映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』クチコミ

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』概要

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』予告
タイトルゴジラ キング・オブ・モンスターズ
原題Godzilla: King of the Monsters
上映開始日2019年5月31日
原作東宝㈱
監督マイケル・ドハティ
キャストカイル・チャンドラー
ヴェラ・ファーミガ
ミリー・ボビー・ブラウン 他
吹き替え田中圭、木村佳乃、芦田愛菜 他
公式サイトhttps://godzilla-movie.jp/

Ⓒ2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』クチコミ

Twitterの声

ブロガーの声

「怪獣映画とは何か」という問いの答えが絶え間なく供給される時代になった。その最新作『ゴジラ / キング・オブ・モンスターズ』において、マイケル・ドハティ監督は、「ぐちぐち語る必要はねぇ」と言いたげに腕まくりをしたかと思えば、「愛」と一言だけ、簡潔に口にした。まさに、その一言に集約された逸品であった。

ジゴワットレポート 感想『ゴジラ / キング・オブ・モンスターズ』 多様性の悪魔合体と、ドハティ監督の「愛」ほとばしる豪腕ぶり

ハリウッドが遂に素晴らしいゴジラ映画を作ってくれた。もう迷いはない。我々人類はただゴジラに平伏すのみ。何もかもが完璧。小さな問題なんていうのは、街を粉々にし人々を次々殺していく怪獣たちのバトルの前では全くの無意味。ただただ素晴らしい、それだけの映画だった。

ミーアキャットスペース 映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』ネタバレ感想! 評価など必要としない紛れもない傑作! 人類はただゴジラに平伏すのみ

これぞ大怪獣バトル!!!
人間がゴミのよう、街も戦場と化す!!!
我々は飼われていたのかもしれない…

もっちゃんのシネマライフ 映画「ゴジラ/キング・オブ・モンスターズ」感想/評価! ゴジラ初心者でも楽しめるのか!?

基本的に神っていう単語が嫌いなんですが、今作、ゴジラ【キング・オブ・モンスターズ】は本当に神々しいっていう単語が相応しいってくらい、怪獣に畏敬の念を感じさせられてしまうような映像となっています。

キャンズメイル ゴジラ【キング・オブ・モンスターズ】は期待以上の傑作【映画感想文】

全体的に、かなりのボンクラ度合いであり、ドラマに全く身が入っておらず、盛り上げるためのあれこれは全部胡散臭いのだが、怪獣が出てきてドッカーン!劇伴流してドドドドーン!でだいたい腹いっぱいになれるいい映画である。
怪獣ボンクラには強くお勧めする。多くあるゴジラ映画の中で俺なら5本指に入れる。

島国大和のド畜生 映画 ゴジラ キング・オブ・モンスターズ 感想

全ての人におすすめできる素晴らしい作品です。
ゴジラを知っている人知らない人、ハリウッド映画を見る人見ない人、ゴジラが好きな人、そうでもない人、どんな人でも楽しめる絶妙なさじ加減です。
ここまで日本の特撮をハリウッド映画として昇華させたのは本当に素晴らしいですね。

本気でのんびり生きていく ゴジラ キング・オブ・モンスターズの感想。モスラが可愛くラドンがカッコいい!

ゴジラや東宝怪獣シリーズ知らないという方でも、今回の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は存分に楽しめるでしょう。
なぜならゴジラとキングギドラとモスラとラドンという怪獣たちが大激突するというだけでも、ある程度のエンタメ性が担保されているから。わー!超強い怪獣が戦っているー!すげー!で終わってもいいくらいの内容ですよ!

カゲヒナタ映画レビュー 『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』画と物語の熱量差が甚大(ネタバレなし+ネタバレ感想)

本作に対する評価は真っ二つに割れています。具体的に言えば、「怪獣プロレス映画」としては100点、「人間ドラマとか倫理的に」は30点くらいなのです。

暇人の感想日記 究極の『ゴジラ』ファンムービー【ゴジラ キング・オブ・モンスターズ】感想

ゴジラファンにはウケるんだろうけど、そんなに思入れ強いわけじゃないしなぁ。
日本が生んだゴジラを実写化してくれることに嬉しさを感じますし、怪獣たちのバトルにも不満はない。
ただあまりにもバトり過ぎて怪獣たちも疲れるでしょう。私も疲れますから。
もうしばらく怪獣バトルは観なくていいや。

今日も映画ですか? 『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』ネタバレ感想 怪獣映画の神髄を観た気がする

タイトルとURLをコピーしました