映画『インサイド』クチコミ

『インサイド』概要

映画『インサイド』 本予告

あらすじ

出産を間近に控えたサラ(レイチェル・ニコルズ)は、突然の交通事故で夫を亡くし、補聴器なしでは耳が聞こえない状態になった。わが子の誕生を心の支えに暮らしていたある晩、突如見知らぬ女(ローラ・ハリング)が家に侵入し、サラを殺そうと襲い掛かってくる。逃げ惑う中、補聴器が壊れて何も聞こえなくなった上に、陣痛が起きる。

シネマトゥデイ
タイトルインサイド
原題lnside
上映開始日2018年7月13日
監督ミゲル・アンヘル・ビバス
キャストレイチェル・ニコルズ
ローラ・ハリング
アンドレア・ティヴァダル 他
公式サイトhttp://inside-movie.jp/

© 2016 NOSTROMO PICTURES SL / INSIDE PRODUCCION AIE / GRAND PIANO LLC

『インサイド』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

ラストシーンは、驚くほどシンプルなので、「ストーリーではなく恐怖を感じる映画」としての潔さを感じました。
ただ、シングルマザーとなるサラが、恐怖を乗り越えて強い母親になる様子を描いた映画でもある為、作品にメッセージが込められており、ただの怖いだけの映画ではありません。

Cinemarche 映画『インサイド』感想レビュー。考察『屋敷女』オリジナル作品との比較

ハラハラするホームインベージョン映画で楽しむことができました。犯人側にも事情があったというツイストも聞いておりストーリーも良いです。ただ、弱点として犯人がマヌケに見える瞬間が多々あったというのは少しマイナスかなと思います。

ジャケ借りくん 「インサイド」映画感想(ネタバレ)“女”が不気味な良作スリラー!

ホラーとしてかなり面白いのでおすすめです。
ハラハラします。スリルがあります。
~中略~
「インサイド」は女性の狂気や怨念が詰まってていいですよ!

たたかうたぬき 映画「インサイド」感想/この主人公は応援できない!自業自得ホラー

最近流行のシチュエーションホラーやアイデアや脚本重視のオシャレな感じでは無く、どちらかと言うと勢い重視のスラッシャーな感じです。
なので、ゴア表現というか、スプラッター感も多少ありますので、血が出るのが嫌いな人はちょっと引くかもしれません。

文化渉猟備忘録 映画『インサイド』感想 怖すぎて、もはやギャグ!!ツッコミまくりのホラー劇場!!

もちろん人によってはどんでん返しで「なるほど!」と思うでしょう。
それはそれでOK、僕ととらえ方が違うだけです。
ただ、僕は終始イライラ。
さらには納得のいかないラストに悶絶。
この映画を楽しく見る方法は「ここでこうすればいいのに!」「なんでここでこうしないかな!」とか言いながらワイワイ見ることですね。

TETSUGAKUMANのブログ 映画「インサイド」ネタバレと感想 伝え方下手くそか!

タイトルとURLをコピーしました