映画『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』クチコミ

『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』概要

『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』予告編1

あらすじ

ニューヨーク、ブルックリンの海辺の小さな街、レッドフック。
レコードショップを営む元バンドマンの父と、将来の夢のためにLAの医大を目指す娘。
ふたりで作った曲を音楽ストリーミングサービスにアップしたことから、父の夢は膨らむが…やがて二人に訪れる、新たな一歩のための人生の決断。

フランク・フィッシャー(ニック・オファーマン)はブルックリンのレッドフックでレコードショップを17年に渡り営んでいた。かつてはミュージシャンだったフランクの人生は、妻の事故死により自分と娘だけ残されたことで一変する。フランクはシングルファーザーとして娘サム(カーシー・クレモンズ)を育て、成長したサムはLAの医大へ通う事が決まっていた。
娘の進学後の生計を立てるにはレコードショップは赤字続きだし、フランクはお店の貸主で友人のレスリー(トニ・コレット)に夏の終わりにお店を閉めることを告げる。古くからの友人デイヴ(テッド・ダンソン)が経営するバーに行ったり、年老いて痴呆症の母親マリアンヌ(ブライス・ダナー)の面倒を見たり、彼の人生の未来には心が踊るものがあるわけでもなかった。

ある夜、勉強中のサムの邪魔をして一緒にセッションするよう無理やり誘う。サムは書きかけていた歌詞を引っ張り出し、二人は夜通し曲をレコーディングする。翌日サムはフランクに「私たちはバンドじゃないわよ」(“We’re not a band!”)と告げ、昨晩の共同作業により喜び興奮しているフランクを鎮めようとするが、フランクは娘の才能に感心し、一緒に作った曲を衝動的にSpotifyにアップロードしていたのだった。“We’re Not a Band.”というバンド名で。

フランクもサムも驚いたことに、その曲はSpotifyで人気の曲を集めた”New Indie Mix”にリストインされ、たくさんの人の耳に届くことになる。フランクにとっては急に未来の扉が開かれた気分になり、サムとライブやレコーディングをする将来を描き始めてしまう。サムを説得できればの話だが。 しかし、サムには彼女の人生があった。出会ったばかりの恋人ローズ(サッシャ・レイン)との関係や、進学予定の医学部など、向き合わなければならない人生の課題は山積みだ。音楽で人生の冒険を始めるなんて不可能なことに思えた。夏は終わりに近づき、大学ももうすぐ始まる中、フランクもサムも人生の決断を迫られる。二人が新たな人生に一歩踏み出すために。

映画『ハーツ・ビート・ラウド』オフィシャルサイト
タイトルハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた
原題Hearts Beat Loud
上映開始日2019年6月7日
監督ブレット・ヘイリー
キャストニック・オファーマン
カーシー・クレモンズ
テッド・ダンソン 他
吹き替え宮内敦士、高垣彩陽、廣田行生 他
公式サイトhttps://hblmovie.jp/

©2018 Hearts Beat Loud LLC

『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

サイズ感が良い!
等身大の人物が等身大の悩みに苦しんで乗り越えてくれる。
このサイズ感の映画で、ディティールまで凝ってるし、俳優のみなさん魅力的だし、音楽もいいし、97分だし。最高じゃないか。

note フクイヒロシ 最っ高の90分映画!「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」

大人になれない父親としっかり者の娘の絆と自立を描く音楽映画の佳作
音楽映画には様々な名作がある。最近では、2015年の「シング・ストリート 未来へのうた」あたりが印象深い。そして、またここに素敵な音楽映画が誕生した。

映画貧乏日記 「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」

映画の流れもテンポが良く、最後の「We are not a Band」ライブがサビのごとく徐々に盛り上がっていく感じが良かったです。
昔ながらのヴィンテージの楽器を使うアナログなフランクと、サンプラーやPCを駆使する現代っ子のサムという対照的な2人が作る楽曲は、時代を超えて愛される名曲だなと思いました。

DAILY SHINJUKU 【ウィルコ出演】映画「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」鑑賞

この映画は、特にドラマチックな要素もないけど、充分に97分間感情移入して観る事が出来ましたし、見終わった後は何ともすがすがしい気分になりました。

ごきげんたいむ 『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』を観た感想!甘すぎないハートウォーミングな映画

80/100点。刺激は足りないけど良いものは良い!円盤も買いたいんですけど、CD付きとかだったら嬉しいなぁ。

おたごと 映画【ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた】感想

ライブシーンの多幸感よ!それぞれの人生を選択する清々しさに浸る。面白かったが、パンチに欠ける印象も。

映画狂凡人(映画感想ツイート倉庫) 「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」感想(ツイッターより再掲)

うーん。。。
めっちゃ普通。
特に心に残らず。
ストーリーも新鮮味はなく、ありきたり。
展開も良くも悪くもなく普通。
どちらかといえば、単調。
ただ、親子でバンドを組むってのは珍しいか。

roninの映画レビュー&けっこう当たる興行成績予想ブログ 「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」を観た。

タイトルとURLをコピーしました