪川大輔 他
公式サイトhttp://leatherface.jp/

© 2017 LF2 PRODUCTIONS ALL RIGHTS RESERVED.

『LEATHER FACE レザーフェイス – 悪魔のいけにえ』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

お馴染みのグロあり、残虐描写あり。
主観ですがグロ描写はややヌルいと思うので、グロ耐性が低い方でも恐らく楽しめるかと。
個人的には特に大きな不満点などがなく、なかなか面白い作品だったと思います。

BILLY’S映画レビュー 映画【レザーフェイス 悪魔のいけにえ】ネタバレ無し&余談ありレビュー

レザーフェイスの化粧の意味も、初代「悪魔のいけにえ」 と今作では、もう全然違います。
ただ、そこらへんさえ気持ちの折り合いをつけることができれば、ひとつの映画としてなら、結構面白いんじゃない?と思いました。

ミーハーdeCINEMA 『映画』レザーフェイス-悪魔のいけにえ

大人しすぎて狂気も笑いもありませんが、その代わり普通に出来は良いしちょっとした趣向を凝らしてあるのでボチボチ楽しめました。過剰な期待さえしなければ割と誰でもいける間口の広いホラー映画かと思います。

ある好事家の記録 主に変な映画の感想 レザーフェイス 悪魔のいけにえ 感想

意外性のあるストーリー、そこまで激しくないゴア描写。
割とライト向けレザーフェイス ですね。
ちょっと物足りないと感じたら「テキサスチェーンソー」を見ましょう。
ただ、定番の「建物に向かって歩く女性のお尻」のカットは継承している。

TETSUGAKUMANのブログ 映画「レザーフェイス 悪魔のいけにえ(2017)」ネタバレと感想 タイトルどうにかして

公式でこれが過去となるので納得するしかないのですが、ただ正直なところ、物足りない部分、脚本の粗などが目立ってしまい個人的にはあまり楽しめませんでした。

asumi log レザーフェイス-悪魔のいけにえ~まさかのレザーフェイスの正体~

タイトルとURLをコピーしました