映画『グリーンブック』クチコミ

『グリーンブック』概要

【公式】『グリーンブック』3.1(金)公開/本予告 《本年度アカデミー賞作品賞含む3部門受賞!》

あらすじ

時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていた。ある日、トニーは、黒人ピアニストの運転手としてスカウトされる。彼の名前はドクター・シャーリー、カーネギーホールを住処とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが─。

映画『グリーンブック』公式サイト
タイトルグリーンブック
原題Green Book
上映開始日2019年3月1日
監督ピーター・ファレリー
キャストヴィゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリ
リンダ・カーデリーニ 他
吹き替え大塚芳忠、諏訪部順一、中村千絵 他
公式サイトhttps://gaga.ne.jp/greenbook/

©GAGA Corporation. All Rights Reserved.

『グリーンブック』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

本作で「差別」はあくまで作品の中の要素の一つでしかなく、本質は「異なるもの同士の友情」という非常にシンプルなものだと思うのです。だからこそ、黒人差別の馴染みがない日本にも受け入れられると信じています。元はコメディー系の映画監督であるというピーター・ファレリー監督の軽快なタッチもあり、誰でも爽やかに見れる映画でした。(結構笑えるシーンもあります)
まさにアカデミー賞も納得、の完成度です。

シネフィルとは呼べなくて。 『グリーンブック』感想 見える差別と見えない差別

派手さがないのに、ぐいぐい魅せる映画でした。
アカデミー賞を争ったボヘミアンラプソディーやアリーに比べたら、舞台は地味。
雑に言ってしまえば、確かに「おじさん2人のドライブ映画」なんですよ。それなのに、主人公たちのセリフの深み、丁寧に心情を描き出すシーンの数々に、2時間があっという間。面白かった。すごいよ。あっぱれだよ。

週刊ユカラフル 映画「グリーンブック」がとてもよかったので感想でも

アカデミー作品賞なのでなんとなくひねくれてケチつけたくなるが、素直に笑って泣いてすごく楽しんでしまったので文句がなかなか出てこない映画

雨の中のひねくれシアター 映画『グリーンブック』ネタバレ感想&解説!ひねくれたくてもひねくれられない傑作!

差別や攻撃してくる相手だとしても、価値観や考え方を否定するのではなく、相手の考えを受け入れた上で、自分がどうしたいか考えて行動することが大切。
そして、やりたいことをやりきった先に納得のいく答えが見つかる。
そんな作品だと私は解釈しました。

Miyakawa Blog 映画「グリーンブック」感想・レビュー(アメリカの南北戦争まで黒人差別の歴史を遡るとより深く理解できる)

人種差別のリアルを伝えながらも,観客を飽きさせないよう笑いも取り入れたバランスの良い一本.
多様性が叫ばれる今こそ見るべき作品だと思います.
ちなみに,黒人差別を扱った他の作品でおすすめなのは「それでも夜は空ける」です.「グリーンブック」より前の1840年代,アメリカの黒人差別が一番ヤバイ時代のお話.

とうだいんの映画ブログ 【グリーンブック】実話ってマジ?映画が100倍面白くなる裏事情6つ

「グリーンブック」はおそらく、今後「ショーシャンクの空に」並みの名作として語り継がれていくと思います。
本当に出来が良すぎる映画。
非の打ち所がないです!!
平成最後にすごい映画を作ってくれましたよ。本当に。
グリーンブックは差別がテーマなんで「それでも夜は明ける」みたいな暗い映画をイメージしていたんですが、全く真反対です!

YARUBLO 映画「グリーンブック」の感想と解説!数年に一度の稀に見る名作だった件!

ヴィゴ・モーテンセン演じるトニーと、マハーシャラ・アリ演じるシャーリーの掛け合いがとにかく面白く、重いテーマながら楽しく見ることができるのもポイントが高いです。

映画の虜 映画【グリーンブック】ネタバレ(あらすじ)と感想評価「実話を元にした友情物語」

初めてアカデミー賞を取った映画を面白いと思いました。
それこそ、アカデミー賞の評価自体が白人中心の差別体制であると言う批判もあるなか、この映画が受賞した意味も大きいのではないでしょうか。
そうだ、映画の帰り道にケンタッキーフライドチキンがあるかどうかをあらかじめ探しておいてください。
もし家で見る場合は事前に買って、カティサークも準備して観ることをお勧めします。

TETSUGAKUMANのブログ 映画「グリーンブック」ネタバレと感想 呼吸するように差別する

事実はどんな創作物語より感動的であり素晴らしいということを再認識させられます。
そこにピーター・ファレリー監督によりコメディ要素も練り込まれ「笑いあり」「涙あり」そして「感動あり」のまさに“これぞ映画”というべき至高のタイトルに仕上がっています。

サブカルチャーのある生活 【GREEN BOOK(グリーンブック)】おじさん2人の物語がまさかの世界圧巻!2018年最高のバディムービーが日本上陸!【レビュー・ストーリー・映画・キャスト】

なんだか真っ当にいい映画なので、本作が嫌いな人はあまりいないんじゃないでしょうか。ただ、万人受けする一方で、ものすごく刺さったかと言われるとちょっと弱い気がしなくもない。その辺は良くも悪くもこの軽さゆえか。

趣味のいい生活 グリーンブック(感想・評価・レビュー・ネタバレ)

タイトルとURLをコピーしました