映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』クチコミ

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』概要

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』日本独占!【最終予告】

あらすじ

あの大惨事から3年—
大人気テーマパーク「ジュラシック・ワールド」は放棄され、恐竜たちは大自然で自由に生活を始めていた。
しかし、島で火山噴火の予兆がとらえられていた。
迫り来る危機的状況の中、恐竜たちの生死を自然にゆだねるか、命を懸け救い出すか。
人間を救うためではなく、恐竜のための選択を迫られる。

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』公式サイト
タイトルジュラシック・ワールド/炎の王国
原題Jurassic World: Fallen Kingdom
上映開始日2018年7月13日
監督J・A・バヨナ
キャストクリス・プラット
ブライス・ダラス・ハワード
ジャスティス・スミス 他
吹き替え玉木宏、木村佳乃、満島真之介 他
公式サイトhttps://www.jurassicworld.jp/

© Universal Pictures

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

感想は、基本的に同じです。恐竜がガオーと吠えてそれを支えるアクションと映えるルックがあればそれでいいのです。そういう意味では、今回も大満足でした!
「え?何?聞こえない。俺の後ろに?」→振り返る→恐竜出現→うわー!という「志村、後ろ後ろ!」の様式美の世界。

やりやすいことから少しずつ 映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』 感想

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は老若男女が明るく楽しくスリルを味わえる陽性の恐竜パニック映画などでは断じてありません。これは暗く憂鬱な新世界が到来するホラー映画なのです。

映画を観たからイラスト描いた 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』感想とイラスト 世界の終わりと幕開け

意欲的な画作りが沢山あったので、面白くはあったのだけど、やはり「捕まえてきた恐竜がまたそんな感じで扱われてあんな感じの人達がワラワラ集まってまたそのパターンね、ふーん」みたいになってしまったのも事実で。
もうちょっと、話の筋そのものに捻りが欲しかったかもしれない。

ジゴワットレポート 感想『ジュラシック・ワールド / 炎の王国』 崩壊したのは誰の王国か。シリーズ5作目として正道アプローチで組まれた娯楽作

本作『ジュラシックワールド2 炎の王国』が描いたのは、そんな人間たちが当たり前のように支配者として君臨してきた「王国」の崩壊を描いた映画なんですよ。
遺伝子工学で生命を自分たちの思うがままにするという人間のエゴが牙をむき、やがてはわが身を滅ぼさせるのだという警鐘が込められたジュラシックシリーズ。

nagamovie 【ネタバレあり】『ジュラシックワールド2 炎の王国』感想・考察:メイジーに投影されたスピルバーグ像とは?

率直な感想を言うと今回も楽しかったし、結構心に来る部分もありました。しかし皆が大絶賛するほどの映画ではないとここで伝えておきます。多少の不満点や微妙だなという部分はもちろんありました。

KOUTAの映画DASH!! 映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』はロマンがない。評価&感想【No.425】

新しい挑戦が既存のファンには受け入れられず、賛否両論があるんじゃないかと。
~中略~
やっぱりこれまで通りの部分もあって、そのバランスが中途半端なので余計に賛否あるのかなと。

DYOBLOG ネタバレ考察【ジュラシックワールド2炎の王国】失敗続編の典型 オチ

タイトルとURLをコピーしました